戸籍謄本と住民票の違い!住所を調べたい場合はどうする?

Sponsored Link




役所ではなまざまな証明書類の発行ができますよね。

  • 結婚
  • 引っ越し
  • 相続
  • 就職

  • 人生の節目節目で、役所に行っては必要書類を集めます。

    null

    身分を証明する書類としては、戸籍謄本住民票がありますが、
    この二つはいったいどのような違いがあるのでしょうか。

    それぞれ、どんな内容の違いがあるのか。
    また、どんな時に必要になるのか。

    今回は、戸籍謄本と住民票の違いや、
    過去に住んだことのある住所を調べる方法についてまとめました。

    Sponsored Link



    戸籍謄本と住民票との違い


    さて、まずは戸籍謄本(抄本)住民票の違いについてみてましょう。
    戸籍謄本(抄本)と住民票では、記載されている情報に違いがあります。

    戸籍謄本について

    戸籍情報には以下のものが含まれます。

      戸籍謄本に含まれる情報

    • 出生地と届出人
    • 両親の名前
    • 妻と子供の名前
    • 続柄(戸主との関係性:妻、長男など)
    • 婚姻歴、離婚歴

    ざっとみて分かりますが、全部こう、重い情報ですよね…。

    戸籍はその人の出生や存在をはっきりと記しているもので、これ以上ない身分証明になります。

    使用する目的も、

    私は本当に本人なんですよ

    ということを証明するための、
    人生の大きな節目となるときに使う場合が多くなります。

    戸籍謄本(抄本)の主な利用目的

    • 婚姻届
    • 離婚届
    • 養子縁組
    • 相続関係
    • パスポートの新規発行

    Sponsored Link


    住民票について

    対して、住民表の方はどうでしょうか。
    住民票には以下の情報が含まれます。

    • 住民となった年月日
    • 住民票届出の年月日や前の住所

    はい。
    戸籍情報とはずいぶん違いがあることがわかりますね。

    戸籍情報にあった出生地や婚姻歴などは特に書いておらず、

    今、どこに住んでいるか
    前、どこに住んでいたか

    などの証明するのが住民票となります。

    なお、世帯主の名前や本人との続柄と戸籍の情報も一緒にでますが、省略することも可能です。

    戸籍謄本の方は、本人が存在していることを証明するものですが、住民票の方はどちらかというと、

    今、ちゃんとここに住んでいるということを証明するもの


    というイメージですね。

    住民票の主な利用目的

  • 不動産購入
  • 運転免許取得
  • 就職時の提出書類
  • その他サービスの申込等

  • 戸籍謄本と比べると、住民票を証明書として使用するケースは多岐にわたります。

    お金を払ったりもらったりする場合などに、最悪の場合相手の居場所を知っておく必要がありますよね。嘘のことを書かれて逃げられたんじゃたまりません。

    そんな場合に、

    私はここにちゃんと住んでいますよ

    と、公的な証明となるのが住民票です。

    また、国から見ても住民票の情報はとても大切で、選挙、税金、国民健康保険、年金、など行政サービスの基礎情報となっています。

    Sponsored Link


    戸籍の附票について


    戸籍の一つの種類として附票(ふひょう)があります。

    この書類には戸籍に載っている人の、
    現在住んでいる住所が書かれています。

    なので、この附票を使えば自分の直系親族の居場所を知ることができます。

    また、数回引っ越しをした際に、いくつか前の住所を確認したい時なども、この附票で過去に自分が住んでいた正確な住所を確認することができます

    附票は住民表で住所の変更履歴の保存期間が切れてしまった場合や、車の名義変更をする際によく利用されます。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、戸籍謄本(妙本)と住民票の違いについて紹介しました。
    ざっくりとまとめるとそれぞれ以下の用途となります。

  • 戸籍謄本 = 本人と家族との関係性を表すもの

  • 戸籍抄本 = 本人の身分を証明するもの

  • 個人の住民票 = 本人の住所の移り変わりを表すもの

  • 世帯全員の住民票 = 本人や家族の住所の移り変わりを表すもの

  • 戸籍謄本(抄本)と住民票には使用目的の違いがありました。戸籍情報は国籍や私という人物が存在している証明として使われるのに対して、住民票はサービスを利用する時などに、今どこに住んでいるのかを証明するための書類となります。

    戸籍謄本(抄本)には現在の住所などの記載はありませんが、住民票には今住んでいる場所+前住んでいた場所の情報も記載されています。また、住民票には戸籍情報を載せた状態で発行することもできますが、戸籍情報のように先祖の血縁関係などを追跡することはできません。

    null

    住所の細かい情報が載っていない戸籍謄本ですが、戸籍の附票を取り寄せれば、生まれてから現在までのすべての自分の引っ越し先(住んだ場所)がどこだったかを調べることができます。

    もう5回引っ越してるけど10年前に住んでいた住所が知りたい

    という場合は、住民票だと調べることができないため(※住民票は除票になってから5年間しか保存されない)戸籍の附票を取り寄せればイッパツで過去住んだ町の住所すべてを知ることができます。

    なお、戸籍謄本(抄本)と住民票は入手場所も違います。

    住民票は、今住んでいる住所の役所で管理しているのに対して、戸籍謄本(抄本)は本籍地の役所で管理しています。本籍地がわからないという場合は、現在住んでいる役所を通じて確認も可能です。

    戸籍謄本(抄本)と住民票の入手方法

    戸籍謄本(抄本) → 本籍地の役所
    住民票 → 今住んでいる地域の役所

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ