以下と未満の違いをわかりやすく!対義語はどうなる?記号の書き方もチェック!



学生の頃に学校の数学(算数)や小論文のテストで、

  • 以下

  • 以上

  • 未満


  • などの数字の違いについて勉強しますよね。

    しかし、日常生活の中で会話として使った場合に、

    あれ?この場合はどっちなんだろう

    と疑問に思うことはありませんか?(^^;

    たとえば遊園地で、

    「こちらは130cm以下のお子様がお乗りいただけます」
    と書かれてた場合に「130cmジャストだったら乗れるの!?」とか、

    以上の反対は以下だけど、「未満」の反対ってナニ?

    などなど、よく考えるとわからなくなってしまいます。

    null

    と、いうことで!

    今回は、おさらいもかねて、以下と未満の違いの詳しい解説に加え、
    対義語記号の書き方まで含めてまとめました。

    それではさっそくみていきましょう!

    Sponsored Link





    以下と未満の違い


    まず以下(以上)についてみていきましょう。

    以下という言葉には、基本的にその数を含めます。

    たとえば、100以下だったら100も含めるということになるわけですね。(^-^)h

    逆に未満という言葉には、基本的にはその数を含めない決まりとなっています。
    さきほどの以下とは違い、100未満の場合は100を含めません。


    では、よくジェットコースターなどの身長制限で見られる130cm以下お断りの場合はどうなるでしょうか。

    もうバッチリですね。

    表記上は身長130cmちょうどの人はこのジェットコースターに乗れないことになります。

    Sponsored Link


    以下での含まない場合がある?


    上記の説明で「基本的に」という表現をしたのには理由があります。

    実は、このルールにも例外が存在するのです。

    以下の「以」という部分に対する目的が、数量を表す場合は基本に従いその数を含みます。
    ですが、言葉の目的が具体的な数量ではない場合はその数を含まないこともあるのです。

    null

    たとえば、

  • 期待以下

  • 幼稚園児以下


  • などの表現を見ることがありますが、この場合はその基準点となる言葉を含みません

    具体的な数字ではなく比較的漠然とした対象を指しているので(期待は数字では測れない)、以下とつけた場合にはその言葉を含まないことになります。

    ただし、これらのルールに絶対的な定義は存在しないようなので、諸説ある中から上記の基本的な使い方を参考にしていただければ大丈夫です。

    会話の場合は感情的な意識が含まれるので、数値のようにハッキリとは表せないということですね。(^^;


    間違っても、

    期待以下だったよ。

    と言われた時に、

    ということは期待とイコールだった可能性もあるわけですね!?

    などと返さないようにしましょう。

    高い確率で怒られます。(笑)

    Sponsored Link


    以下と未満の対義語について


    さて、では次にこれらの言葉の対義語をみてみましょう。

    まずは以下の対義語
    これは以上です。

    つまり、

    100以上という言葉には以下と同様に100を含めます。


    では、未満の場合はどうでしょうか。
    表現の方法はいくつかありますが、ここでは2つ紹介させていただきます。

    未満には基本的にその対象となる数を含めないため、「より多い(少ない)」や「」という表現をします。

    100より大きいという場合や、100超という場合には、100までの数を含めません。

    これらが、以下や未満の対義語となります。

      未満の対義語

      以下 ← 対義語 → 以上
      未満 ← 対義語 → より、超

    記号の書き方


    さて、これらの言葉を数学などでは記号で表す場合がありますよね。
    これを不等号と呼びます。順番に説明していきますね。

    null

    まず、以上や以下のように対象の数を含む場合。

      」や「

    を用います。

    未満や超(より)の場合は。

      >」や「<

    を用います。

    ちなみに、イコール(等しい、同じ)を表す「=」も不等号の一種です。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はは以下と未満の違いや記号の書き方に加えて、日常会話での言葉の意味について紹介しました。

    頭では分かっていると思っていても、会話で使ったりするとよくわからなくなってしまうことってありますよね。
    (^^;

    例外こそはあるものの、これらの基本的なことが理解できていればバッチリです。
    (´▽`v)

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ