高潮と津波の違い!高波の場合は?原因を詳しく!

Sponsored Link




高潮や津波の違いとはなんでしょうか。

なんとなく、高潮は台風の時に発生するもので、
津波は地震とセットで起こるイメージです。

でも、

  • 具体的にどう違うのか

  • 何が原因で起きるのか

  • 過去に最大どれくらいの規模で起きたことがあるのか


  • などよく考えてみると、いろいろ気になってきます(^^;

    そこで今回は、高潮、津波、高波が起きる原因や、
    それぞれの違いについて詳しくまとめました。

    Sponsored Link





    高潮が起きる原因は?


    高潮が起きる原因をざっくり行ってしまうと、
    台風が来るからです。

    台風は低気圧が発達すると発生します。

    て言っても、よくわからんちんですよね(^^;

    高潮の原因はこの低気圧が深く絡んでるので、
    先に低気圧のお話を少ししましょう~。

    低気圧と台風の関係

    まず、があります。

    海は太陽によって暖められます。

    温まった海水は水蒸気になって上ります。

    この、昇る時に空気も一緒に持っていきます。

    上昇気流ってヤツですね。

    null

    ちなみに持っていくときは、常に反時計回りです。

    空気が上の方に持って行かれると、
    持ってかれた一帯の空気が薄くなります。

    これが低気圧になるわけです。

    そして次のターン。

    上った空気と水蒸気は、上空が寒いため固まります。
    これが(積乱雲)を作ります。

    でも、一気に温まった空気や水蒸気を持っていくと、
    先に来ていた雲(積乱雲)の塊たちの温度を下げます。

    そうすると、集まって固まった雲の塊たちが、
    左回りの渦に巻き込まれながら溶けて、風や雨を降らせます。

    これが台風なのです(^-^)h

    Sponsored Link


    高潮の原因

    では本題に戻って高潮の原因に戻りましょう。

    高潮で浸水などの被害が出る原因は、
    大きく4つあります。

  • 吸い上げ効果

  • 吹き寄せ

  • 月の満ち欠け(潮汐:ちょうせき)

  • 高波

  • それでは一つ一つみてみましょう~。

    吸い上げ効果


    先ほどの台風が起きる原因の説明にあったように、
    台風が発生すると、その地域の海面を吸い上げます。

    水分や空気が上に「ぐぐーっっ」っと持ち上げられるので、
    その影響で海面がちょっと持ち上がっちゃんですね。

    よく気圧でヘクトパスカルって単位が使われています。
    これが、1000だとふつうで、数値が下がると低気圧となります。

    んで、たとえばこれが950hPa(ヘクトパスカル)だと、
    メッチャ低気圧ってことになるんです。

    外洋だと気圧が1hPa低いと海面は約1cm上昇するといわれています。

    例えば気圧が1000hPaだったとこに中心気圧が950hPaの台風が来ると、
    台風の中心付近では海面は約50cmも高くなる計算になるんです。

    海の堤防から水面を眺めて、その地域全体が0.5メートル、
    水位が上がってたら、結構びっくりですよね(^^;

    しかもそれだけではありません~ヾ(;´▽`A“

    吹き寄せ


    さらに台風自体が、左回転しながら、「ゴゴゴゴ・・・」と、
    沖から海岸に近づいてきますよね。

    そうすると、その風の勢いで、海水は海岸に吹き寄せられます。
    この時、風が強ければ強いほど吹き寄せ効果がアップ(UP↑)します。

    しかも、V字形の湾の場合は最悪です。スポットのごとく、
    押されてきた海水が溜まるので、さらなる海面上昇を引き起こします。

    月の満ち欠け(潮汐:ちょうせき)


    プラスアルファの時期要因として、月の満ち欠けがあります。
    地球上の海面は、常に月や太陽の引力の影響を受けています。

    1日に1~2回の割合で周期的に満潮と干潮を繰り返しています。

    これは地域によって違い、影響が大きいところだと、
    高低差に40cmもの差が出てくることもあります。

    高波


    最後に高波。

    強い風が吹くとその風に押されて高波が発生します。

    台風なんて渦巻いてる風の集まりなので、
    突風だらけですよね(^^;

    吸い上げ効果で海面が上昇してる上、
    吹き寄せで海水が海岸に寄せられてる上、
    潮汐のタイミングが満潮の時に
    突風による高波が発生すると

    もう、あふれちゃいますぅ~(>_<)

    と、堤防が耐えられなくなって、
    水位が堤防を越え、高潮の被害が発生する。

    というわけなのです(^-^)h

    観測史上最大の高潮は?

    国内で観測史上最大の高潮は、
    昭和34年台風第15号。

    この時の高潮の最大値は3.45mで、
    名古屋で観測されました。

    名古屋って、月の満ち欠けによる、
    水位の変化が激しい土地なんですよね(>_<)

    最近だと、10年前にあった台風16号もひどかったです。

    2004年8月30日~8月31日にかけて日本に上陸して、
    高潮による甚大な被害がでました・・・

      2004年8月30日の台風16号による被害

      死者;14名
      行方不明者:3名
      負傷者:260名
      住家全壊:51棟
      半壊:205棟
      一部損壊:9,921棟
      床上浸水:14,456棟
      床下浸水:31,764棟など

      消防白書より引用

    Sponsored Link


    津波が起きる原因は?


    では次に、津波が起きる原因についてみてみましょう。

    高潮の原因は、台風でしたね。

    対して津波の原因は地震です。

    地震にも種類があるのですが、そのうちの
    海溝型地震が起こると、大津波の危険性が出てきます。

    津波の話の前に、ちょっと地震のお話をはさみますよ~(^^

    まず、地球なんですけど、
    これって中心温度は5500°Cとメッチャ熱いんです。

    この中心部が内核といって、地球の核となる部分。
    その周りに外核があって、マントルが流れています。

    さらにその周りの冷えた薄い部分が地殻(ちかく)といって、
    我々が立っている部分ですね。

    この構造は、外側に行くにつれ冷えていくきます。
    なのでまぁ、我々が生きていけるのですが(^^;

    null

    地殻の下を流れるマントルは岩が解けた溶岩が流れていて、
    その流れに地殻が絶えず引っ張られています。

    つまり、大陸が移動しているんですね。
    もともと日本が、中国と大陸続きになっていたのは有名な話です。

    で!

    地震の話に戻るのですが、この地殻は地球上で、
    いくつかのプレートを形成しています。

    そのプレート同士がぶつかるところがあり、
    プレート海のプレートが、陸のプレートを押しつつ、
    引きずり込みながら陸のプレートに潜り込んでいきます。

    その時、陸のプレートが「ぎゅぎゅーっ」っと潜り込んで、
    限界になると跳ねっ返ります。

    その時に海底の海水が、上に押されて、
    大きな波紋が広がります。

    これが津波のメカニズムですね。

    Sponsored Link


    観測史上最大の津波は?


    2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震で発生した津波です。

    福島県相馬港で9.3メートル以上の津波が発生しました。

    9.3メートルって言ったら、
    マンションの3階から4階の高さです((( ;゚д゚)))

    ただし、波の高さだけでは測れないのも、
    これまた津波の恐ろしさです。

    遡上高(ソジョウコウ)とは?

    津波の威力を測る言葉に、遡上高(ソジョウコウ)という
    単語があるので覚えておきましょう(^-^)h

    遡上高とは、読んで字の通り、
    津波が陸地を駆け上がる高さです。

    津波の高さが5メートルだからと言って、
    海抜5メートル以上の高さの場所にいれば安全とは限りません

    どうしてかというと、陸の地形に凹凸(おうとつ)があるからです。

    たとえば、港などくぼんだ地形になっている場合、
    平べったい地形と比べて、押し寄せた水の逃げ道がありません。

    なので、湾の入り口部分の波の高さより、
    奥の方が高い位置まで津波が押し寄せることになるんです。

    遡上高は、「予想される津波の高さ」と同程度から、
    4倍程の高さまでに及ぶことがあります。

    実際に、東北地方太平洋沖地震で発生した津波では、
    岩手県大船渡市の綾里湾で遡上高40メートルを観測しています。

    40メートルと言ったら、オフィスビルなら10階建て前後、
    マンションなら13階建てほどの高さとなります。

    これではひとたまりもないですね((( ;゚д゚)))

    null

    まとめ


    今回は、高潮と津波の違いと、
    それぞれの原因について詳しく紹介しました。

    高潮は徐々に海水が浸水していき、それほど破壊力もありませんが、
    津波の場合は急にやってきてスピードも速く破壊力も強いです。


    また、海岸付近で急に波の高さが高くなったりするため、
    地形によっては警報よりも4倍ほどの高さまで届くことがあります。

    数メートルの高さの津波でも侮ることはできませんので、
    津波警報が来たら、すぐに高いところに避難するようにしましょう。

    今回紹介した高潮と津波の違いを表にまとめましたので、
    ご参考いただけましたら幸いです。

    高潮 津波
    原因 台風 地震
    詳しい原因 吸い上げ、吹き寄せ、潮汐、高波 地殻プレートの摩擦
    特徴 海面が徐々に上がる 海岸付近で波が高くなる(遡上高)
    最大級 台風第15号(昭和34年) 東北地方太平洋沖地震(平成23年)
    最大規模 3.45m(名古屋) 9.3m(福島県相馬港)

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ