卵と玉子の違いは?使い分け方法を覚えよう!



卵と玉子の言葉の使い方に
違いはあるのでしょうか。


たとえば

  • 玉子焼き

  • 卵焼き



  • どちらも普通に使いますよね。

    クック○ッドで調べても、

    玉子焼きのレシピ 14513品
    卵焼き レシピ 385品

    とあり、どちらでもかまわないようです。

    この場合は、「玉子焼き」のほうが
    メジャーな言い方のようですね。

    この2つの違いについて、
    どちらで表現すれば良いのか
    気になったことはありませんか?

    今回は玉子の言葉の
    使い方について紹介します。

    さっそくいって見ましょう!


    Sponsored Link




    卵と玉子の違いは?


    卵と玉子について、状況によっては、
    どちらでもかまわない場合があります。

    その条件というのは

    たまごを調理して使用する時

    となります。

    ただし、この2つには、
    若干ニュアンスの違いがあります。

    たまご」を漢字で書く場合には、

  • 生の状態のものを

  • 調理済みのもの玉子



  • と書くのが一般的です。

    たとえば、

    たまごかけご飯は「卵かけご飯」と表現し、
    玉子かけご飯」とはあまり言わないですよね。

    「玉子かけご飯」だと天津飯
    ようなものを想像してしまいます。

    Sponsored Link


    漢字で表現するときの条件


    卵と玉子の違いについて
    もう少し詳しく見てみましょう。

    先ほど、「玉子」は、調理済みの場合、
    という条件がありました。

    実は、もう一つ条件があります。

    「玉子」で表現する場合は、
    鳥類限定となります。

    たとえば、「シャケの卵」とは言いますが
    シャケの玉子」とは言いません。

    」は孵化するものや、
    のたまごの時に使われます。

    そして、「玉子」は食用として使用される、
    または、出来上がった料理の場合に使われます。

    丸くて白い、鶏の卵を食材として
    連想される場合は、



    がそのまま使われる場合も多いようです。

    料理以外で言うと、

    料理人の卵」とは言いますが、
    料理人の玉子」とは言わないですね。

    後者だと、料理人が、まるで
    調理されてしまったように聞こえます。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は卵と玉子の言葉の
    使い方について紹介しました。

    この2つの違いをまとめますと、

    鳥類で、食用に利用されるものが「玉子
    魚や虫を含む、生物学的な意味だと「

    となります。

    いくつかの事例を表にまとめましたので、
    よろしければ、参考にしてください。

    玉子
    ゆで卵 ×
    卵焼き 玉子焼き
    × 玉子丼
    シャケの卵 ×
    料理人の卵 ×

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ