行政書士と司法書士!難易度の違いは?仕事内容は?年収は?



行政書士と司法書士の違いってなんだろう?



そうだ!法律を扱う仕事に就こう!

と、思ったら、とらなきゃいけない資格は、

  • 行政書士

  • 司法書士



  • ですよね(^^

    司法書士の方が行政書士よりも、試験が難しい。

    と、良くきくけど、具体的に何が違うのかって、
    意外と答えられる人って少ないです。

    そこで、今回は、行政書士と司法書士の違いについて

  • どれくらい難易度が違うのか

  • 収入の差はどれくらいあるのか

  • 仕事内容はどう違うのか



  • という点をリサーチしました!

    これから勉強を始めようかな~

    という人は、事前にチェックしておきましょう!

    さっそくいってみましょう!

    Sponsored Link



    難易度の違いについて


    行政書士試験の必要勉強時間1000時間だとすると、
    司法書士試験は5000時間だと言われています。

    もちろん、上記の時間を勉強すれば、
    受かるってもんでもありません。

    受かる為に必要な情報量を網羅するのに、
    必要な時間ってことですね(^^;

    合格率から見ても

    行政書士試験は6~8%ですが、
    司法書士試験は2~3%

    記念受験などの人をのぞいたとしても、
    かなり、厳しい合格率なのです(^^;

    収入の差について


    次に、司法書士と、行政書士は、
    どちらが儲かるのでしょうか?

    答えは!





    なんともいえません(^^;

    というのも、試験に合格した後、
    どちらの資格を取るかで働き方が違うのです。

    司法書士の資格を取ると、
    比較的、就職先はたくさんあります。

    ですが、行政書士の資格を取っても、
    就職先は、まずないと思っていいでしょう!

    なぜなら、行政書士の資格を取って、
    それを仕事にする場合は

    = 独立開業

    となるからです(^^



    なので、何も下調べしないで、行政書士の
    資格だけとると、大変な目にあいますよ!

    必要なのは、コネクション才覚です。

    飲食店の店長ではないですが、

    人気が出れば儲かりますし、
    自分から動かなければ干からびます(^^;

    最初の内は、知り合いのつてや、
    以前の仕事仲間との付き合いで、
    なんとかなるかもしれません。

    しかし、自分のビジネスモデルの確立し、
    何かの資格に特化していないと、
    生計を立てるのはかなり厳しいです。


    対して、司法書士は就職に有利です。

    大きな会社や、金融不動産系であれば、
    司法書士の持つ、法律の知識が活きるからです。

    仕事ぶりによって、収入はピンキリになりますが、

    一般的には、行政書士より、司法書士の方が、
    年収は高くなる傾向があります。

    Sponsored Link


    仕事内容の違いについて


    司法書士も行政書士も、法律を駆使して、
    弱者を守る。という点では、同じです。

    しかし、その業務内容には、かなり違いがあります。

    Sponsored Link


    司法書士のお仕事

    司法書士の仕事内容としては、
    不動産登記商業登記が主な業務です。

    家を買ったり、会社を立ち上げた時に、
    必要になるのが役所への登記

    でも、素人が登記方法なんて知りませんよね(^^;

    そこで登場、司法書士。

    司法書士資格を持っている人であれば、
    出さなければいけない書類の代筆ができるのです!

    その他にも、司法書士は、個人、団体の、
    財産の管理ができます。

    管理だけでなく、自己破産債務整理など、
    法務局や裁判所に提出する書類の作成・登記ができます。

    この仕事は、司法書士の独占業務で、
    行政書士にはできないのです(--)h

    Sponsored Link


    行政書士のお仕事

    それでは、次に行政書士の仕事内容をみてみましょう。

    行政書士の場合に多いのは、

  • 会社の設立の手続き

  • 建築物を立てる時の許可申請

  • 外国人の在留許可申請

  • 著作権登記



  • などですね。

    なかでも、今アツいのは、外国人の入管関係

    グローバル化が進んだのと、
    中国の情勢の変化などにより、

  • 日本への在留

  • 日本への帰化


  • を希望する中国人、韓国人は、
    これからどんどん増えて行くと予想されます。

    せっかく資格をとっても、
    なかなか仕事がない行政書士。

    でも、行政書士試験の勉強と一緒に
    中国語か、韓国語をマスターできるのであれば!

    あなたの才覚次第では、結構、
    明るい未来が待ってるかもですよ!!

    興味がある人は、

    行政書士 帰化 方法」で検索すると

    法律事務所の検索結果がわんさか出てきますので、
    行政書士がどんな仕事をしているのか参考にしてみてくださいね(^^

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ