サラダ油とオリーブオイルの違い!代用はできるの?使い分けはするべき?

Sponsored Link




揚げ物や炒め物に必要不可欠なサラダ油
料理に使う油としてはオリーブオイルもありますよね。

オリーブオイルは健康やダイエットに良いというイメージが強いですが、
サラダ油とは何がどう違うのでしょうか。

また、サラダ油をオリーブオイルで代用しても問題ないのでしょうか。

null

と、いうことで!

今回はサラダ油とオリーブオイルの違いや、
上手な使い分けなどをまとめました。

それではさっそくみていきましょう!


Sponsored Link





サラダ油とは?


サラダ油は植物を原料として抽出された植物油のこと。
バターやマーガリンと違い、低温化でも固まらないように精製されています。

原材料としては、

  • 油菜
  • 綿実
  • 大豆
  • ごま
  • ひまわり
  • トウモロコシ

などがあり、2種類以上の原材料を混ぜ合わせた調合サラダ油もあります。
これらはJIS規格で何をどれくらい使えば「サラダ油」と名乗れるかが決められています。

なので、オリーブ油や椿油のみが使われているサラダ油は存在しないということですね。(^-^)h

サラダ油の特徴は先ほどの、

凝固しないように作られている


というのがポイントで、
なにかしらの化学的処理が行われているケースがほとんどなのです。

つまり、加熱したり、化学薬品を加えて油を抽出したり、さらに不必要な成分を取り除く化学的成分を加えて濾過したりと、いろいろな手が加えられているわけです。

上記のような手が加えられているため、
意図的に味や臭いにクセがない仕上がりになっています。

名前の通り常温で「サラダ」用としても使えるサラダ油ですが、
加工食品であるため、できれば炒めたり焼いたりと、
過熱する料理に使いたいところです。

Sponsored Link


オリーブオイル(エクストラバージン)とは?


オリーブオイルとはオリーブの果実から抽出されて作られた植物油のこと。

サラダ油との違いは、もちろん使ってる原料もありますが、
熱処理を加えていないというところに大きな違いがあります。

オリーブの実は絞って置いておけば、油分と水分を含む他の成分が分離します。
つまり、加工せずに自然な油として抽出できるわけですね~。

油ではありますが、実からとったジュースのようなもので、
そのまま生で飲むこともできます。

また、オリーブオイルには酸化されにくい、

オレイン酸

が多く含まれています。

このオレイン酸は他の食用の油脂に比べて酸化されにくく、
固まりにくい性質を持っています。

なので、抗酸化作用があり、身体のサビを除去してくれる効果があるのです。
(^-^)h

栄養も豊富で、オリーブの果実の栄養素である、

  • ビタミン類
  • βカロチン
  • ポリフェノール

  • などが含まれています。

    Sponsored Link


    オリーブオイルとエクストラバージンオイルの違い


    さて、先ほど紹介したオリーブオイルですが、

    (エクストラバージン)


    と書いてあったことにお気づきになりましたでしょうか。

    そうなんです。
    オリーブオイルには二種類あって、

  • 普通のオリーブオイル

  • オリーブオイルエクストラバージン

  • があります。

    何が違うのかというと、

    普通のオリーブオイルはサラダ油と同じように、
    化学薬品を加えて油を抽出するなど、
    人工的な手が加えられています。

    ここでは詳しくは述べませんが、石油を使ったり、ショウ酸を使ったり、
    脱酸の為にカセイソ-ダなどでアルカリ処理をしたりします。

    そうすると、せっかくの油がもともと持っている栄養素が壊され、
    失われた天然のビタミンEの代わりに酸化防止剤添付されます。

    これはあまり体に良いものではないことは明白ですね・・・。
    一説には、アレルギーや疾患の原因ではないかと言われています。

    対して、オリーブオイルエクストラバージンの場合は、
    こうした化学処理を行わずにオリーブをつぶして油を収集する、
    圧搾法が使われています。
    (と、信じています。)

    null

    そうして出来たオリーブオイルエクストラバージンは、
    オリーブの香はこのるものの、
    人体に悪影響がない、ピュアな油として使えるわけですね~。

    なので、我が家では食用の油としては、
    オリーブオイルエクストラバージンをいつも使っています。

    これですね。

    Amazonにリンクします。


    サラダ油とオリーブオイルの違い


    サラダ油オリーブオイルもどちらも植物油ですが、原材料に違いがありました。

    サラダ油は大豆や油菜、ごまなどから作られているので、

  • キャノーラ油

  • ごま油

  • 紅花油

  • などの製品もサラダ油の仲間になります。

    種類がたくさんあり、クセのないものは、
    色んな料理に使えるという特徴があります。

    ・・・・・・・

    一方、オリーブオイルはオリーブから作った植物油のことで、
    オリーブの爽やかな香りが特徴です。

    また、リノレン酸を多く含むので抗酸化作用があり、
    また身体に油が吸収されにくい効果もあります。

    オリーブオイルを使い続けることで血中コレステロールが低下するという研究結果も出ています。


    また、オリーブオイルには、普通のオリーブオイルと、
    オリーブオイルエクストラバージンに分かれています。

    普通のオリーブオイルは他のサラダ油と同じように
    化学的な工程を経て作られていますが、

    オリーブオイルエクストラバージンはオリーブの果実を搾って作られており、
    オリーブの栄養そのまま、ジュースのようにパンに塗ったり、飲んだりもできます。

    null

    使い分け方法について


    サラダ油もオリーブオイルも食用油なので炒め物や揚げ物に利用することはできます。

    しかしオリーブオイルはオリーブの果実特有の香りがあるので、もとの食材の風味を大切にしたいときや、繊細な味わいの料理(生のものなど)の際には向かないかもしれません。

    オリーブオイルには酸化しにくいという特徴があり、
    サラダ油に比べると酸化のスピードが遅くなります。

    代用について


    サラダ油がないときにオリーブオイルで代用することは可能です。
    ただ、先にも書いたようにオリーブオイルには独特の香りがあるので

    オリーブオイルで代用したけどちょっと香りが強すぎて合わないな

    という可能性はあります。

    また、オリーブオイルは

  • 身体に油を吸収させない

  • 身体に油を残さない

  • という特徴があるので、サラダ油で代用した場合に

    前に食べたときより胃にもたれるな・・・

    と感じることもあるでしょう。

    代用は問題ありませんが、適材適所であり、
    食材との相性を考えてから代用した方がよさそうですね。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はサラダ油オリーブオイルの違いや、
    上手な使い分けなどを紹介しました。

    サラダ油もオリーブオイルも植物油という点では共通していますが、
    香りや材料、またそれに含まれている栄養素に違いがありました。

    また、サラダ油や普通のオリーブオイルは、
    化学薬品が使われていることがほとんどなので、
    そのまま生食するのはあまりおすすめできません。

    焼いたり炒めたりして、熱処理を加えて使うのがおすすめです。

    サラダなど生食に使うのは、少しオリーブの香は強くなってしまいますが、
    オリーブオイルエクストラバージンを使うのがおすすめです。

    サラダに絞ったレモンと塩をかけて、
    オリーブオイルエクストラバージンをちょろっとかけて食べても結構イケますよ!
    ( ̄- ̄)b

    我が家の場合は、

    我が家の油の使い分け

  • 天ぷらなど油をそのまま全部口に入れないものにはキャノーラ油

  • 炒め物やドレッシングなど全部食べる物にはオリーブオイルエクストラバージン

  • と、使い分けています。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ