ホテルのツインとダブルの違い!トリプルはベッド3つなの?



ホテルの宿泊サイトなどを見ていると、

  • ツイン

  • ダブル

  • トリプル


  • など色々な客室のスペック表記がありますよね。

    ベッドサイズもシングルやダブル、セミダブルなど大きさもさまざま。

    null

    ダブルもツインも確か二つって意味ですよね。

    ツインだったらベッドは一つ。
    ダブルだったらベッドの数は・・・いくつ?

    なんだかよく分からなくなってきましたね。(笑)

    今回はツインやダブルなど、ホテルの客室のスペックや、ベッドサイズについてまとめました。

    Sponsored Link





    ツインとダブルの違い


    ツインベッドとダブルベッドという言葉は似ているようですが、ホテルの予約などに書いてある場合はまったく別の意味合いになります。

    まず、ツインベッドというのは一室に二つベッドがあるという意味です。
    つまりシングルサイズのベッドが二つ入っているのです。

    一方、ダブルベッドというのは人が二人ゆったりと寝れるサイズで作られている大きなベッドのことです。
    つまり、この場合はベッドは一つとなります。

    実際にホテルに泊まる場合は、

  • カップルや夫婦で大きなベッドを使いたい場合はダブルベッド。

  • 友達や同僚と同じ部屋で別々のベッドを使いたい場合はツインベッド。


  • という基準でお部屋を選ぶとよいですね。


    「ベッドをくっつけたらどちらも同じ大きさじゃない?」

    と思ってしまうかもしれませんが、

  • シングルベッドの幅は98cm

  • ダブルベッドの幅は140cm


  • と規定で決まっているので、シングルベッド×2の方が幅は広くなります。


    ただし、多くのホテルで、ベッドは動かせないことが多いので、やはり目的別に選ぶというのが無難です。

    Sponsored Link


    セミダブルの場合は?


    さて、これでツインやシングルのベッドの大きさはバッチリですが、ここで少し気になるのがセミダブル

    セミダブルというのは、ホテルの部屋のスペックをいっているのではなく、
    部屋にあるベッドのスペックのことを指しています。

    ちなみに、シングルベッドとダブルベッドの中間の大きさのベッドのことで、幅は121cmとなります。

    小柄な女性や子供であれば二人で寝れないこともありませんが、基本的には一人用のベッドとして設計されていて、

      「シングルじゃちょっと狭い」
      「疲れているからゆったり使いたい」

    という方が利用するベッドです。

    トリプルの意味とは?


    ホテルの客室のタイプでトリプルと書いてあることがありますが、これは、

      「ツインルームまたはダブルルームに三人で宿泊する場合」

    を指しています。


    ツインルームかダブルルームなので基本的にベッドはダブルより大きめのクイーンサイズ二台、またはさらに大きいキングサイズが一台となります。

    三人泊まるんだからシングルベッドが三つじゃないの?

    と思ってしまいますが、必ずしもベッドが三つあるわけではないということに注意が必要です。

    ベッドが三つ設置してある場合もあるのですが、あくまで、

    1部屋を3人で使用する


    という意味の表現となっており、ベッドが二つに、簡易ベッドソファーベッドが設置されていることが多いのです。

    ちなみに、どうしても人数分必要な場合はエキストラベッドを頼むと別室からベッドを足してくれます。

    Sponsored Link


    デュアルベッドとは?


    もう一つ、デュアルベッドというものもあります。

    ここでのデュアルは「二重の」「二通りの」という意味となります。

    つまり、デュアルベッドとはマットレスが二重になっていて、取り外せたり、横にスライドさせたりが可能なベッドのことで、ファミリータイプの部屋などによく取り付けられています。

    これまた、ベッドの種類のことを言っているのであって、ホテルのスペックとは違う種類のお話となります。

    いやぁ、紛らわしいですね。
    (^^A;

    ホテルを選ぶときのスペックについてまとめますと、
    基本的にはシングルルームが一番低価格であり、

    シングル



    ダブル



    ツイン



    トリプル

    と泊まれる人数が多くなるにつれて価格は上がっていきます。

    一般的に一番グレードが高いとされているのがスイートルームです。

    null

    寝室、リビングルーム、応接間などが続き部屋になっていて、家具や内装もとても豪華になっています。

    いったことはないですが、いつか一度くらいは行ってみたいですね。(笑)

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はツインとダブルベッドの違いについて紹介しました。

    似ている言葉ですが、二つのベッドを意味するツインと、二人寝れる大きなベッドを意味するダブルベッドでは泊まる方としては全然違ってきます。

    ホテルのベッドがどのようなスペックなのかをちゃんと理解した上で予約して、「想定と違う!」なんてことがないようにしたいものですね。

    ホテルのスペック一覧表

    名称 スペック 宿泊人数
    シングル ベッドが1つ 1人
    ダブル ベッドが1つ 2人
    ツイン ベッドが2つ 2人
    トリプル ベッドが2つ+寝るとこ1つ 3人

    ベッドのスペック一覧表

    名称 スペック 対応人数
    長さ
    シングル 97 cm 195 cm 1人
    セミダブル 120 cm 195 cm 1人
    ダブル 140 cm 195 cm 2人
    クイーン 80 cm × 2 cm 195 cm 2人
    キング 80 cm × 2 cm 195 cm 2人+子供もOK

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ