しみとそばかすの違い!消す方法には違いがあるの?

Sponsored Link




女性の大敵であるしみそばかす

よく一緒くたにされがちですが、
この二つはどのような違いがあるのでしょうか。

null

しみとそばかすでは、原因や消すための方法も違ってくるのでしょうか。

今回は、女性のお肌の悩み、
しみとそばかすの違いについてまとめました。

まずはしみの方からみていきましょう。


Sponsored Link





しみについて


しみの原因を一言で言うと、紫外線による色素沈着です。

人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっています。

このうち、表皮と真皮の間にある色素細胞(メラノサイト)が強い紫外線を受けることでメラニンをつくりだし、肌の色を変えてしまいます。

通常は皮膚の新陳代謝によってメラニンは垢として体外に排出されますが、加齢体調不良によってそのサイクルが阻害されると変色した色素が表皮のすぐ下に定着してしまいます。

これがいわゆる「しみ」です。

しみができるのは、肌の新陳代謝がうまくいかなかった結果なんですね。
紫外線によって一時的に色素沈着が起こった状態が日焼けとなります。

    しみ = 加齢現象

というイメージが強いようですが、それはある意味であたっています。

年齢を重ねると肌の新陳代謝のサイクルが遅くなり、メラニンが表皮に留まりがちになります。
若い女性にしみが見られないのは、新陳代謝が活発で、皮膚細胞の入れ替わりが順調に進んでいるからなのです。
(^-^)h

しみは後天的につくられる


これが大きなポイントですね。
では次にそばかすについてみていきましょう。

Sponsored Link


そばかすについて


そばかすも、つくられるメカニズムはしみと同じです。

しみとの決定的な違いは、形成される年齢です。

しみは30代以降からできやすくなりますが、そばかすはおもに幼少期から思春期にかけてつくられることが多いようです。

また、遺伝による影響も無視できません。

といっても赤ちゃんの時からそばかすが表れるのではなく、紫外線に弱い肌質を受け継いだ結果、だんだんにそばかすが目立ちやすくなる、という感じです。


見た目も大きく違います。

しみはわりと広い範囲で肌が黒ずみますが、そばかすは細かい斑点がぶつぶつとまとまっているように見えます。

個人的なイメージですが、そばかすのほうが可愛らしく見えるんですよね。
ジュディ&マリーの「そばかす」がもし「しみ」というタイトルだったら、なんだかイメージがあまり良くないですもんね。

思春期のあたりに出てきてしまうけど、それは太陽をいっぱい浴びてる証!
のようなイメージが刷り込まれているのかもしれませんね。

Sponsored Link


消す方法について


では、次のしみとそばかすを消す方法についてみてみましょう。

しみやそばかすができる原因やタイミングに違いはあるものの、濃くなってしまうメカニズムは同じです。

なので、すでにできてしまっているしみやそばかすを消す方法同じとなります。
これを消したいという場合は、外科的治療と内科的アプローチがあります。

レーザー治療

外科的治療の代表はレーザー療法です。

レーザー光線の力でメラニンにダメージを与え、しみやそばかすを目立たなくします。

ただし、色素細胞そのものは残るのでメラニンの生産を完全に抑えることはできず、定期的な通院が必要になります。

また、「炎症性色素沈着」という副作用にも注意が必要です。

光療法

もう少し負担の少ない治療法として、光療法(IPL療法)があります。

IPLとよばれるフラッシュライトを肌に照射してしみを薄くするもので、副作用はあまりありません

光治療の中にもさまざまな治療法があり、光と高周波を同時に照射して、お肌に光エネルギーを取り込ませて再生能力を高めるフォトRFや、フラッシュランプから照射される光の熱でしみやそばかすの原因となるメラニンの排出を促し皮膚の再生を早めるラムライトなどがあります。

ただ、こちらも定期的な通院が必要になり、半年ほどは治療をつづけることになります。

飲んで治す

内科的アプローチでは、薬効成分などを利用することで肌質の改善およびメラニン生成の抑制をめざします。

しみやそばかすになる原因は紫外線のほかにも、ストレス睡眠不足にきびの炎症などさまざまなものがありますが、共通しているのは肌へのダメージですよね。

特にビタミン不足になると、途端に肌へのダメージが大きくなります。なので、ビタミンCやビタミンEを積極的に摂ると消すとまではいかなくても、かなりのダメージ軽減となります。

薬局で手に入る代表的なものとしては、チョ○ラBBやハイ○オールCなどが有名ですね。

Sponsored Link


まとめ


今回はしみとそばかすの違いについて紹介しました。

しみは後天的で、そばかすは先天的。
これが大きな違いですね。

形成のメカニズムや治療法はほぼ同じで、完全に治すにはそれなりの時間がかかります。

紫外線はお肌の大敵!

とはよく言ったものですが、まさにそれを裏付ける結果となりました。

なので、できてしまったしみやそばかすを消す方法ついては、医療的なアプローチをとるのが一番の近道ですが、

  • 強い紫外線を浴びない

  • 日頃から肌を清潔に保つ

  • などの対策もとても重要になってきます。

    いちどできてしまうと、どちらも濃くなると改善するのに時間やお金がかかってしまいます。
    そうならないためにも、日ごろから肌の手入れはこまめに行っておきたいものですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ