Wi-FiとBluetoothの違い!iPhoneのテザリングで使うのはどっち?

Sponsored Link




今や一家に一台どころではなく一人に一台が当たり前!
そんな我々の生活に欠かせない存在となったスマートフォン。

写真、動画、SNSはもちろん、
ネット、検索、位置情報を使った地図、などなど。

もはや高機能すぎて、使いきれない機能もたくさんありますよね。

たとえば、ひょんな時に便利なのがテザリング

ネット環境がない時に、

「iPadでネットしたーい!」
「ノーパソをネットにつなぎたーい!」

なんて場合でも、テザリングがあれば、
ケータイとつなげてで違う機械でもネットができちゃう!

・・・・・・・

でも、いざ実際にやろうとすると、
つなぐ方法に二つの方法が・・・・。

そう、「Wi-Fi(ワイファイ)」と「Bluetooth(ブルートゥース)」です。

null

このWi-FiとBluetooth。

普段何気なく使用していていると思いますが
それぞれ具体的にどのようなことが可能なものなのでしょうか。

「どちらも電波をとばしてどうこうするものでしょ?」
「Wi-Fiはインターネットにつなぐものでしょ?」
「Bluetoothは正直あんまり使ったことないなー」

などなど。
言われてみるとちょっと疑問という人も多いのではないでしょうか。

と、いうことで!

今回はWi-FiとBluetoothの違いについてまとめました。

それぞれ、どのようなもので、どういった用途で使うのものなのでしょうか。
また、iPhoneのテザリングに使うのはいったいどっちなんでしょうか~。

それではさっそくみていきましょう!

Sponsored Link





Wi-Fiとは


まずはWi-Fiについて。
どのようなものなのかをチェックしてみましょう。

    Wi-Fiとは

    Wireless Fidelityの略。

    パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術。

はい、こちらがWi-Fiです。

Wi-Fiは、無線(コードでの接続を必要としない)で機器をLAN(ネット環境です)に繋ぐもの。

よくコーヒーショップや、町中でネットにつなげられるようになったりするのもこちらですね。

null

イメージとしては、Wi-Fiルーターというインターネット環境への入り口があり、Wi-Fiとはそこへ電子機器を繋いでくれる架け橋のようなものです。

Wi-Fiという電波にのってインターネット環境へ入っていくというわけです。

ポイントは「ネットにつなぐ」という点ですね。

Sponsored Link


Bluetoothとは


続いてはBluetoothです。
こちらもどのようなものなのかをチェックしてみましょう。

    Bluetoothとは

    比較的狭い範囲での音声およびデータのワイヤレス通信を、デスクトップおよびノートトップコンピュータ、PDA、携帯電話、プリンタ、スキャナ、デジタルカメラ、さらには家電製品の間で実現する。

    大容量の接続を省電力で行うことができる。

はい。
こちらがBluetoothでした。

Wi-Fiに比べて比較的狭い範囲で機器を繋ぐためのものとなります。

こちらはインターネット環境は関係なく、ただ近くにある家電と家電を繋ぐものというイメージを持っていただければと思います。
Bluetoothの簡単な使用例を挙げると、パソコンの無線のマウスや車内のオーディオ等に使用されています。

確かに距離が近いものですよねー。

Sponsored Link


結局何が違うの?


さて、それでは簡単に違いをまとめてみましょう。

Wi-Fi Bluetooth
使用方法 ネット環境へ電子機器を繋ぐもの 無線機器同士を繋ぐもの
通信可能距離 広め 狭め(10メートル程度)
通信可能容量 大容量に適さない 大容量に適している
通信速度 速い 遅い
消費電力 多い 少ない

非常にざっくりとですが違いをまとめてみました。

一番大きいのは最初の用途ですね。

Bluetoothは無線機器をつなげるためのもので、
Wi-Fiはネットにつなげるためのものとなります。

iPhoneでテザリングできるのはどっち?


さて、それでは、iPhoneでテザリングできるのはどちらなのでしょうか。

答えは「両方」です。

null

用途に関しては先にも述べたとおりですが、
ネットに接続したいという用途であれば、
Wi-FiとBluetoothどちらでも可能です。

ただし、それぞれにメリット、デメリットがあります。

Wi-Fi:通信速度は速いが、親機の電池消耗が激しい
Bluetooth:通信速度はやや遅いが、親機の電池消耗が少ない

ようは、電池の消耗を取るか、ブラウジングのスピードを取るか、ですね。

単にネットサーフィンをするくらいであれば、
Bluetoothでも、そんなにストレスは感じないと思います。
(人によるとは思いますが・・・。)

「今まで使ったことなーい!」

という人は、ぜひ一度iPhoneのBluetoothテザリングをお試しくださいね!
子機のBluetoothの使用をオンにすれば、すぐに同期してくれますよ。

Sponsored Link


まとめ


今回はWi-FiとBluetoothの違いについて紹介しました。

Wi-Fiはインターネット環境へ機器を繋ぐもの。
速度は速いが、電池消耗が激しい。

Bluetoothは無線機器同士を繋ぐもの
速度はやや劣るが、電池を消耗しにくい。

null

それぞれの用途にあわせて、うまく使い分けたいものですね。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ