利子と利息の意味の違い!金利とはどう違う?

Sponsored Link




借りたお金には利子が付く。

これはもう世の中の常識ですよね。

対して預けたお金には金利が付きます。

借りたお金の利子は1%とか、少額だと7%とか10%とかですよね。
対して銀行に預けた金利はネットバンクでも0.05%とか。

借りたらたくさん払うのに、
預けても全然お金は増えない…。

世知辛いですよね~。

null

ところで、お金を預けたときにもらえるお金って、

利息

と言いますよね。

いったい利子と利息、なにが違うのでしょうか。

言われてみると確かに同じような意味で、
明確な違いってあいまいだったり。(^^;

今回はこの二つの意味の違いや、
金利との違いについてまとめました。

それではさっそくみていきましょう!


Sponsored Link




利子と利息の違い


利子の意味

まずは個々の意味を調べてみましょう。

    利子

    借手側が貸し手側に元金に上乗せして支払うもの

うむ。
こちらはイメージ通りですね。

友人同士での貸し借りでもよくありますよね。

Aさん「お金貸してーちょっと利子つけて返すわー」
Bさん「しょーがないな。返す時に飯おごってくれ」

みたいなやつです。

これにより借り手側のBさんは貸し手のAさんに利子を支払うわけです。

続いて利息です

Sponsored Link


利息の意味

    利息

    貸し手側が借り手側から返してもらう際に受け取るもの

おっと。
先ほどと反対になりました。

貸し手側のAさんが借り手のBくんから利息を受け取るわけですね。

ここでのポイントは以下のとおりです。

お金の動き方は全く同じ。
貸し手側、借り手側の立場によって利子と利息という言葉が使い分けられている。


ということなのですね~。
(^-^)h

null

  • 支払うものは利子

  • 受け取るものが利息


  • あとはどの立場にたってお金の動きを見るかどうかですね。

    すっきりしたところで続いて金利の意味も調べてみましょう

    Sponsored Link


    金利の意味


    金利というのは、利子、利息と同様に金銭の貸し借りによって発生するお金のことを表す言葉なのですが、以下の意味の方が一般的に使われます。

      金利とは

      元金に対する利率

    つまり利子や利息の金額を計算するために用いる利率というわけです。

    Aさんが2%という金利でBさんに100円貸したとしましょう
    その場合、100円という元金に2%という金利をかけて、

  • A君は2円の利息を受け取る

  • B君は2円の利子を支払う


  • と、このようになるということですね。

    null

    なるほど。

    蓋を開けてみたら簡単なことですね。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は利子と利息の違い。
    また、金利の意味の違いについて紹介しました。

    利子、利息はお金を受け取る立場になって話すか支払う立場になって話すかで変わります。

    預金の利息という場合、こちらは銀行にお金を貸している立場なので預金利息となります。
    が、銀行側に立って話せばあなたにお金を借りてこちらに利子を支払っているわけです。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ