キャミソールとタンクトップの違い!どっちが男性好み?



この間、家でみんなでお茶をしている時のこと。

タンクトップとキャミソール、とっちが好きー?

と聞かれて、

「う~ん・・・」

と、少し脳内で考えてみた後「キャミソールかな。

null

と、答えたのですが、あとでふと思いました。

この違いって、具体的にそれぞれどんな特徴や、違いがあるのかって
しっかり答えられる人って少ないのでは?

そこで今回は、タンクトップとキャミソールの違いと、
それぞれどんな印象を持つのか、

というのを、男性目線でまとめてみました(^^


Sponsored Link



キャミソールとは


まずは、キャミソールから見て行きましょう。

キャミソールは、ご存じ、袖がなく細い肩紐を肩や首などから
吊り下げて着るタイプの女性用の服です。

丈は腰までで、肩や二の腕などが完全に露出するのが特徴ですね。

null

セシールなど、女性向けカタログ通販にあるキャミソールだと、
完全に下着用って感じですが、

ユニクロで売っているブラキャミソールや、子供用のものだと、
そのままアウターとして着れそうなものも最近は販売されています。

ここでポイントになってくるのは、キャミソールは、

  • 下着である。

  • 一枚でも切れる外着である。


  • という、2種類の見解を持つ人がいるってことですね(^-^)h

    もともとは下着の意味合いが強かったんですけど、
    カップつきキャミ(ブラの機能を併せ持つキャミソール)等も出てきて、

    これ、そのまま一枚でも着れるジャン!

    という人が増え、結果そのような商品も販売され、
    キャミソールが下着か否かは、かなりあいまいになってきています。

    Sponsored Link


    タンクトップとは


    対して、タンクトップは、ランニングシャツに似た、
    首と腕が広めに露出する形の服です。

    キャミソールが、肩の部分が紐になっているのに対し、
    タンクトップは、肩の部分も1枚の素材でつながっています。

    null

    ランニングシャツとタンクトップは、
    内容的には同じものを指すのですが、

  • 女性用:タンクトップ

  • 男性用:ランニングシャツ


  • という感じに、使い分けられているのが一般的な認識です。

    でも実はコレ、もともとは男性用の水着だったんですよ。

    かつて競泳用水着は「タンクスーツ」と呼ばれていました。
    で、上に着る服って「トップス」って言いますよね。

    この2つがくっついて、「タンクトップ」が生まれたワケです(^^

    それが今では発展して、女性用のオシャレ用インナーとして、
    活用されるようになっていったのですね~(^-^)h

    Sponsored Link


    オシャレアイテムとしての違い


    で!

    肝心のタンクトップとキャミソールの違いです。

    見た目の違いとしては、単に肩ひも部分が違うだけです。

    キャミソールは、肩ひも部分がになっていて、
    タンクトップは、襟ぐりが深いタイプの下着、というだけ。

    ただし、ことオシャレアイテムとしてみた時には、
    この2つって大きな違いがあります。

    それはつまり、

    キャミソールだとフェミニン(女性的)要素が増し、
    タンクトップだとマスキュリン(男性的)要素が増す、

    ということなんですよ。

    ただ、あくまで「要素」なので、後は本人のイメージとの
    バランスの問題なんですね。

    強い男性性にフェミニン要素を追加

    たとえば、

      タンクトップ に ジーンズ + ショートの髪型

    とかだと、もろにマスキュリン要素が強すぎるわけです。

    そこで、

      キャミソール に ジーンズ + ショートの髪型

    と、女性的な要素を追加する。

    そうすると、男性視点で見た時に、

    お、割と女の子っぽいトコもあるじゃん

    と、そこに意外性を見出すとともに、
    女性らしさの演出が刷り込まれる訳です。

    マスキュリン要素を追加してカッコよさを演出

    逆にいつも、フリフリのフリルとか、
    ふわっとした格好ばかりしている場合。

    やっぱりみんなから見ても、
    普段からそのイメージがついてるわけです。

    たとえばそこで、

      ロングスカート に タンクトップ + カジュアルワークシャツ

    みたいな感じで、男性的な要素を追加する。

    そうすると、男性視点で見た時に、

    お、今日はいつもよりちょっとカッコイイ系じゃん

    と、違った自分がアピールできたりする
    という効果が見込めるわけですね~(^-^)h

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、タンクトップとキャミソールの違いと、
    それぞれが持つイメージについてまとめました。

    最初にどっちが好きかを聞かれた時に、

    「キャミソールかな」

    と、答えてしまったのは、やっぱり私が男性だからですかねー。
    どこかで女性的なイメージを好んでいるのかもしれません(^^;

    ただ、タンクトップにせよ、キャミソールにせよ、
    やはり女性用の下着というイメージが強いです。

    「古い考えだねー」

    と言われれば、それまでですが、

    アウターとして着れるものだとしても、1枚そのままで切るよりも、
    何か上に羽織って欲しいという印象はありますね(^^;





    あと、今回紹介した、男性要素、女性要素の話についても、
    あくまで「要素」についての話です。

    なので、キャミソールとタンクトップ、どっちが好きか、と聞かれても、
    最終的には、本人のイメージや、全体のバランスが大事になってきます。

    今回紹介したこの要素をうまくイメージに取り込んで、
    自分らしさを引き出すことができればナイス(・∀・)b

    というところですね。

    服のパーツだけでは女性の魅力は伝わりません。
    大事なのは、演出と表現だと思います♪(^^

    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノシ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ