カフェオレとカフェラテの違い!カプチーノとカフェモカは?



コーヒー屋さんに行くと見かけるメニュー。

  • カフェオレ

  • カフェラテ

  • カプチーノ

  • カフェモカ



  • どれも、牛乳を使用する点では共通していますが、
    作り方や、由来、材料に違いがあります。

    では、具体的に、何が違うのか。

    今回は、これらの違いをしって、
    かふぇマスターになっちゃいましょう!

    友達と、お茶している時に、
    どや顔で説明できちゃうかも!?(笑)

    さっそくいってみましょう!


    Sponsored Link




    カフェオレとは?


    カフェオレはもともとフランス生まれ。

    カフェ・オ・レはフランス語で
    cafe au lait」と書きます。



    直訳するとコーヒーと牛乳。

    通常のドリップ式コーヒーと
    ホットミルクを半々ぐらいで
    わったものとなります。

    半分を牛乳で割るので、深炒の細挽き豆
    使うのがおすすめです。

    脂肪分が多めの牛乳だと、
    おいしいカフェオレが作れますよね。

    Sponsored Link


    カフェラテとは?


    今度は、カフェラテについて。

    こちらは、イタリア生まれ。

    イタリアだと、コーヒーは「Caffè」と書き、
    エスプレッソのことを指します。

    エスプレッソと牛乳を2対8でわるので、
    カフェラテよりも、カフェインの量が少ないのが特徴です。

    また、エスプレッソの風味を持つため、
    マイルドなカフェオレに比べて、
    カフェラテの方がシャープな味です。

    加えるミルクは、もとも常温でしたが、
    アメリカ式がメジャーになり、
    ホットミルクを入れるようになりました。


    出典:スターバックス http://store.starbucks.co.jp

    エスプレッソとは

    直火式のマキネッタという、専用の
    器具を用いて挽いた豆を使ったコーヒー。

    深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を
    使用するため、風味が濃く、コクがある。

    9気圧の圧力約90℃の湯温
    20秒~25秒かけて抽出する。

    コーヒー豆を7g使用し、
    コーヒーの量は30ml

    14g使用したものはドッピオ
    (doppioは、ダブルの意味)

    エスプレッソを15mlまで淹れたものは
    リストレットと呼ばれる。
    (ristrettoは、「濃縮された」の意味)


    出典:Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/エスプレッソ

    Sponsored Link


    カプチーノとは?


    お次はカプチーノ

    カプチーノのイタリア生まれ。

    カフェ・ラテ同様にエスプレッソを使用します。

    カフェ・ラテとの違いは、エスプレッソに
    クリーム状に泡立てた牛乳を使用します。

    カプチーノは、ふわふわの泡のイメージが
    ありますよね(^^

    あと、地域によっても違いますが、
    カプチーノには、シナモンパウダー
    使われることが多いですね。

    コーヒーショップでは、ミルクスチーマーがありますよね。

    あの、手で「くいっ」と下げると、

    ジュボァ~~~

    といいながら、ミルクを泡だててくれる機械。


    出典:ドトール http://www.doutor.co.jp/
    あれがあれば、手軽にカプチーノが飲めますが、
    家でカプチーノを飲むのは、ちょっと
    敷居が高いですね(^^;

    カプチーノは、泡の表面に文字や
    イラストを描く、ラテアートでも有名です。

    あわあわのカプチーノは、
    なんだか「ほっ」としますよね♪

    Sponsored Link


    カフェモカとは?


    ラストはカフェモカについて。

    これも、カフェラテから派生した飲み物です。

    エスプレッソにチョコレートシロップ
    追加して飲みます。

    こちらも、スチームミルクが使われ、ココアや、
    ホイップクリームがトッピングされたりします。

    個人的な見解かもしれませんが、
    女性が飲む機会が多い気がしますね。


    出典:エクセルシオールカフェ http://www.doutor.co.jp/exc/

    まとめ


    今日は、牛乳を使ったコーヒーの
    種類について紹介しました。

    イタリア、フランス、アメリカなど、
    文化の導入経路で、若干、飲み方が変わりますね。

    エスプレッソが一般的になってから、
    いろいろな飲み方が増えたようです。

    エスプレッソと言えば、10代のころ、ドトールで
    初めて頼んだ時に、あまりに小さくて
    びっくりした覚えがあります。

    しかも、濃いーし、苦い(^^;

    ちっとも喉は潤せませんでしたが、
    あれはあれで、濃くておいしかったですね。

    今回紹介した、それぞれのカフェの違いを
    表にまとめましたので、よければ参考にして下さい。

    名称 材料 比率
    カフェオレ コーヒー:ミルク 1:1
    カフェラテ エスプレッソ:ミルク 1:4
    カプチーノ エスプレッソ:ミルク:泡ミルク 1:1:1~2
    カフェモカ エスプレッソ:ミルク:チョコレートシロップ 1:4:適量

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ