ブドウ糖と果糖の違い!砂糖になるのはどっち?ショ糖とは何が違うの?



食品や飲料水の成分表示を見ていると、
ブドウ糖果糖ショ糖などと書いてありますよね。

と付くので甘いイメージがありますが、
それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

ブドウ糖は脳のエネルギーになりやすいと言われていて、
飴やタブレットなども売られていますが、他の糖とどう違うんでしょうか。

null

また、これらの「糖」は、
それぞれ身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

と、いうことで!

今回はブドウ糖、果糖、ショ糖など、
糖類の種類の違いについてまとめました。

それでは、さっそくみていきましょう。


Sponsored Link





ブドウ糖とは


ブドウ糖というのは糖の一種で、人間、動物、植物が活動するためのエネルギーとなる大切な物質。

別名グルコースとも呼ばれています。

    ブドウ糖の別名

    グルコース

果実、ハチミツ、体液中に存在していて、自然界でも最も多く存在している糖分です。
血液中のブドウ糖濃度を調べることで糖尿病、膵炎・ダンピング症候群の検査をすることもできます。

ブドウ糖は小腸から吸収されるとすぐに脳のエネルギーとして利用することができるので、すぐに血糖値を上昇させ、即席の体内エネルギーになるといわれています。

なので、脳のエネルギーをお手軽に補うためにドロップタイプやタブレットタイプのブドウ糖も販売されているのです。


しかし、いくら脳の即席エネルギーになるといっても、食べ過ぎてしまうと脳にエネルギーとして運ばれ、全身に回った後、余った分は中性脂肪として身体に蓄積されてしまいます。

食べ過ぎは禁物ですし、栄養補助食品であるブドウ糖を単体でバクバク食べるよりは自然食品から摂取した方が健康的で、肥満防止になります。

Sponsored Link


果糖とは


次に果糖についてみていきましょう。

果糖というのは名前の通り、果物などに多く含まれている糖の一種です。

ハチミツ、果実、根菜などに多く含まれていて、全ての糖の中で最も多く水に溶ける性質を持っています。

別名フルクトースとも呼ばれています。

    果糖の別名

    フルクトース

果糖は天然に存在する糖の中では最も甘く、強いコクがあり、また冷やすことで一段と甘味が増すとう性質があります。
なので、清涼飲料水や冷菓の甘みとして利用されいます。

血糖値を上げにくく、徐々に体内に吸収されるので、吸収・消費が穏やかなエネルギーといわれていて、急激な血糖値の上昇がよくないとされる糖尿病や心臓病の患者さんにも利用されてきました。


虫歯の原因菌も作りませんし、血糖値も上げないので、

果糖はブドウ糖と違って太らない

と思っている方もいますが、残念ながらそんなことはありません

果糖も過剰に摂取すると肥満になる可能性が高くなるので、やっぱり食べ過ぎは禁物なのです。

ブドウ糖と果糖の違い


さて、ではブドウ糖と果糖の違いについてまとめてみましょう。

ブドウ糖はすぐに脳のエネルギー源として使える、と言われるくらいに吸収・消費が早い性質があります。血糖値もすぐに上昇させることができます。
一方、果糖は吸収・消費が緩やかで、血糖値が急激に上昇することもありません。

すぐにエネルギーとして使いたいときにはブドウ糖が有効ですが、糖尿病などで血糖値を上昇させたくない場合は果糖がおすすめです。
しかし、糖尿病治療薬の過量服用などで低血糖などに陥った場合は、ブドウ糖の経口摂取で効果的に血糖値を上げることもあります。

果糖は強い甘みがあって、冷やすと甘みが増すという特徴があります。
ブドウ糖は果糖ほどの甘みはないので、双方を比較すると果糖の方がカロリーが高くなります。
しかし、果糖は少量でも「すごく甘い!」と舌が感じるので大量に糖分を使わないで済むというメリットがあります。

Sponsored Link


ショ糖とは何が違うの?


ブドウ糖と果糖の違いは分かりましたが、では「ショ糖」とはどう違うのでしょうか。

まず、糖質の中には分子が一つのものと、複数の分子がくっ付いているものがあります。
ブドウ糖と果糖は一つの分子をもつ「単糖類」と呼ばれるものの仲間で、ショ糖は二つの分子がくっ付いた「二糖類」と呼ばれるものの仲間なんです。

ブドウ糖と果糖 → 単糖類
ショ糖     → 二糖類

という違いがあるんですね!

単糖類は分子が一つなのでそれ以上分解できないのですが、二糖類は二つの分子がくっ付いているので身体に取り込み吸収するのに時間がかかるんです。

実はショ糖というのはブドウ糖と果糖が合体し結晶化したもの。
別名スクロースと呼ばれていて、ショ糖の結晶をさらに大きく成長させるとよくスーパーなどで見かける氷砂糖になります。

null

    ショ糖の別名

    スクロース

Sponsored Link


まとめ


今回はブドウ糖、果糖、ショ糖の違いを紹介しました。

全部糖分で一括りに考えてしまいがちですが、身体への吸収のされ方や、血糖値の上昇スピード、口で感じる甘さなど、いろいろな違いがあります。

    ブドウ糖 + 果糖 = ショ糖

と覚えておくと分かりやすいかもしれませんね!

今回紹介した糖類の特徴を表にまとめました。
( ̄- ̄)ゞ

ブドウ糖 果糖 ショ糖
別名 グルコース フルクトース スクロース
特徴 すぐにエネルギーになる 水に溶けやすくて甘い 白砂糖のほぼ全て
血糖値 上がりやすい 上がりにくい やや上がりやすい
種類 単糖類 単糖類 二糖類

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ