SSDとは?寿命はどれくらい?HDDとの違いもわかりやすく!



ノートパソコンをそろそろ買い替えたいな~



と、何気なく家電量販店にノートパソコンを
見に行った時。

あれっ?HDDがついてないぞ?

と、思ったら、HDD部分
SSDになってたりしますよね。

店員さんに聞いても、

HDDよりSSDの方が早いんですYO!

って言うけど、

  • いったい何が速いの?

  • 実際使うとどうなの?

  • 寿命は?長持ちするの?



  • など、いろいろと疑問がでてきますよね(^^

    そこで今回は、SSDとHDDについて、
    パソコン初心者の人にもわかりやすく!

    この2つの違いポイントをまとめました。

    さっそくいってみましょう!

    Sponsored Link



    SSDとは?


    SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は、
    HDDのかわりに使われ始めたストレージ。

    パソコンで言うと、いろいろなデータや、
    ソフトをパソコンに保存しておく部分です。

    え~、HDDじゃだめなの?

    と、思いました?

    ところがどっこい。

    SSDは、HDDにはない利点
    いっぱいあるんです!

    まずは、HDDと比べた
    メリットとデメリットを見てみましょう。

    Sponsored Link


    SSDのメリット

    SSDのメリットはHDDと比べて・・・

  • 読み込みスピードが速い!
  • 音がうるさくない!
  • コンパクト!
  • 熱や衝撃に強い!



  • などが挙げられます。

    ノートパソコンのキモと言えば、軽さ耐久性

    SSDを使っているノートパソコンであれば、
    この2点をだいぶカバーしてくれます。

    読み込みスピードが速いのも嬉しいですね(´▽`)♪

    ストレージへのアクセスが速いと、
    同じCPUでも、HDDと比べた場合、

  • データのコピーも
  • WindowsのOSの立ち上がりも
  • ワードやエクセルの軌道も




  • などなど、データを呼び出す作業の、
    すべてのスピードがアップします(^-^)h

    いいことずくめのSSD。

    そんな、SSDのデメリットとはなんでしょうか?

    SSDのデメリット

    SSDのデメリットはHDDと比べて・・・

  • 価格が高い
  • 容量が少ない



  • の2点が挙げられます。

    どちらも近しい点となりますが、最新の技術なので、
    HDDと比べると、かなり割高となります。

    昔にくらべると、だいぶ安くなってきてはいますが、
    ノートパソコンに標準装備すると、値段は上がりますね。

    基本的には、テクノロジーが進化する限り、
    時間がたてばたつほど、SSDは安くなっていきます。

    おすすめのノートパソコンの使い方は?

    でも、お財布が許してくれるならば、
    断然、SSDを搭載したノートパソコンがおすすめです。

    そして足りない容量については、
    外付けHDDを活用しましょう!

    後から保存用ストレージを買い足せば、
    容量が足りない点については、カバーできます。

    必要なものだけ、パソコンの中に入れましょう。

    そして、動画や写真など、データ量の多いものは
    外部のストレージに移すようにしましょう☆

    (c) Vive La Palestina

    でも、なんでSSDは、そんなにスピードが
    はやいのでしょう?

    次は、SSDの仕組み特徴について、
    もうちょっと、突っ込んでみてみましょう!

    Sponsored Link


    SSDの仕組み


    読み込みスピードが速いと言われているSSD。
    なぜ、小さいのに、スピードが速いのでしょうか。

    その理由は、

    メモリーチップにデータの読み書きをしている

    からなのです!

    ピン!」ときましたか(^^?

    たとえるなら、ファミコンプレステの違いと
    一緒ですね(・・・たとえが古いか(^^;

    プレステは、

    now loading」の待ち時間がありますが、
    ファミコンは、スイッチを入れればすぐつきます。

    なぜでしょうか?




    HDDもプレステと仕組みは同じで、
    機械の中に円盤が入ってます。

    それがぐるぐる回ってる所に、光を当てて、
    データが保存してあるところを探します。

    ところが、SSDは、あらかじめ内蔵されている、
    複数のチップに同時に書きこみをします。

    なので、待ち時間が少なく、書きこみの
    スピードが、速くなっているのです。

    SSDは容量が多ければ多いほど早い!

    SSDの大きな特徴として、

    容量が大きければ大きいほど速い!

    というのがあります。

    SSDは、容量に応じて、内臓されている
    チップの数が変わってきているのです。

    例えば、

  • 120GBクラスのSSDならば4個のチップ
  • 250GBクラスのSSDならば8個のチップ
  • 500GBクラスのSSDならば16個のチップ


  • が使われており、250GBは、120GBの倍速いし、
    500GBであれば、さらに書きこみが速くなります。

    フラッシュメモリが集まって、それを内部の
    コントローラーが制御しているのがSSD。

    と、考えておけばおおむねOKです(´▽`v)

    Sponsored Link


    SSDの寿命は?

    HDDの平均寿命は、
    1日8時間稼働させた場合で約3年

    と言われています。

    SSDの寿命は、どれくらいなのでしょうか。

    一般的に言われているSSDの寿命は

    書き込み回数10万回

    と言われています。

    例を上げると・・・

    SSDはどれくらいもつのかの試算

    120GBのSSDで、毎日、20GBを60回書き込みしたとします。

    すると、1日でSSD全体を10回書き込みしたことになりますね。

    10万回 ÷ 1日10回書き込み = 1万日。

    1万日は27年と4ヵ月

    へビーに使ってもSSDの寿命は約30年!
    と、気にする必要が無いくらい長いです。

    パソコンの他の部分が壊れる可能性の方が、
    ずっと高いのが分かりますね。

    ただし、寿命がHDDとは違い、

    書き換え回数

    となるので、「デフラグ」など、HDDを
    最適化する行為は、SSDだと悪影響のようです。

    また、容量がいっぱいだと、
    SSDは遅くなりやすいです。

    プログラムやOSなど、ソフト以外の
    動画や写真、音楽などのデータ。

    SSDの場合は、これらは極力、
    外部HDDなどのストレージ
    保存しておくのが良いですよ(゜∇^d)



    まとめ


    今回は、SSDとHDDの違いについて紹介しました。

    SSD推しの記事になってしまいましたが、
    実際、SSDは高いですがおすすめです。

    しかし、室内でも、野外にも、

    ノートパソコンを移動させません!

    っていう人は、HDDでも、
    全然、問題はないと思います。

    SSDのメリットは、何といっても、
    静音性と、軽量化ですから。

    ただし、その場合は、必ず、
    バックアップ用のストレージを
    別途用意しておいてくださいね。

    私は、HDDが予告なく壊れて
    何度も痛い目を見てます(^^;

    パソコンが壊れた時に、真っ先に疑うのは、
    HDDですね。

    その部分がとても丈夫になるって言うのは、
    それだけでもかなり魅力的です♪

    今回紹介した、SSDとハードディクスの違いを、
    簡単に表にまとめたのでご参考ください。

    SSD HDD
    価格(単品:500GB) \40,000~ \5,000~
    大きさ 小さい 大きい
    耐熱性 高い 低い
    衝撃 強い 弱い
    寿命 10年~30年 3年~5年
    無音 カリカリ言う
    スピード 界王拳4倍~8倍位 界王拳2倍位

    ※本データは2014年1月6日時点の内容となります。
    ※この表は概要となり、性能を保証するものではありません。

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ