カタツムリとナメクジの違い!食べ物にできる?速さはどっちが上?



梅雨になるとよく見かけるようになる、

カタツムリナメクジ

カタツムリ

小さい時にはよく捕まえたり触ったりしたものです。

今は・・・ちょっと無理(-_-;)

ところでこの2つの生き物。
見た目がとても似ていますよね。

この2つの違いって、

  • 貝のようなものを背負っているかそうでないか?

  • いや、でも、もしかしたら一緒なのかも?


  • あらためて聞かれると、良くわからないですよね(^^;

    と、いうことで!

    今回は、

    カタツムリとナメクジの違い


    について紹介します(^^ゞ

    Sponsored Link





    カタツムリとナメクジの違いとは?


    見た目の違いならだれでもなんとなく分かりますよね。

    例のアレを背負っているか背負ってないか。
    でもそれだけじゃちょっと違いとは言えないかも・・・。

    ヤドカリみたいに、殻を外せば、
    カタツムリはナメクジになったりするのでしょうか~?

    とにかくはっきりさせたいこの違い!

    さっそくみていきましょう~!

      カタツムリ

      陸で生活する巻貝

      ナメクジ

      陸で生活する巻貝であり、貝のついていないもの

    ということで、カタツムリとナメクジの違いは、お察しの通り

    殻が付いているか、ついていないか


    で分けれらています。



    ちなみに、カタツムリも、ナメクジも、でんでんむしも、
    日常会話で使う「呼び名」であって、正式名称ではありません(^^;

    じつはそれぞれに多種多様の種類が存在し、

    見た目で殻の部分が退化したもの


    が「ナメクジ」と呼ばれています(^^

    カタツムリの殻は体の器官の一つ

    ちなみにカタツムリの殻は体の一部なので、
    取り外しができるものではないんです。

    しかも取ってしまうと死んでしまうのです!

    ヤドカリみたいに取り外しはきかないんですね~・・・。

    そしてカタツムリから退化して貝が無くなったのがナメクジというわけです(^^ゞ

    ナメクジ

    なので、種類によっては絶賛退化進行中の「ナメクジ」とも「カタツムリ」とも
    呼べないような種類も存在します。

    休んでる時には殻の部分がみえるけど、
    動いてる時は体内に埋もれちゃう!みたいなね(^^

    と、いうことで!

      ナメクジも、カタツムリも、仲間ではあるものの、種類は全く別

    ということでした~!

    Sponsored Link


    カタツムリやナメクジって食べられるの?


    ちょっとナナメの方向から2つの違いを検証してみましょう。

    というのも、

    食べられるかどうか


    という点。

    あっ。

    ここで引かないでくださいねヾ(;´▽`A“



    だって~、海外にはあるじゃないですか。

    エスカルゴ料理

    とか。

    フランス料理なんかでよく食べられていますよね。
    日本ではほとんどなじみがないですけど・・・。


    でもフランスの食材に出てくる「エスカルゴ」は、
    カタツムリということでいいのでしょうか~。

    ナメクジとあわせて、次をチェックしてみましょう。

    カタツムリが食べられるならナメクジも食べられるの!?

      カタツムリ

      「カタツムリ」はフランス語で「エスカルゴ」と呼ばれ、
      食用のカタツムリもちゃんとあり、食べることは可能です。

      国内では定番ではないのですが、海外では結構食べられています。

      ただし!

      海外で食されているのは、食用に養殖されたカタツムリです。

      ナメクジ

      貝の無いカタツムリなので、食べてもいいのでは?

      といった感じですが、食用には向いていないようです・・・。

      食べようとした人もいるようですが、

      ゴムのようだった

      などの感想もあり、あまりおいしくないようです・・・。

      食用での飼育もナメクジの場合はないようですね。
      食べ物としては見られていないでしょう~。

    じゃあそこら辺のカタツムリを集めて食べられるのかというと・・・

    「おお!カタツムリは食用OK!」
    「では、6月に大量発生するカタツムリは食べられるのね!?」

    と、いったら大間違いです!!

    カタツムリとナメクジは寄生虫の宝庫でもあるのです!

    熱を通せば、などの対策もありますが、熱が通り切っていない場合、
    その寄生虫は人の中で生き続けます。

    この寄生虫、かなり怖いもので死に至る場合もあります。


    食用だから安心、火を通せば安心、というのは言い切れないので
    食べるというのはお勧めできません!

    ちゃんと、食用に適したプロが用意したカタツムリ(エスカルゴ)以外は、
    食べない方が良いですねε~( ̄、 ̄;)ゞ

    海外のカタツムリなんて触るだけでも病気になってしまうものもいるそうです。

    動きが遅いし攻撃されないからといっても、
    油断できない生き物なんですね~。

    ・・・・・・・

    と、ちょっと怖いお話となりましたが、
    見てるだけなら害はありません(^^

    あの、「のろ~・・・・」と、のんびりした動きが特徴の、

    カタツムリとナメクジ。

    スピードはどっちが上なのでしょう~?

    と、いうことで!

    今度は、右斜め横の視点から、この2つの違いをチェックしてみましょう!

    Sponsored Link


    カタツムリとナメクジはどっちが速い?


    同じような生き物がいるとなぜか競争させてみたくなる・・・
    なぜなんでしょうね~(笑)

    子供のころ、蜘蛛とか、蟻とかで、競走させたりしませんでした?(^^


      カタツムリ VS ナメクジ

    もけっこう皆さん、興味があるようです(笑)

    子供がお母さんに質問したら、

    「そうねぇ、殻がないぶん、なめくじさんの方がはやいかもねぇ~」


    なんて、ありきたりな回答で終わらせてしまうこの問題。

    ナメクジとカタツムリのどちらが速いのかを確かめるため、
    真剣にレースをさせた大人がいたようです・・・・。

    カタツムリとナメクジのガチンコレース!

    某研究所では研究の一環で、
    芋虫を加えた3者でレースをしたそうです!

    結果は・・・・

    芋虫が一番だったけどカタツムリとナメクジの決着はつかなかったんだとか。

    ん~、残念!

    ・・・・・・・

    ですが、さらには、某テレビ番組でやったそうなんです!

    どちらが先にレースをしてたのかまでは不明なんですが・・。
    でもやっぱり気になっている方、全国にいるんですね~。


    この場合の結果は・・・・

    ナメクジの勝利!

    ちなみにこのレース16時間以上かかったのだとか。
    レースを見守った方もすごいですね~。

    以下、ご参考までに、他の動物とのスピード比較です(^^ゞ

    名前 時速(メートル/時間)
    アワビ(最高速度) 30メートル
    カタツムリ・ナメクジ 48メートル
    ナマケモノ(最高速度) 288メートル
    アカウミガメ 350メートル
    アリ(蟻) 360メートル
    ヒト(赤ちゃん・はいはい) 1,000メートル
    ガラパゴスゾウガメ(陸) 3,330メートル
    ヒト(大人・徒歩) 3,600メートル
    チーター 100,000メートル

    Sponsored Link


    まとめ


    ということで今回はカタツムリとナメクジの違いについて紹介しました。

    実は、お仲間だったけど、違う生き物だったこの2つ。

    ナメクジはカタツムリの退化バージョン!

    という事にはびっくりですね~。

    カタツムリの殻は、内側の筋肉とくっついているので、
    殻が大きく壊れても死んでしまうこともあるようです。

    ナメクジと違って、殻も体の大切な器官なので、
    持ち上げる時は、やさしく扱ってあげましょう~。

    今回は以上です!

    参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ