年棒と年収の違い!スポーツ選手は年俸?年収?

Sponsored Link




よくニュースや情報番組で、
スポーツ選手の年俸の話題が出たりしますよね。

○○選手の年俸はいくら!?

ここでは、年俸という表現をしていますが、
年収とは何が違うのでしょうか。

null

最近は一般企業でも年俸制の会社も増えてきました。
でも、普通は年収ですよね。

いったい、年俸と年収には、
どのような違いがあるのでしょうか。

今回はこの二つの言葉の意味の違いについてまとめました。


Sponsored Link





年棒と年収の違い


さて、ではさっそく違いをチェックしていきましょう。

年俸

年俸というのは企業や会社と雇用契約を交わすときに、一年を単位として定められた給与のことをいいます。

    年俸

    一年単位で定められた給与

つまり「一年間に500万の給与を支払う」という契約を交わした場合は、同じ契約で何十年働こうと、結果的に1億以上稼ごうと契約が変わらない限りは「年俸500万」となります。

日本ではプロ野球選手やサッカー選手などの報酬に対して使われることが多いですよね。
でも最近では一般の企業でも年俸契約を取り入れているところも増えてきています。

ちなみに「年棒(ねんぼう)」と間違えて書かれる場合が多いですが「年俸(ねんぽう)」が正しく、他ではあまり使われない「俸」の字を使います。

年収

一方、年収というのは一年間に本人が稼いだ収入の合計を指します。

通常は給与から税金や保険料などの控除が引かれますよね。

年収とはそういった諸々が引かれる前の金額であり、実際に手元に残ったお金は「手取り」といいます。

収入や所得など詳しい内容はこちらの記事にまとめてありますので、
よろしければ併せてチェックしてみてくださいね。
(^^ゞ



年棒と年収の違い

さて、以上を踏まえて年俸と年収はどういった違いがあるのでしょうか。

年俸は契約した一企業から一年間に貰える給与を指しますが、年収は本人が一年間稼いだすべての金額を指しています。

なので、年俸として一企業から給与を貰っていても、副業として他社からも給与を貰っていれば年俸よりも年収の額が高くなるというわけですね。

年収という大きなくくりの中に、年俸が含まれていると考えると分かりやすいですね。

Sponsored Link


どんな時に使い分けるの?


年俸と年収の違いはなんとなく分かりましたが、
どんな時に使い分けたらいいのでしょうか?

一企業としか契約しておらず、年俸イコール年収という場合はあまり使い分ける必要性がないように思いますよね。

しかし、プロ野球選手などは球団との契約の他に、スポンサー収入やCM契約収入、スポーツ番組出演料などが発生するので年俸よりも年収の方が上回ります

また、一般企業で年俸制を取り入れている場合などは、月給制や日給制とは支払いのシステムが違います。

一年間の確定した給与は貰えるけれど、契約内に能力に応じて突然給与が上がったりすることはありませんし、メリットとデメリットがあるでしょう。

筆者が勤めていた上場企業の広告代理店もこの「年俸制」でした。

月40時間の残業代は年俸に含まれており、毎月決まった額のお給料となっていました。

年俸と年収の意味を取り違えていると、会話にズレが生じることもあります。
そうならないよう、違いをしっかり理解しておきたいところですね。
(^^ゞ

Sponsored Link


年商と手取りについて


お金にまつわる言葉として「年商」や「手取り」があります。
こちらもビジネスの世界ではよく聞く言葉ですよね。

年商というのは一年間の総額売上高のこと。

商品などを販売した売上の合計額のことを指します

よく、

年商10億の社長!

など報道されたりしますが、これはあくまで10億の売上を出しただけ
なので、10億円を手に入れたというわけではないのです。

年商というのは仕入れ値や人件費などの諸々の経費を引いた額ではないので、年商10億であっても赤字という場合もあります

null

一方、手取りというのは先にも説明しましたが、年収から税金や経費などを引いて手元に残るお金のこと。

サラリーマンとして働いた場合、会社や企業から実際にもらえるお金がこの手取りとなります。

自分が手取りいくらもらってるか分からないかも!

という場合は給与から控除の分を引いた差額が手取りになるので、給与明細をチェックしてみると月の収入がチェックできます。

Sponsored Link


まとめ


今回は年俸と年収の違いについて紹介しました。

年俸と年収は似ているようですが、年俸が一年間を単位として決められた給与のことでした。

対して年収は、一年間に本人が稼いだ全体金額のこと。

年収1000万円!

といっても、収入が増えるほど税金も増えるので、
手取りは見た目よりもかなり少なくなります。

年俸というとスポーツ選手だけというイメージがありますが、最近では年俸制の会社もけっこう増えてきていて、それぞれにメリット、デメリットがあります。

会社に就職する時などは、年俸制なのか年収いくらくらいになるのか、よくチェックするようにしましょう。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ