中性脂肪とコレステロールの違い!値が高いとどうなる?



健康診断を行ったときに、

「う~ん、中性脂肪コレステロールの値が高いですね」

なんて医者に言われると、

ああ、ふちょっとってことね・・・

って思っちゃいますよね(^^;

null

でも、この2つって何が違うんでしょう。
とにかく低けりゃオッケーなのでしょうか?

今回はよく、いっしょくたにされてしまっている、
中性脂肪とコレステロールの違いについてまとめました。


Sponsored Link



脂肪の種類


一言で中性脂肪といっても、
じつはいくつか種類があります。

中性脂肪もコレステロールも、
どちらも脂肪の一種なんですよ。

さらに「脂肪酸」「リン脂質」というのも、
脂肪の種類のうちの一つです。

    脂肪の種類

  • 中性脂肪

  • コレステロール

  • 脂肪酸

  • リン脂質


脂肪は無いほうがいいのかというと、
そんなことはありません。

それぞれに、違った働きがあるので、
ようは取りすぎで偏ってしまう状態が問題なのです。

そしてそれぞれ、

どんな働きをしているのか
どうすれば良いのか


を理解しておくことが大切なのです。

それでは、さっそく中性脂肪とコレステロールの
違いについてみていきましょう~。

Sponsored Link


中性脂肪


中性脂肪とコレステロールの違いを一言でいうと、
それぞれの大きさに違いがあります。

中性脂肪のほうがコレステロールよりも大きく、
蓄えられる場所も、皆さんご存知、
お腹などの皮下脂肪ですね(^^;

人間が活動するためには糖分が必要です。
で、体内の糖分が燃料切れになってしまった場合。

貯金してある皮下脂肪をエネルギーに変換して、
体を動かすことができるようになるのです。

このエネルギーの使い方が、

    糖分 → 皮下脂肪 → 内臓脂肪

となっているのです。

なので、エネルギーを使わないで(運動しないで)
蓄えすぎると(食べ過ぎると)

健康診断で肝臓に脂肪がたまってたりしちゃうワケです(^^;

Sponsored Link


コレステロール


では次に、コレステロールについて。

先に述べたように、コレステロールのサイズは、
中性脂肪よりもなかり細かい状態です。

働きも違ってきていて、コレステロールは、
エネルギーには変換されず、細胞膜の材料になったり、
体の機能を調整するホルモンを作ります。

また、コレステロールには、悪玉と善玉があり、
悪玉コレステロールが細胞膜やホルモンを
作る働きをしています。

悪玉コレステロールについて

悪玉って言うと、悪い印象がありますよね(^^;

別に悪いものなわけではなく、
むしろ体の働きのメッチャ大切な機能なんです。

で、どういうときに悪いものになるかっていうと、
コレステロールを取りすぎてしまった時ですね。

食品で言うと、などに含まれていて、
過剰に採ると悪玉コレステロールが体内に増え、

余ったコイツ等が、血管の小さな傷を治そうとした時に、
オマケでいっぱいくっついて、血管を細くしてしまうのです。

そうして血管が細くなりすぎると、

  • 動脈硬化

  • 心筋梗塞


  • などの原因になってしまうのです。

    この病気の怖いところは、前兆がないんですよ。
    血管が詰まったら最後、いきなりポックリです。
    Σ(゚д゚lll)

    その状態から、サイレントキラー
    いわれたりしています。

    善玉コレステロールについて

    そこで登場するのが善玉コレステロール

    善玉コレステロールの役目は、血管の傷などを治すために
    こびりついた悪玉コレステロールを取り除きます

    そうすることで、血液をさらさらにするのです。

    つまり、悪玉も善玉も両方必要なのですが、
    そのバランスが大切!


    というこのなのです。

    ちなみに、善玉コレステロールを増やすための食品は

    • 野菜


    • 豆乳




    などですね(^-^)h

    「もうミミタコで聞いたっスよ・・・」

    という人も多いと思いますが(ギクッ!)

    結局のところふとっちょになりすぎず、
    健康な体を作るためには、

    • 皮下脂肪を作り過ぎない適量の食事

    • 肉食に偏らないバランスの良い食事

    • 適度な運動による脂肪燃焼




    が大切ということなのです。

    どっかのお医者さんが言うことみたいですよね(^^;

    でもコレ、悲しいけど現実なのよね・・・・。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、中性脂肪とコレステロールの違いについて紹介しました。

    ポイントとなるのはどちらも、
    おでぶちゃんになる要素というところなのですが、

    まとめますと、

  • 中性脂肪はエネルギーの元となるもの

  • コレステロールは細胞膜やホルモンの元になるもの


  • ということになります。

    今回紹介した2つの違いを表にまとめましたので、
    よろしければご参考くださいませ~


    中性脂肪 コレステロール
    サイズ 大きい 小さい
    場所 内臓、贅肉、肝臓 脳、血管、肝臓
    燃焼 される されない
    働き エネルギー 細胞膜、ホルモン

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ