クッキーとビスケットの違い!クラッカーの場合は?



おやつの定番ともいえるクッキー

子どもの頃両親からごほうびとしてもらうと、幸せな気分になったものです。
(*゚ー゚*)

null

クッキーと同じようなものにビスケットがあります。

ポケットのなかにはビスケットがひとつ♪

童謡の歌詞にも使われているように、ビスケットのほうはちょっと昔風の呼び方のようなイメージがありますよね。

でも、ビスケットとクッキーの二つを比べた時に、
はっきりっとした違いはあるのでしょうか。

また、クラッカーとはどこが違うのでしょうか。

今回はお菓子にまつわるちょっとした疑問についてまとめました。


Sponsored Link





ビスケットとクッキーの違い


ビスケットは、

  • 小麦粉

  • 糖類

  • 食用油脂

  • 食塩


  • が使われた西洋の焼菓子を指します。

    ビスケットのうち、手作り感がとくに強く、なおかつ糖類と食用油脂の比率が合計で40%を超えているものクッキーと呼ばれています。

    さらに、イーストや酵素が含まれているものはクラッカーと呼ばれます。

    つまり、ビスケットとクッキー、そしてクラッカーは同じグループなのです。
    (*゚ー゚*)h

    ビスケットという大きなくくりがあって、その中にクッキーとクラッカーという小さいカテゴリーがあるとイメージすればわかりやすいですね。

    null

    また、ビスケットの中にもさらに細かい区分けがあって、中力粉でつくられた歯ごたえのあるものをハードビスケット、薄力粉でつくられたサクサクとした食感のものをソフトビスケットと呼んで区別されています。

    値段の面では、クッキーのほうがビスケットよりもやや高価な場合が多くなります。

    null

    確かに、ビスケットはゲーム大会の景品などでもらえたりするので、手頃なイメージがありますね。

    Sponsored Link


    ビスケットの由来


    ビスケットの語源はフランス語のビスキュイ(biscuit)だと言われています。

    日本語では「二度焼かれたパン」と訳されるように、当時のビスケットは保存のきくパンとして食べられていたようです。

    日本にビスケットが広まったのは江戸時代末期。

    長崎で西洋医学を学んでいた蘭方医の水戸藩士・柴田方庵がビスケットの保存がきく面に着目し、現地のオランダ人から作り方を教わって藩に伝えたのがはじまりとされています。

    長崎で貿易をする外国人向けのお菓子だったビスケットは、ひとりの蘭方医によって日本全国に広められたのです。

    Sponsored Link


    国によってお菓子もいろいろ


    日本でビスケットと呼ばれる焼菓子は、アメリカではクッキー、フランスではビスキュイと呼ばれています。

    ちなみに、イギリスではそのままビスケットです。

    フランスにはビスキュイのほかにサブレがあり、こちらはバターやショートニングの割合がやや多く、さっくりとした食感が特徴です。

    最初につくられた町の名前が由来とされていますが、砂という意味もあることから「砂のように口の中でとけるお菓子」であるとの説もあります。

    日本ではサブレの呼び方のほうがなじみ深いですね。

    Sponsored Link


    まとめ


    クッキーとクラッカーは、ビスケットという大きなグループの中に入るお菓子でした。

    クッキーはビスケットの中でも糖類と食用油脂が多く、クラッカーはイーストまたは酵素がふくまれているのが特徴です。

    また、日本ではビスケットと呼ばれていても、外国ではいろいろな名前で呼ばれています。

    アメリカ:クッキー
    イギリス:ビスケット
    フランス:ビスキュイ(サブレ)

    ほかの国ではまたさらに違う名前がつけられているかもしれません。
    いろいろ調べてみるのも面白いですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ