そうめんとひやむぎの違い!太さはどっちが上?



スーパーなどで、そうめんの近くに
ひやむぎがよく置いてありますね。

null

でも、そうめんと違いが分からなくていつも
スルーしてしまうなんて事ありませんか?

というのも、私がそうだったからです(笑)

私のように、違いが分からなくてスルーしてしまっていた方も、
何となくしか違いが分からない方も、この記事ではっきりさせちゃいましょう!


Sponsored Link





そうめんとひやむぎの違いとは?


ではさっそく、そうめんとひやむぎの違いを
はっきりさせていきましょうましょう。

違いが分かりやすいように、
うどんの違いと一緒にまとめてみました。

比較してみてくださいね(^^

うどん

太さ

1.7㎜以上

製造方法

機械であったり、手打ちであったりします。

そうめん

太さ

直径1.3㎜未満

製造方法

主に手延べ

この手作業で作る方法を“手延べ干し麺”といいます。

この手作業で作る麺に限り、1.7㎜未満ならそうめんでも、
ひやむぎでもどちらでも呼んでよいことになっています。

ひやむぎ

太さ

直径1.3㎜以上1.7未満

製造方法

機械で作る製法が主

対して、機械で作る製法は“乾麺類”といいます。

この製造方法の違いにより油が麺に入ることもあります。

違いという意味では、ここが大きな違いになってきます。

手延べでは、手作業で時間をかけて作るので
途中で麺が乾いてしまわない様に、麺に油が含まれている事が多いのです。

今度、そうめんかひやむぎを買うときは、
製造方法にも注目しみてくださいね(^^

Sponsored Link


色の付き麺の謎

ちなみに、双方に色の付いた麺が
入っているのを見た事ありませんか?

この色付きの麺、何となくラッキーって気分になりますよね(^^

もちろん、これは当たりの意味ではないのですが
どうして入っているか知っていますか?

そもそも、あの色付きの麺はひやむぎに入っていたのです。

そうめんと、ひやむぎは見た目が似ていて
製造者ですら見分けが難しいのです。

そのため色付きの麺が入っているのが
ひやむぎと決めいていたそうです。

しかし今は飾り麺としてそうめんにも入っています。

null

Sponsored Link


呼び名が違う由来って何?


そもそも、なぜ「そうめん」「ひやむぎ」で呼び名が違うのでしょう~。
それを解明するために、それぞれの由来についてみていきましょう!

そうめんの由来

まずは、そうめんの由来をみていきましょう。

そうめんは、奈良時代に中国から手延べする“索餅(そうぴん)”が伝わり、
日本では“麦縄(むぎなわ)”と呼ばれていました。

その後、中国で開発された麺の表面に油を塗って
細かく長く手延べする製法が伝わり“索麺(そうめん)”が誕生しました。

元は中国から伝わってきたのですね。

私達、日本人にすっかりお馴染の味になっているので意外ですよね!

ひやむぎの由来

次はひやむぎの由来です。

今のうどんと同じように麺棒で伸ばし、
包丁で切る麺も中国から伝ってきました。

かつてこれを日本では“切り麦”と呼ばれていました。

これが後に食べ方によってうどんと、
ひやむぎに呼び方が変わっていったのです。

  • ゆでた麺を蒸籠に盛って食べるのが“熱麦(あつむぎ)

  • 水で冷やして食べるのが“ひやむぎ

  • 熱いお湯に浮かせて食べるのが”うどん


となっていったのです。

こちらは、製法ではなく食べ方によって変わっていったのですね。

ん~、奥が深いですね(^^

Sponsored Link


まとめ


そうめんとひやむぎの違いとして、
太さの違いは大きく差はありませんでした。

太さというよりも、製法、名前の由来が大きな違いといえます。

null

買うときに「あれっ?」と思ったら、
本記事を思い出してみてくださいね(^^

今回は以上です。

ご参考になりましたら幸いです(^^

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ