宛名の書き方!返信用封筒に書くのは「行?」「宛?」返信時の宛名マナー紹介!



会社間でやり取りする郵送物って決まり事が多くて面倒ですよね。

個人だったら「様」にしたり、
会社宛だったら「御中」にしたり。

さて、今日のお話はお客さんに返信封筒を返してもらいたい時。

切手を貼って、自分の会社の住所と宛名も書いて…。
と、ここでふと疑問が。

自分宛に返信封筒を戻してほしいときは、「」と「」どちらで書いた方がよいのでしょうか。

null

なんだかどちらでもよいような気もしますけど、
決まり事などはあるのでしょうか。

と、いうことで!

今回は、相手から返信をもらうための返信用封筒の書き方についてまとめました。
併せて、返信用封筒を返信する時のマナーについても紹介します。


Sponsored Link





返信用封筒に書くのは「行?」「宛?」


返信用封筒の表の真ん中、自分の会社の名前の下に書くときにどちらにするか迷う、

」と「」。

調べてみると、

「行」はちょっと堅い感じでビジネスで使われることが多く、
「宛」の方は法人以外の個人同士のやり取りで使われることが多くなっていました。

    :ビジネス寄り
    :個人寄り

とはいえ、どちらがあっている、間違っているということはなく、どちらで書いても問題はありません。

「行」「宛」どちらで書いてもマナー違反ではない


ただ、「行」だと、確かに形式ばった印象を受けますね。

個人的なやり取りを多くしている場合は「宛」の方が柔らかさを感じさせるかもしれません。

また、相手の名前が「博行」など、名前の最後に「行」が入っている場合は、「行行」となってしまいややこしくなるので、宛を使った方がしっくりきます。

・・・・・・・

さて、こちらから送る場合の返信用封筒の「行」と「宛」の使い分けはバッチリですが、受け取った方はこれまた修正が必要だったりします。

つまり、受け取った返信用封筒の「行」か「宛」を二重線で消して、「様」「御中」などと修正します。

次に、返信用封筒を返信する時のビジネスマナーも見てみましょう。

Sponsored Link


返信用封筒を返信する時の宛名はどうする?


さて、それでは次に、受け取った返信用封筒を送り返す時のマナーについてみてみましょう。

null

まず、相手に送る返信用封筒にはすでに「宛」か「行」が書いてあります。

えっ、相手の方がお客様なのに呼びすてっぽくて恐縮だな。

という場合は、「宛」や「行」を横二重線で消して、

相手が個人の場合は「」。
相手が会社や部署など1人でなく複数いる場合は「御中」を書きます。

ちなみに、たまに「殿」と書かれる場合がありますが、「殿」は目上の人が目下の人に対して使うもの。

受け取った方は、

おおぅ、この人なんだか偉そうな感じだな。

と感じさせてしまうので、殿を使うのは避けましょう。

Sponsored Link


返信用封筒に最初から「様」をつける場合も


日本の文化ってややこしいですよね。

個人、法人、一人、団体などで、行、宛、様、御中など使うべき言葉が変わったりします。

それが日本語のややこしくもあり、また面白い部分でもあるのですが、最近では新しい気遣いの方法も生まれてきています。

どんなケースかというと、

相手にわざわざ二重線をひいて書き直してもらうのは手間がかかって恐縮なので

という理由で行が最初から二重線で消されて様に書き直されている返信用封筒が届く場合があるのです。

なんとも、気遣いの先を気遣った、日本でしか起こりえない気遣いですね(笑)。

気持ちはわかるのですが、個人的には少し行き過ぎかなぁと思います。
相手のことを気遣ってのこととは言え、結果的には自分に様をつけているわけですから。

裏の裏、そのまた裏だ!

っていう感じの、気遣いの読みあいですよね。

さらに言ってしまうと、返信用封筒を送り返す際、「宛」や「行」を「様」や「御中」に書き直して送り返さず、そのまま「行」か「宛」で返信しても特にマナー違反とはなりません。

返信時に直さなくてもマナー違反にはならない


ここで書き換えるのは、あくまで「返信用封筒を用意してくれた相手に対しての敬意」を示すためであって、相手は別に敬意を示してほしがってるわけではありませんから。

それよりも、相手から依頼された返信自体を忘れずに、早めに返してあげた方が、相手にとっても嬉しい行為となります。

Sponsored Link


まとめ



今回は返信用封筒に「行」と「宛」のどちらを書くべきか。
また、返信用封筒を受け取った側が返信する時のマナーについて紹介しました。

返信用封筒に書く「行」と「宛」

基本的にはどちらを使っても問題ない。


しいて言うのであれば、

:ビジネス間でのやり取りの場合
:個人的なやり取りの場合

返信用封筒の「行」と「宛」を修正して送り返す場合

:個人に送る場合(会社内の個人の場合も「様」)
御中:企業や団体、部署に送る場合

ということでした!

日本のビジネスマナーは本当にややこしいですよね。

気遣いが気遣いを生んで、余計な手間が生まれているような気がしてなりません。
ただ、そんな中でも、マナーをとても重要視する人がいるのも事実。

余計な怒りを買ったりしないよう、また、スムーズに事が運ぶよう、最低限のマナーは身に着けておきたいものですね。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ