特徴と特長の違いは?例文も交えてわかりやすく解説



特長と特徴の違い、ご存知ですか?

なんだか、同じような意味のようですが、
若干、使い方が違っています。

たとえば、

面接に落ちる人の特徴

とは言うけれど、

面接に落ちる人の特長

とは、言わないですよね。

そこで今回は、次回から悩まないように、
特徴特長の違いについて、しっかりと
覚えてしまいましょう!

では、さっそくいってみましょう!


Sponsored Link



特徴と特長の違い


まずは、ざっと、特徴と特長の
違いについてみていきましょう。

特徴

他と比べて特に目立つ点。きわだったしるし。

特長

他よりも特にすぐれている点。

参考:http://kotobank.jp/

どうですか?
若干、ニュアンスに違いがありますね。

特徴の「」の漢字には、

隠された意味の現れたもの。



しるし。きざし。

という意味が含まれます。

なので、特に「」がある状態を言うので、
特に他と違って目立つ点を取り上げています。

対して、特長の「」は長所の「」です。

つまり、特に優れている要素
取り上げているのです。

Sponsored Link


特徴と特長の例文


次に、実際に特徴と特長についての
例文をみてみましょう。

1.彼の特長は並外れた指導力だ。

2.彼の特徴は指導力と適応能力が高い。

いかがでしょうか。

1は、彼の指導力を長所として取り上げてるのに対し、
2は、指導力と適応能力が高い事実を言っているだけです。

もう1つ例文を出してみましょう。

1.このカメラの特長は電池の持ちが長いことだ。
2.このカメラの特徴は重量があり、電池が持つ。

いかがでしょうか。

特徴は、特筆すべき事柄について述べるので、
分析」「比較」などに使われることが多いです。

対して、特長は、長所を押し出す時に使われるので、
宣伝」「PR」などに使われることが多いですね。

Sponsored Link


まとめ


今日は、特徴と特長の違いについて紹介しました。

なんとなくわかっていたけど、
たまに間違えて使ってしまう。

なんて方も多いのではないでしょうか。

本記事をご参考いただき、今後はバッチリな日本語を
使えるようになっていただけたら幸いです。
(´▽`v)

以下の表にまとめましたのでご参考ください。

特徴 特長
意味 他と比べて特に目立つ点 他よりも特にすぐれている点
用途 長所と短所両方に使う 長所のみに使う
使い方 分析・比較 宣伝・PR

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ