重傷と重症の違い!重体の場合は?怪我や病気の重さの表現方法まとめ!

Sponsored Link




よくニュースなどで、人が怪我や病気をしたときに、

  • 重傷

  • 重症

  • 重体

  • など、その状態を表現する言葉がありますよね。

    「作家の○○さんが重症です」

    「トラックが歩道に突っ込み○人が重体です」

    などなど。

    null

    タイヘンな状況になってるのはわかりますが、
    重傷、重症、重体。どれがどれだけ大変な状況なのでしょうか。

    今回は、怪我や病気の状態を表す、
    これらのことばの違いについてまとめました。

    まずは重傷からみていきましょう!

    Sponsored Link





    重傷


    重傷の対義語は(軽傷)で、

    完治不能の重傷を負った

    などのように、物理的な傷の程度に対して使われます。

      軽傷 ← 対義語 → 重傷

    重傷度については警察庁がはっきりと定義しており、

    全治1ヶ月以上なら重傷、それ未満なら軽傷


    と決められています。

    新聞やニュースなどの事故報道はこの基準に基づいています。

    なお、重傷と軽傷どちらも命には別状のないケガを指す言葉であり、
    命に危険がおよぶほどの負傷には重体が用いられます。

    意識不明の重体

    となると、相当危ない状態となります。

    軽傷  <  重傷  <  重体

    軽い ← 怪我の状態 → 重い

    Sponsored Link


    重症


    では次に重症をみていきましょう。

    重症はおもに内科的疾患の程度を表し、対義語は「軽症」です。

    半年間の入院を要する重症

    と言えば、相当重い病気をイメージしますよね。

      軽症 ← 対義語 → 重症

    重症の定義は消防庁によって定められており、単純に症状の重さで使い分けられているようです。

    重症も軽症も、命に危険がないという点では同じです。

    null

    重症よりもさらに症状が重く、命を失う可能性のある疾病には「重篤」が使われます。
    重篤よりもさらに緊急性の高い症状は、「危篤」と表されます。

    危篤はすでに意識のない状態とされ、数日のうちに死がせまっているきわめて差し迫った病状ということになります。

    危篤を過ぎると「死亡」という状態になり、医師によって死が完全に確認されたことを意味します。


    重傷は警察庁。
    重症は消防庁。

    似ているようでも、系統のまったく違う言葉だったのですね。


    重症は(重い症状)という意味ですが、実は物理的なケガにも使えます。

    ただ、重傷という表現があるので、ややこしくならないように、傷は重傷、病気は重症と慣例的に使い分けられているようです。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は重傷と重症の違いについて紹介しました。

    重傷と重症の大きな違いは言葉としての管轄。

    重傷物理的な怪我で警視庁の管轄。
    重症医療現場で使われる表現で消防庁の管轄でした。

    重傷と重症以外にも、怪我や病気のグレードを表す言葉には段階がありました。

    物理的なケガの程度

    軽い ← 怪我の状態 → 重い

    軽傷 < 重傷 < 重体 < 死亡

    医療現場で使われる症状の程度

    軽い ← 症状の重さ → 重い

    軽症 < 重症 < 重篤 < 危篤 < 死亡

    なんとなく「少しグレードが違うんだな」という認識はありましたが、
    「重篤」や「危篤」などもニュースではしっかり使い分けられていたんですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ