思いと想いの意味の違い!手紙や履歴書に書くときの使い分け方法は?

Sponsored Link




思い」と「想い」。

読み方は同じですが二通りの漢字がありますよね。
この二つってどのように違うのでしょうか。

例えば、履歴書を書いている時など、

「この”おもい“をぜひ御社での仕事に活かせればと思い・・・」

など。この時は、「思い」と「想い」、
いったい、どちらの漢字を使ったらよいのでしょうか。

null

よく使う言葉だからこそ、正しい使い分けをしっかり覚えて間違いがないようにしたいものですよね。

今回はこの2つの漢字の意味の違い使い分け方について紹介します。

Sponsored Link





思いの意味


思い」を辞書で引くと、

  • ある物事について考えを持つこと。

  • おもいをめぐらせること。


と出ています。

また、予想や願望、執念、恋心などの気持ちに対しても「思い」という言葉を用いることがあるようです。

熟語でもよく使われていて、

  • 思考

  • 思案

  • 意思

  • 思慮


  • などの言葉はよく目にしますよね。

    使用例としては

      「積年の思いを晴らすために・・・」
      「思いもよらないできごとが起こった」

    などがあります。


    おもいと読む漢字には「想い」や「念い」、「憶う」などもありますが、一番多く使われている漢字が「思い」です。

    他の漢字を当てはめる積極的な理由がない場合はこの思いを当てはめることがほとんどですね。

    Sponsored Link


    想いの意味


    対して、「想い」の意味はどうでしょうか。

    「想い」を辞書で引くと、

    • 物事に対してある考えや感情をもつこと。

    • おもいをめぐらせること。

    • 心に浮かべ、想像すること。


    とあります。

    「思い」に比べれば使う頻度は少ないですが、

  • 想像

  • 想作

  • 発想


  • など数々の熟語に使われています。

    ニュース字幕や新聞ではあまり見ないかもしれませんが、詩や小説などの創作物で想うという字を見かけることは多いですよね。

    特に小説などはこだわって「想う」を使っている作者さんもいます。

    null

    具体的な使われ方の例文としては、

    「作品のイメージを想い浮かべる」
    「遠い場所にいる恋人を想う」

    など頭の中のイメージや自分の思い浮かべる人物、情景を表現するときに使う場合が多いですね。

    では次に、具体的な使い分け方法についてみていきましょう。

    Sponsored Link


    思いと想いの違いと使い分けについて


    思いと想いは、あまり違いがないように感じますが、

      想い

      イメージなどを心におもい浮かべること。
      おもう対象が心に浮かんでいる場合。

      思い

      上記以外の「おもう」すべてに用いる。

    という使われ方をしているようです。


    たとえば、

    「そうだとおもうよ。うんうん。」

    なんて時は、「思う」の方が適切ですね。
    「想う」を当てはめた場合は、なんだか重くて適切ではありません。

    ところが、

    「あなたへのおもいが止まらない!」

    なんて場合は、「想う」の方が適切ですね。
    逆に「思う」を当てはめると、なんだか軽い印象になります。


    想いという漢字は小説や詩に多く使われていて、ロマンチックな表現をしたいときに有効なようですね。

    画家やアーティストが芸術的なイメージを思い浮かべるときにも使います。

    使われ方が曖昧な「思う」と「想う」

    それ以外の場合は「思う」という漢字を使うようですが、実は「思い」と「想い」は混同させることも多く、こちらを使わなければならないという明確な決まりはありません

    基本的に文章や公的な文章には「思い」を用いますが、雰囲気を出したい場合は「想い」の方を使われるケースが多いようですね。

    履歴書や手紙ではどちらを使う?


    さて、以上を踏まえまして、「思い」と「想い」。
    履歴書や手紙ではどちらを使う方が適切なのでしょうか。

    履歴書の場合

    履歴書の場合は、どちらかというと「公的な文章」となります。

    なので思い」の方を使っておく方が無難ですね。

    ちなみに、新聞や放送などで使うように設定されている「常用漢字表」では、「ソウ」「ソ」という音は示されていますが、「おもう」という訓読みは設定されていません

    本のタイトルや、製品名などの固有名詞では「想」を使うことはありますが、それ以外の、自分自身の「おもい」については、「思い」で統一するとよいでしょう。

    手紙の場合

    手紙の場合は、知り合い同士の間で交わすものか、それとも公的な手紙なのかによって変わってきます。

    ビジネスなどの手紙としてやり取りする場合は、「思い」を使った方が良いですが、個人的なやりとりの場合は、「想い」を使っても問題ありません。

    「恋人同士」の文(ふみ)のやり取りの場合なんかは、「想い」の方を積極的に使っちゃってもOKですよ!

    より、ロマンチックに!
    より、情熱的に!

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は「思い」と「想い」の意味や使い方の違いについて紹介しました。

    辞書で引いた限りでは同じ意味のようにも思えますが、使い方を詳しく調べてみると微妙なニュアンスの違いがあるものですね。

    違いとしては、

  • 思いの方が広い意味で使われる

  • 想いの方がより具体的なイメージができる限定された条件で使われる


  • ということが挙げられます。


    主な使い分け方としては、

  • 公的な文章として書く場合は「思い」

  • 個人的なやりとりの文章として書く場合は「想い」でもOK


  • となります。

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ