絞ると搾るの違い!レモンを「しぼる」はどっちを使う?「しぼり汁」の場合は?

Sponsored Link




この間喉が渇いたのでちょっと久しぶりに、
はちみつレモンでも飲もうかと思ったんですよ。

それでレシピを見てたら「レモンをシボル」とありまして。

  • 搾るって漢字でよかったっけ?

  • あれ?絞る搾る?どっち?


  • って考えてたら、はちみつレモンのレシピよりも、
    そっちの方が気になってしまって(笑)

  • レモンを絞る

  • レモンを搾る


  • いったい、どっちの漢字を使えば良いのでしょうか~。

    null

    今回は、そんな悩ましい

    「絞る」と「搾る」の違い


    について調査してみました。

    それではさっそく見ていきましょう~

    Sponsored Link





    絞ると搾るの違い


    話し言葉として聞けば「しぼる」で同じですよね。
    でも漢字にした時には、微妙に意味が違ってくるかと思います。

    そのちょっとした意味の違いを考察してみましょう~。

      絞る

    • 範囲を狭めていく

    • 水分をねじり取る


      搾る

    • 強制的に出させる

    • 液体を締め付け取る


    う~ん、かなり微妙な違い

    若干ニュアンスは違うようですが、
    これだけでははっきりと違いを認識できませんね~。

    ということでお次は例文を出してみましょう。

      絞るの例文

    • ぞうきんを絞る

    • ボリュームを絞る

    • 知恵を絞る


    • null


      搾るの例文

    • 乳を搾る

    • お金を搾り取る

    • 果汁を搾る


    • null

    むむ。
    これだと明らかな違いが出てきましたね。

    Sponsored Link


    「絞る」のイメージ

    絞る」は大きな部分から小さくという、「絞る」ならではのイメージもあります。

    たとえば、「ボリュームを搾る」とは言えないですよね。
    これだとなんだか、ボリュームからなんかの汁がでてきそうです(笑)

    ちなみに「絞る」は、糸ヘンを使うこともあり、

    糸を交える


    という意味からきているそうです。

    なので、糸などを両端でもって、何かを
    キュ~っ」っと徐々にしめていくイメージですよね。

    「搾る」のイメージ

    搾る」はテヘンが使われているので、どちらかというと、

    手で圧力をかける


    という意味を含んでいます。
    手で押して出すようなイメージですよね。

    搾乳(さくにゅう)

    なんて言葉が使われたりしますし、「搾る」という行為で
    手を使ってしぼり何かをゲットする」というニュアンスを含みます。

    • 「乳を搾る」 ⇒ お乳をゲット

    • 「お金を搾り取る」 ⇒ お金をゲット

    • 「果汁を搾る」 ⇒ 果汁をゲット


    対して、「ぞうきんを絞る」「知恵を絞る」などに使われる「絞る」は、
    「しぼった結果何か得る為」ではなく、「しぼる行為自体」を指しているように思えます。

    以上のことにより、

    絞る ⇒ しぼる行為自体や、しぼられている状態の時に使う
    搾る ⇒ しぼることにより、何かを入手する時に使う

    という違いがあると思うのですが、どうでしょうか?(^^

    Sponsored Link


    けっこうむずかしい絞ると搾るの使い分け(しぼり汁)


    ということで、「絞る」と「搾る」の意味について紹介してきましたが、
    状況によって使い分けが難しい時ってありますよね(^^;

    たとえば、

      レモンのしぼり汁

    この場合は「絞る」と「搾る」どちらを使うのが適切なのでしょうか~。


    一般的には、「絞る」の方が広い意味で使われているようですが、
    果物や果汁を取り出す時には「搾る」の方が使われますよね。

    なので、この場合はレモンの果汁を取り出しているので、
    搾る」の方を使ってよさそうなものですが~、

    「絞る」の場合だと両手でしめる感じで、
    絞めつけるという意味にもマッチしている気もします(^^;

    しかも「絞る」は水分を出すという意味を持っているんですよね~


    うーん!

    そんな場合は、Google先生に聞いてみましょう!

    こちらは、インターネット上にある、検索した時のヒットする検索件数です。

    レモンを絞る 424,000 件
    レモンを搾る 136,000 件
    レモン 絞り汁 250,000 件
    レモン 搾り汁 166,000 件

    null
    null
    null
    null

    ふむ。なかなかに面白い結果となりました。

    「レモンをしぼる」の場合は、「絞る」が「搾る」の3倍ヒットしました。
    対して「レモン しぼり汁」では、「絞る」と「搾る」で3:2ほどの割合です。


    いずれにしても、「絞る」の方を多くの人が使っているようですね~。

    私としては、この場合「搾る」の方だと思うのですが・・・


    ちなみに上記にもありますが、「レモン 搾り汁」で検索したら、

      もしかして:レモン 絞り汁

    って言われちゃいました・・・。

    くそう。。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は「絞る」と「搾る」の違いについて紹介しました。

    言葉は時代と共に変わるもの

    なんてよく言われますが、「ぱっ」と判断せよ!と言われると、
    なかなかにどっちを選んで良いかわかりにくいもの。

    それにしても、今回の「しぼり汁」は難しい問題でした(^^;

    「この場合はコッチの漢字を使う!」

    という条件に対して、とらえ方によっては、
    どちらでもOKになってしまうようですね~。

    私としては、

    「てことはこの場合搾るだよね!」

    と思ったのですが、「絞り汁」の方がどうやらメジャーなようです。

    ※Google先生調べ

    言葉って難しいですね~(^^A;

    みなさんはどっちを使うべきと感じましたか?(^^


    今回は以上です!

    ご参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ