「大いに」と「多いに」の違い!役立つ場合の正しい言い回しは?



人を励ますときなどに、

おおいに頑張って下さい!」

などの言葉を使ったりしますよね。

null

ここで使われている「おおいに」ですが、

大いに」と「多いに

どちらの漢字を当てはめるのが正しいのでしょうか。

「大いに」?
それとも「多いに」?

「大」も「多」も似たようなイメージの漢字ですよね。
どちらを使えばよいのか、迷ってしまうことって、ありませんか?(^^;

と、いうことで!

今回は「大いに」と「多いに」の違いについてまとめました。


Sponsored Link





「大いに」と「多いに」の違い


パソコンで「おおいに」と打つと「大いに」と「多いに」の2つが出てきます。

この2つにはどういった意味の違いがあるのでしょうか。

・・・・・・・

まず「大いに」は、以下のような意味があります。

    「大いに」の意味

    程度が大きい様。
    非常に。
    はなはだ。
    たくさん。
    いっぱい

非常に、たくさんという意味で使うので、

  • おおいに感謝している

  • おおいに盛り上がろう

  • おおいに頑張って下さい

  • などは「大いに」の漢字が当てはめられます。

    また「大いに楽しんで下さい」「大いに結構ですね」などの言葉には「心置きなく」や「心から」というニュアンスも含まれています。


    一方、「多いに」を調べると「多いに」という項目はありませんでした。

    「多い」の意味は、以下の通りです。

      「多い」の意味

    • 数や量がたくさんある。

    • 物事がたびたび起こる。

    • 全体の中で占めている割合が大きい

    このように「多い」は、「大きい、たくさん」という意味合いより、より具体的な「数や量」をあらわすときに使われます。

    「おおいに○○」という文章で「多いに」を使うことはないようですが、数や量をそろえる際に「多いに越したことはない」のように使うことはあります。

    しかしこれは「多いに」ではなく「多い」と「に」で分かれる言葉なので、通常であれば「大いに」の方を当てるのが正解です。

    Sponsored Link


    「役立った」場合はどっちを使う?


    では「おおいに役立った」という場合は「大いに」と「多いに」のどちらを使うのが正しいのでしょうか。

    「おおいに役立った」というのは「仕事などで尽力してくれた」「力を貸してくれて助かった」という意味となります。

    なので、「多いに」が持つ「数や量」などの意味合いより「大いに」が持つ「非常に。程度が大きい」という意味合いに近くなります。

    ですので「大いに」の方を使い「大いに役立った」の方が正解とります。

    null

    他にも「大いに」は様々な使い方があります。

      「大いに盛り上がってまいりました」

       → すこぶる盛り上がってきました。

      「そういった過激な発言は大いに結構ですね

       → 心置きなく発言してくれていいですよ。

      「その可能性は大いにあり得ますね」

       → その可能性は非常に高い確率で有り得ますね。

    ということで、「おおいに」を漢字にするときは、
    「大いに」の方を使えばOKです。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は「大いに」と「多いに」の違いについて紹介しました。

    いただいたメールに「多いに楽しんでください」という文章を見かけたのですが、これは誤字ですね。(^^;

    正しくは、

    「大いに楽しんでください」

    が正解です。

    他にも、「大いに役立った」とか「大いに飲んでください」とか「おおいに」って結構いろいろな場面で使いますよね。

    意味が少し似ているので、うっかり間違えてしまいそうですよね。
    (^^;

    多いは、具体的な数量を表すときに使うので、
    「おおいに」という言いまわしの時には、

    「大いに」

    を使うのが正解となります。

    手紙やメールを打つ時には、誤字、脱字に注意して文章を作成しましょう!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ