当社と弊社の違い!使い分けのポイントは?「わが社」はどんな時に使うの?

Sponsored Link




会社に入社するとしばらくはOJT。

先輩について客先に回ったり、
研修などで上司からいろいろな話を聞いて勉強しますよね。

null

さて、ここで質問です。

自分の会社のことををビジネスではなっと言うでしょうか。

  • 1. 当社

  • 2. 弊社

  • 3. わが社


  • まぁ、「3」はなんとなく、

    ペーペーの私らはあまり使っちゃダメそう

    という予想は付きますが、

    当社」と「弊社」はどうでしょう?

    どちらも自分の会社のことを指す言葉で、
    間違いではなさそうですよね。

    でも、商談の場などで使うのに適切なのはどちらなのでしょうか。
    この2つの違いや使い分けはどうすればよいのでしょうか。

    と、いうことで!

    今回は、この2つのことばのニュアンスの違いについてまとめました。

    Sponsored Link





    当社の場合


    さて、あまず当社からみていきましょう。

    ご想像の通り、これはまず自分の会社を指す言葉ですね。
    ではどういう場面で使うのでしょうか。

    答えは非常に単純!

    身内の人間相手に使います。


    社内での会議などでは、

    「当社は○○でありー…」
    「当社の○○は○○でー…」

    こんな使い方が正解となります。

    例えば、予算を確保したい時の、
    上司向け社内プレゼンの時などですね。

    Sponsored Link


    弊社の場合


    続いては弊社です。
    これはもう感づいてしまいますよね。^^

    当社が身内相手の言葉なのに対して弊社は、

    社外の人間相手に使います。


    社外での商談、交渉の場では、

    「弊社では○○をー…」

    と言った感じで使います。

    答えを知ってしまうとそんなに難しい話ではありませんよね。
    使い慣れていくうちに自然に使い分けができるようになります。

    ただし、最初は間違い易い言葉なので、
    意識して使い分けるようにしましょう~。

    Sponsored Link


    使い分けのポイント


    さて、当社と弊社の使いどころもうバッチリですよね。
    (*゜∀゜)=3

    ここでご紹介するのは、

    なぜ当社と弊社を使い分けるのか?


    です。 

    だって別にどっちでもいいじゃーん。

    て思いません?(笑)

    ところがそうではないのです!

    実はこの当社と弊社ですが、

    当社に比べて弊社の方がへりくだった表現である


    ということになっています。

    厳密に言えば、

  • 当社とは対等な立場の相手への言葉となり

  • 対して弊社は、

  • 私どもの方が立場が下ですよー

  • というニュアンスを含んでいるのです。

    なるほど、この同じ意味を指す二つの言葉が使い分けられているのは、
    上から目線にだと相手に思われないようにしているのですねー。

    null

    そのため、

  • 身内相手には当社

  • 社外の相手には失礼のないように弊社


  • が使われているのです。


    一点、補足として、

    社外の人間相手にも強気の姿勢を見せよう!

    という意図の場合、あえて当社を使うこともあります。

    例えばクレームや抗議をしたい相手に対して

    弊社は怒ってます!

    というのもなんかおかしな話だな というイメージです。
    意味を理解することによって臨機応変に使い分けましょう!

    Sponsored Link


    わが社の場合


    最後のおまけに「わが社」についてです。

    新入社員合同説明会や、
    社長の全社プレゼンなどで使われたりしますよね。^^

    null

    「わが社」については、ニュアンスとしては、
    「当社」に近い語感を持っています。

    つまり、社外ではなく、社内で使われる言葉ですね。

    ただし、一点気をつけたいのが、

    ある程度社内で立場のある人か、目上の人が使う言葉


    ということです。

    入ってすぐの新入社員が、社長に対して、

    「わが社は~」

    なんて言ったりすると、

    「いや、あんたうちのことまだよく知らないでしょ。」
    「ちょっと、この新しいコ、エラそうな感じだな。」

    なんて思われかねません。

    「わが社」

    という言葉には、「うちの会社は特別に」という、
    「会社」を強調するニュアンスが含まれます。

    使うと何か問題があるというわけではないですが、
    普段から使うような言葉でもないですね。

    「ここぞ!」という時に使ってこそ効果のある言葉なので、
    普段、自分の会社を指す時は、

    社内で → 当社
    社外で → 弊社

    と、覚えておけばOKです。

    まとめ


    今回は、当社と弊社の違いと、
    ついでにわが社使い分けについてご紹介しました。

    基本的には、

    社内:当社
    社外:弊社

    と使い分ければOKです。

    「わが社」については、新入社員の時には、
    基本的に使わないでOK。

    将来、自身を持っておすすめできる新製品のプレゼンをする時や、
    「うちの会社はすごいんだぞ!」ということを公的に示したい時用に
    取っておくようにしましょう。

    最初のうちはなかなかなれませんが、
    一度覚えて使い慣れてしまえば大丈夫!

    はやくお客さんの対応や、ビジネス用語の使い分けに慣れるとよいですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ