リフォームとリノベーションの違い!意味はどう違うの?

Sponsored Link




古くなり住みにくくなった家をリフォームしてくれるテレビ番組がありますよね。
原型を留めぬほどの劇的なビフォー・アフターには毎回驚かされるばかりです。

null

建物の改築を意味する言葉にはほかに、リノベーションがあります。
広告や雑誌でリノベと略されるアレですね。

よく似た印象の言葉ですが、リフォームとはどのような違いがあるのでしょうか。

「家はリフォームで、オフィスはリノベーション?」
「工事の範囲が違うの?」
「ただ単に響きが新しくなっただけ?」

と、いうことで!

今回は、リフォームとリノベーションの違いについてまとめました。

Sponsored Link





リフォームの意味


リフォームにはもともと改修、補修、補強といった意味があり、おもに古くなった家をもとの状態に戻す場合に使われます。

リフォームの意味

  • 改修

  • 補修

  • 補強


  • イメージとしては、マイナスの状態のものをゼロまでもっていくような感じですね。

    私の親が自分の持っている家を不動産業者を通して貸しているのですが、住んでいた人が退出して空き家となるたびにリフォームをしています。

    このリフォームは、

    出て行った人が住む前の状態まで状態を戻す

    ためのリフォームで、原状回復という言葉に置き換えることもできます。

    null

    具体的な線引きは工務店によって微妙に違ってきますが、一般的にはキッチンやお風呂場などのかぎられた範囲の工事を指すことが多くなります。

    外装の塗り直しや外壁の張り替えなどもリフォームに含まれます。

    Sponsored Link


    リノベーションの意味


    リノベーションとは修復、刷新という意味のある英単語で、もともとプラスの価値のある家や建物をさらに住みやすくするための工夫を表します。

      リノベーションの意味

    • 修復

    • 刷新

    • 新たな価値の創造

    具体的には住宅の耐震補強や子ども部屋の増設などがリノベーションにふくまれます。
    このプラスの価値を生み出すというのがポイントとなります。

    例えば、駅から少し距離がある戸建て物件がなかなか売れないので、システムキッチンや屋根裏をつけたりするのもリノベーションと言えます。

    個人的にはこのリノベーションという言葉って、

    「家賃をもっと上げたい」とか
    「売れない物件を売りやすくしたい」とか、

    家やマンションを提供したい側がリフォームよりも響きが良いので使われている言葉のような印象があります。

    Sponsored Link


    リフォームとリノベーションの違い


    リフォームとリノベーションの線引きについては、最近では曖昧になりつつあります。
    はっきりとした定義はなく、具体的な解釈はそれぞれの工務店に委ねられています。

    リフォーム = 小規模
    リノベーション = 大規模

    というニュアンスで説明している工務店が多いようです。

    また、改修後の建物の性能が以前よりも上がる場合をリノベーション、あくまで原状回復に留まる場合をリフォームと呼び分けている工務店もります。

    不動産関連にお勤めの方で明確な定義があったら、
    コメント欄からご教示ください~。
    (。・∀・)ノ

    リフォームのほうが小規模でおさまるケースが多いので、コスト的にはリフォームのほうが安くすむのが一般的です。

    例えば先ほどの一軒家の貸家であれば、

  • もともとの二階建て状態から三階建てに建て増しする

  • 入口のドアを二つにして二世帯で住めるようにする


  • など、今までと違う用途、目的で住めるようになるのであれば、リノベーションと言えそうです。

    でも、6畳の隣り合った部屋二つをぶち抜いて12畳の広さのリビングにする場合などは、リフォームともリノベーションとも言えそうですよね。

    ちなみに、もともと住宅だったスペースをオフィスとして利用したり、オフィスだった空間を住まいとして改修したりすることをコンバージョンと言います。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はリフォームとリノベーションの違いについて紹介しました。
    リフォームは原状回復、リノベーションは刷新、といった大まかな呼ばれ方の違いはあります。

    ですが、どこからどこまでがリフォームで、何を行うかとリノベーションになるのかなどのはっきりした区別はないのが現状です。

    リフォームとリノベーションの違い

    名称 リフォーム リノベーション
    規模 小規模 大規模
    内容 修繕、現状回復 刷新、フルリニューアル
    工賃 高い もっと高い

    我が家もリノベーションしてみたいものですが、お金がすごいかかってしまうのと、いろいろなところに手を出すので、工事期間が長くなってしまうのがデメリットですよね。

    工事している間はお金はかかってしまっている一方で誰かに住んでもらうことももちろんできないので、どうしてもささっとするリフォームでとりあえず住めるようにしてまた貸し出すことの繰り返しになってしまいます。

    新しい家を買う!

    という場合は、リノベーション済みの案件を探してみるのもアリですね。

    もし気に入った間取りのものがあれば、新築物件の70%ほどの価格で家やマンションを購入することができます。

    ただし、中身や機能は最新の状態でも、築年数時代は古いものが多いですので、その辺はよく調べて注意して購入する必要があります。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ