ベランダとバルコニーの違いは?テラスの定義とは?



引越しをする時の間取りってすごい悩みますよね。

ロフトがある、なしとか。
マンションだったら何階がいいとか。
ちゃんと日差しや風が入る南向きかなとか。

でも、その中でもこだわりたいのがやっぱり間取り。

家具や、洗濯機、食器棚などを、
ちゃんとおけるのかっていうのはとても大事な要素です。

で、不動産屋さんから話を聞いていた時、
ちょっと気になったのが、ベランダとバルコニーの違い

null

これ、ちゃんと説明できます??
私は最初、わかりませんでした(^^;

「ベランダは狭くて、バルコニーは広いんだよ」

という人もいれば、その逆だという人もいます。

一体、ベランダとバルコニーを分かつ定義ってなんなんでしょう??

今回は、この2つの違いについてメスを入れていきます(^^

それではどうぞ~


Sponsored Link



ベランダとは?


まず、ベースになるのがベランダです。

ベランダの定義は、

  • 建物からせり出した人が歩ける場所のこと。

  • 屋根がついていて、人が歩けるように建物からの出入り口がある。

  • null

    というのが特徴です。

    ポイントは屋根が付いている


    という点ですね(^^

    主に2階以上の高さの場合の、
    洗濯ものを干したりするスペースをベランダと呼びます。

    ですが、マンションなどだと、1階でもベランダと言えば、
    窓から外にでれる、屋根付きのスペースを指します。

    Sponsored Link


    バルコニーとは?


    では、「バルコニーは?」というと、

  • ベランダの屋根がないバージョン

  • かつ、手すりでスペースが仕切られている場所

  • null

    となります。

    ベランダとの違いは、屋根がないかどうかなのですが、

    一般的に「バルコニー」と表記されている場合の方が、
    広いスペースであるケースが多いですね(^^

    というのも、マンションなどだと、
    上の階のベランダがそのまま屋根になってるケースが多い。

    そうすると、おのずとベランダのスペースが限られてくるのです。

    下の階がものすごくせり出してたら、屋根になるために
    上の階もせり出さなきゃいけなくなるので、作るのが大変!


    バルコニーの場合は、屋根という制限がないので、
    下の階より、上の階の方が狭い場合、

    あまったスペースがそのまま、
    屋根なしであるバルコニーになるケースが多い。

    というのが理由となるのです~(^-^)h


    ちなみに、1階の屋根部分を利用して、広めに作られたバルコニーは、

    ルーフバルコニー

    と呼ばれています。

    ルーフ(屋根)バルコニー。そのまんまですね(笑)

    Sponsored Link


    テラスの定義とは?


    ベランダは屋根あり。バルコニーは屋根なし。

    ここまではオッケーですね(´▽`v)

    ではここで質問です。

      【質問】

      1階にある「バルコニー」は存在するの??






    答えは「NO」です(^^

    窓から出てサンダルに履き替えた床から、
    そのままてくてく歩ける広さがあって屋根なしの場合。

    これが「テラス」です。

    コンクリートやレンガなどで作られているものが多く、
    ダイニングやリビングの床とほぼ同じ高さで作られています。

    広ければ、椅子やテーブル、パラソルを置いて、
    天気の良い日は、お外でランチ。なんてことも。

    まぁ、そとから丸見えですけどね(笑)

    狭い日本だと、ちょっとリッチなイメージがあり、
    集合住宅よりも、少しゴージャスな戸建で設計されますね。

    テラス付の一軒家。

    いやぁ、建ててみたいものです(^^

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、ベランダとバルコニーの違いについて紹介しました。

    疑問はクリアーになりましたでしょうか?(^^

    とはいえ、実はどれが正解っていうのは、
    あんまりないんですよ。

    と言うのも、たとえば海外だと、

    ベランダ(veranda/ポルトガル語)

    意味:建物の1階で、建物からせり出した屋根のある歩けるスペース

    —————————————————–

    バルコニー(balcony/イタリア語のbalconeに由来)

    意味:2階以上の手すり有りで、屋根の有無は無関係。

    てな感じで、ベランダとバルコニーは、

    1階なのか2階以上なのか


    で、言葉が使い分けられてるんですね(^^;

    国や、業界が違えば、使われる言葉の意味も
    変わってくるっていうことなんですよ~。

    ただまあ、今回紹介した内容は、日本の建築法に近い内容で、
    まとめているので、一般常識と認識してしまってOKですよ(゜∇^d)

    日本でのそれぞれの意味の違いは、
    こちらの表に一覧でまとめておきますね!

    ベランダ 屋根が付いている屋外スペース
    バルコニー 屋根が付いていない屋外スペース
    テラス 1階の屋根が付いていない屋外スペース

    今回は以上です。

    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノシ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ