バルサンとアースレッドの違い!ダニ用ならどっちがおすすめ?効果は違うの?



なんか…腕がかゆい…

と、思ったら腕だけじゃなく、足にも…。

そう。
梅雨はダニの繁殖期!

ダニにさされると赤いプツプツができて、蚊に刺されたよりもかゆくなります。

下手にひっかいてしまうと最悪、
跡になって残ってしまう場合もあります。

もーいやだ!部屋から一切のダニを駆除したい!

null

とそんな時はもう最終手段、

バルサン

ですよね。

あれ?
でも似たような商品にアースレッドもあります。

バルサンとアースレッド。

この二つにはいったいどのような違いがあるのでしょうか。
今回はこの二つの商品の違いについてまとめました。


Sponsored Link





バルサンとアースレッドの違いについて


それでは、まずはバルサンとアースレッドの違いについてみていきましょう。

それぞれのホームページを見てみると~、

バルサンについて

バルサンの方はまず「家庭用」と「業務用」に分かれています。

また、ゴキブリ用に重きが置かれていて、
その次にゴキブリ・ダニ・ノミの総合駆除用で、

  • 香りあり
  • 香りなし

  • に分かれています。

    アースレッドについて

    対して、アースレッドの方を見てみると、業務用は小さくまとめてあり、家庭用がメインになっています。

    また、製品も細かく枝分かれしており

    • ゴキブリ用
    • ハエ・蚊用
    • ダニ・ノミ用
    • アリ用
    • ネズミ用
    • ハチ・ムカデ・クモ用
    • トコジラミ(ナンキンムシ)用

    などなど。
    細かく分類がされています。

    なんだかちょっと親切な印象を受けますね。^^

    効果についてはそれぞれに強力版、通常版などが用意されており、
    どれを選ぶかによって変わってきますが、同等製品ではそんなに変わりはないようです。
    バルサンの方が、広範囲にわたって使いたい時の商品ラインナップが豊富ですね。^^

    アースレッドの方だと、「ダニ・ノミ用」専用の製品が売っているので、
    家庭用に使う場合にはこちらがおすすめです。

    どちらも第二塁医療薬品に指定されているため、薬局やドラッグストアで購入することができます。

    で、どれにしようかと悩んだ時に、いくつかのタイプに商品が分かれてかれています。

    Sponsored Link


    商品のタイプ「煙タイプ」「霧タイプ」


    どちらも共通しているのが、

  • 煙タイプ

  • 霧タイプ

  • の二つがあることですね。

    煙タイプの特徴

    煙タイプは殺虫剤の粒子が細かいので隙間などにもバッチリ届きます。

    ただし、部屋内に浸透するまで時間がかかるため、煙が出てから2~3時間待つ必要があります。

    また、煙タイプだと火災警報器がなってしまうことがあるので、使う部屋に警報器がある場合は前もってカバーをかけておく必要があります。

    霧タイプの特徴

    では、霧タイプはどうかというと、使った後も効果が持続しやすいというメリットがあります。

    あとは、煙タイプのようにモクモクならないので、マンションなどでも気軽に使うことができます。

    待ち時間が1時間と短いのもメリットの一つですね。

    霧タイプの方は火災警報器がなる心配はありませんが、こんどはガス漏れ警報器にカバーをかける必要があります。

    デメリットとしては、透明なプラスチックケースや棚が変色してしまうことがあります。
    お手軽ではあるけど、しっかり、より安全にやりたいというのであれば煙タイプの方がおすすめです。


    どちらのタイプを使うにせよ、部屋中に薬品を充満させるため、家具や布団などには臭いが付かないようにする注意が必要です。

    家にあるそれぞれの家具をどうするべきかについては、こちらの一覧表がわかりやすいのでご参考ください。

    >> ご使用前の準備早わかり表

    以下に煙タイプと霧タイプの違いを表にまとめました。

    煙タイプ 霧タイプ
    メリット 粒子が細く部屋の隅々まで効く 煙より効き目が長持ちする
    注意点 火災報知器にをカバーする ガス漏れ警報器にカバーをする
    向いてる条件 一軒家 マンション・アパート
    待ち時間 2~3時間 1時間

    Sponsored Link


    ダニを発生しにくくするには?


    こりゃもうどうしようもない!

    という場合には、バルサンやアースレッドで一網打尽という手もありますが、普段からダニを発生しにくい環境づくりを心掛けることも大切です。

    ダニがなぜ発生するかというと、そこにエサがあるからですね。

    特にダニが発生しやすいのはカーペット。
    こまめに掃除機だけでなく、コロコロでも掃除しておくのがポイントです。

    null

    また、ダニが苦手なものといったらなんでしょうか。

    ・・・・・・・

    答えは「」です。


    ダニはとても小さい生き物なので、少し熱めの熱をあてるだけで退治できます。

    そんな時におすすめのアイテムが布団乾燥機です。
    布団はもちろんのこと、カーペットやじゅうたんなども、布団乾燥機を使って、

    ブオーン!!

    と熱をあててダニを死滅させてしまいましょう。
    スポット部分であればドライヤーの熱でも有効です。

    バルサンやアースレッドは効き目はバツグンですが、面倒なのが玉にキズ。
    まずは布団乾燥機で怪しいものをすべて熱して数日様子をみてみるのも一つの方法です。

    布団乾燥機を使った後は、ダニの死骸が出るため、かならずコロコロを使うか、掃除機でしっかり吸うようにしましょう。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はバルサンとアースレッドの違いについて紹介しました。

    効果についてはそれぞれの製品に強力版、通常版などが用意されているのでどれを選ぶかによって効き目に違いがでてきます。
    また、アースレッドの方だと、ダニ専用のものがあるのでこちらをチョイスするとよいですね。

    どちらの商品にも煙タイプと霧タイプが用意されており、それぞれにメリット、デメリットがあります。自身の環境に合わせてあった方をチョイスするようにしましょう。

    原因がなんとなくわかっている場合は、対象のものを布団乾燥機やドライヤーを使った後に掃除機で吸ってしっかりダニを撲滅させるのも一つの方法です。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ