印鑑でシャチハタとはんこの違いは?三文判ってナニ?



会社に就職してからしばらくして、経理の人から、

「この書類にはんこを押して提出してください」

と、言われて、早速手元にあるシャチハタ
「ポンっ」と押して、書類を提出したら、

コレじゃダメだよ~。三文判で押してきて

なんて、つき返されてしまう場合があります。

null

ええッ!?なんで?
ちゃんと自分の名前ジャン!

って思いますよね(^^;

今回は、役所や会社の書類でシャチハタがダメなことがある理由や、
印鑑の種類の違いについて紹介します。


Sponsored Link



シャチハタとは


シャチハタは、文房具やさんなどで売っている、
自分の名前が入ったネームスタンプのことを言います。

この名前の由来は、シヤチハタ株式会社という、
社名からきています。

というのも、この会社は名前スタンプや、
子供の文房具などを販売しているメーカーで、
シャチハタは、この会社のネームスタンプの名称なのです。

いろいろな出してる製品のうちの1つに、
名前のスタンプを提供しています。

それがあまりにもメジャーになって、
インクが補充できる浸透インタイプのスタンプの代名詞が

シャチハタ

となったのです。

ほんとは、シヤチハタなので、
いつのまには「ヤ」が小さくなっちゃったんですね(^^;

Sponsored Link


シャチハタのデメリット

このシャチハタは、インクが内蔵されてて、ぽんぽんと気軽に押せるので、
日本ではサインの代わりに、よく使われています。

たとえば、見積書の担当名欄や、
郵便荷物の受け取りの際などですね。

ただ、このスタンプのデメリットとして、
時間がたつとインキが薄くなったり
ゴムが劣化して形が変わってきたりしていまいます。

なので、会社の経理上の書類や、
役所などでは、シャチハタがNGとなることが多いのです。

認め印には朱肉を使うはんこを!


では、シャチハタがNGだった場合には、
どのようなはんこを用意したらよいのでしょうか。

この答えのキーワードは朱肉です。

朱肉を使うようなはんこは、シャチハタより
硬い材質で作られています。

null

はんこにはさまざまなグレードがあり、
材料は、動物の角、牙などさまざまです。

このうちのプラスチックで出来ている、
大量生産されている廉価な印判のことを三文判といいます。

三文判について

個人が会社書類などに認め印を押すときに、
シャチハタだとNGなときがありますが、
三文判であれば、だいたいOKがでます。

その差は、朱肉を使っている使っていないか


となるのです。

ところでこの三文判ですが、
はんこのグレードでは一番下です(^^;

Sponsored Link


銀行印や実印登録にも使えます・・・けど・・

昔、初めて一人暮らしをした時に、
市役所の印鑑登録をこの三文判で行いました。

まぁ、問題はなかったんですが、
なんかちょっとかっちょ悪かったですね(^^;

銀行印などでも使えなくはないですが、
一回、そのはんこを使ったら、
絶対になくしたりしてはダメです!!

万が一、通帳をなくした時など、
自分の証明が出来なくなり面倒なことになります。

なので、できれば実印や、銀行員は、専用の木などで出来た、
立派なはんこを使うのがおすすめです。

大事な書類に使う用のはんこを三文判にすると、
そもそも三文判は、廉価版なので市場に大量に流通しており、
他人でも手に入るというセキュリティ上の危険もあります。

もう1つの危険は、三文判自体の価値(価格)が低いので、
そこらへんに「ぽいっ」としまって、後で無くしそうな点です(^^;

できれば、コピーがしにくい独自の形のもので、
なくしたりしないよう、大事にケースに入れて、
自分だけがわかる定位置で保管したいところですいね。
(^-^)h

Sponsored Link


まとめ


今回は、シャチハタとはんこの違いについて紹介しました。

まとめますと、

  • シャチハタは会社名で、ゴム製の名前スタンプの総称

  • はんこは朱肉を使い、さまざまな手続きで使うもの

  • 三文判は、はんこの一番グレードの低いやつ




ということですね(^^

社会人になったのであれば、出来れば自分専用の
ちょっと立派なはんこを1つ作っておくことをおすすめしますよ|・ω・)

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ