自首と出頭の違い!減刑されるのはどっち?情状酌量の余地とは?



よく刑事ドラマやサスペンスドラマなどのラストで、
犯人特定されて、犯人が自ら罪を認める場合に、

自首する」とか
出頭する」など、

警察のところに自ら犯行を申し出て、
お話が終わったりしますよね。

null

さて、ここで出てきた、

  • 自首

  • 出頭


  • どちらも、

    警察に自ら行って洗いざらいはいてきます。

    というイメージがありますが、
    いったいどのような違いがあるのでしょうか。

    また、どちらのほうが刑が軽い、重いなどはあるのでしょうか。

    と、いうことで!

    今回はこの、自首と出頭の違いについてみてみましょう~。

    Sponsored Link





    自首と出頭の違い


    まずは、自首と出頭の違いについてチェックしてみましょう。

    自首というのは、

      警察が犯人を特定できていない段階で、
      犯人自ら犯罪事実を申告して処分を求めること

    をいいます。

    つまり、自首の場合は黙ってれば、ばれないかもしれないけど、
    みずから罪を認めて警察に告白しに行くわけですね。


    対して出頭というのは、

      容疑者が発覚していたり、指名手配をかけている状態で、
      犯人自ら警察に出向くこと

    をいいます。

    出頭というのは、すでに警察に追いかけられている状況で、

    「もう逃げられない!」もしくは、
    「もう逃げるのに疲れた!」といって、

    みずから警察のもとに捕まられに行くわけですね。

    Sponsored Link


    どちらが重い罪なの?


    では、自首と出頭。
    いったいどちらが重い罪なのでしょうか。

    まず、前提として、情状酌量の余地があるかどうかで、違いが出てきます。


    自首の場合は、裁判を行ったときに情状酌量の対象になり、
    減刑となることもあります。

    一方、出頭の場合は減刑の対象になることはありません

    ただし、難しいのが、自首すれば絶対に減刑になるわけではなく、
    情状酌量の余地があるかどうかは裁判次第となります。

    なので、自首の場合も、出頭の場合も、
    刑が重いか軽いかについては、

    犯人が犯した罪の内容と、それをジャッジする裁判所の判決次第


    になります。


    つまり、

    減刑されるのはどっち?

    という問いに対しては、

    自首:減刑される可能性がある
    出頭:減刑されない

    という違いがあります。

    Sponsored Link


    情状酌量の余地とは?


    さて、減刑されるか否かについては、

    情状酌量の余地

    があるか、ないかにかかっているという話がでましたね。

    この情状酌量の余地っていったい何者なのでしょうか。



    情状酌量というのは、

      裁判において被告人の置かれた立場、同情すべき点などをおもんばかり、犯罪の情状をくみ取り、裁判官の裁量により刑を減軽すること

    をいいます。

    犯人が自首をした場合、後悔の念、反省などがうかがえるので、
    その点を考慮して情状酌量の余地がある可能性も高くなります。

    自白と自供


    さて、警察に行って自首(または出頭)したら、
    今度は自分のやったことを告白しないといけません。

    その時にまた新たな2つの違いの疑問が・・・。

    すなわち、

    自白自供

    この2つって、いったい何が違うのでしょうか~。

    自白と自供の違い

    一般的に自白というのは、

      自分の秘密や犯した罪について包み隠さずに話すこと

    であり、

    自供というのは、

      事件の動機や状況なども含めた犯罪内容の具体的な供述

    のことを言います。


    ただ、あくまでもこの違いは一般的に知られているものであり、
    日本語として「自白」「自供」を調べると明確な違いはありません。

    また自白というのは、

    自己の犯罪事実を認める被疑者、被告人の供述

    という法律用語ですが、自供というのは法律用語ではありません。

    自白は民事の裁判でも使われる言葉なので、
    必ずしも犯罪に関係する言葉ではありませんが、
    自供は犯罪で使われることがほとんどとなります。

    自白 自供
    意味 自分の犯した罪や秘密を話すこと 犯罪時の状況や動機などの具体的な説明
    法律 法律用語 法律用語ではない
    用途 犯罪以外でも使う ほぼ犯罪関連で使われる

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は自首と出頭の違いについて紹介しました。

    自首は犯人が特定していないときに、
    自ら罪を告白し処分を求めることで、

    出頭は容疑者が確定している場合や指名手配を受けている場合に、
    犯人が警察に出向くこと、となります。

    減刑の対象となるのは自首ですが、
    裁判の結果、減刑にならないこともあります。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ