暖かいと温かいの違い!意味と使い分け方法まとめ!心、服、布団などではどっちを使うべき?

Sponsored Link




暖かい温かい

どちらも「あたたかい」と読みますよね。

さむい・冷たい状態からあったかくなるのは分かりますが、
いったい、どういった違いがあるんでしょうか。

たとえば、

  • あたたかい気候

  • 服や布団があたたかい

  • 心のこもったあたたかいメッセージ


  • などの場合、「暖かい」と「温かい」、
    どちらを使うのが適切なのか、迷ってしまうことありませんか?
    (^^;

    null

    そこで今回は、この2つの漢字のそれぞれに意味や、
    使い分けの違いを見分けるコツについてまとめました。

    さっそくチェックしてみましょう!

    Sponsored Link





    暖かいと温かいの違い


    暖かい

    暖かいは漢字の中に「」が入ってるのに注目です。
    (^^

    こちらのあたたかいは、気温気候の状態をあらわし、
    身体全体で感じるあたたかさを表現するときに使います。

    また、対義語は「寒い」となります。

      暖かい ← 対義語 → 寒い

    文章を逆に意味に当てはめたときに、

    寒い

    がふさわしい言葉であれば「暖かい」を使えばOKです。

      例文

      「太陽の日差しが暖かい」
      「気温の暖かい日」


    では次に、「温かい」の意味についてみてみましょう。

    Sponsored Link


    温かい

    温かい」は物理的な温かさをあらわします。

    なので、直接手で触れてあたたかいものを表現するときに使います。

    null

    また、対義語が「冷たい」となります。

      温かい ← 対義語 → 冷たい

    これまた、先ほどと同様に文章を逆の意味にしたときに

    冷たい

    がふさわしければ「温かい」を使います。

      例文

      「温かいスープ」
      「心の温かい人」

    Sponsored Link


    使い分け方の事例


    さて、では以上の違いを参考に、
    いくつか使い分け方の事例をみてみましょう。


      暖かい服」が適切です。

      服を着たときに感じるのは身体全体のあたたかさですし、
      対義語としても「寒い」が当てはまるので「暖かい」がふさわしいですね。

      気候

      暖かい気候」が適切です。

      「暖かい」は漢字に「日」が入っているので気候をあらわすときに使います。

      布団

      暖かい布団」が適切です。

      「肌で触れられるものだから【温かい】じゃないの?」

      と、考えてしまうかもしれませんが、
      布団のあたたかさは身体全体で感じるもの。

      それに、対義語に当てはめたときに、
      「冷たい」よりも「寒い」のほうがふさわしですよね。

      なので、「暖かい」の方がしっくりきます。
      (^^ゞ

      ただし、電気毛布のように物理的なあたたかさの場合は、
      「温かい」と表現する場合もあります。

      メッセージ

      「心のこもった温かいメッセージ」が適切です。

      人の心の「あたたかさ」や、思いやりの「あたたかい」
      という表現には「温かい」を使います。

      なので、この場合は「温かいメッセージ」が正解となります。

      逆のことを言った場合に、

      「こころの冷たい人」
      「冷たい対応」

      と言ったりしますよね。

      「心の寒い人」
      「寒い対応」

      とはあまり言いません。

      まぁ、最近の若い人は例外として、
      このような表現をする場合もあるかもですが。
      (^^;


      暖かい色」「暖かみのある色」が適切です。

      色彩のあたたかい、という表現には「暖かい」を使います。

      色というのは視覚的なあたたかさですが、
      「暖色」「寒色」という表現をするので「暖かい色」が適切となります。

      フトコロ

      「フトコロが暖かい」が適切となります。

      フトコロがあたたかい、というのは、

      「持ち金が十分にある」
      「余裕がある」

      という意味であり物理的なあたたかさではありません。

      なのでこの場合は「暖かい」を使います。

      対義語は「フトコロが寒い」になります。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は「暖かい」と「温かい」の違いについて紹介しました。

    「暖かい」は身体全体で感じるあたたかさのことで、
    「温かい」は身体の一部で感じる物理的なあたたかさのこと。

    どちらを当てはめていいのか分からないときは対義語の

  • 寒い

  • 冷たい


  • を参考に使い分けるとしっくりきますよ!

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ