料理酒とみりんの違い!代用はできるの?使い分け方法もチェック!

Sponsored Link




料理に深い味わいを出してくれる大切な調味料といえば、

料理酒みりん

特に煮込み料理や汁物には欠かせません。

null

ただ、ここでふと疑問が。

料理酒とみりんってどう違うのでしょうか。

ちらも同じような料理に使いますし、
場合によっては両方入れることもありますよね。

どのような用途の違いがあるのでしょうか。
片方で代用することなどは可能なのでしょうか。

と、いうことで!

今回は料理酒とみりんの違いについてまとめました。


Sponsored Link





料理酒とみりんの違い


料理酒もみりんもスーパーの調味料売り場で売っていますが、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

null

料理酒というのは広い意味合いでは料理に使うことのできる日本酒のことを指します。

じゃあ中身はお酒売り場で売っている日本酒と同じなの?

と思ってしまいますよね。
(^^;

中には日本酒と変わらないものもありますが、料理酒として売られている商品のほとんどは料理に使いやすいように手が加えられています

たとえば、食塩が添加されていたり、香料が加えられていたりします。

お酒として飲めないように加工されているものは酒税法上の「酒類」に該当しなくなるので、課税対象から外れます。

なので、お酒よりも安い値段で買えるのです。
(^-^)h


一方、みりんというのは主に料理の調味料として用いられるアルコール飲料で混成酒(こんせいしゅ)というものに分類されます。

アルコール飲料と聞いて、

え!?みりんなんか飲まないでしょ!

と思ってしまいますが、お正月に飲むお屠蘇(とそ)のベースは実はみりんだったりします。

お屠蘇のように飲む場合もありますが、多くの場合は和食の調味料として使い、煮物に甘みや深みを出すためや、香り付けやツヤ出しに使います。

お酒として飲むこともできるので販売する場合はお酒に分類され、酒税もかかります。

ただし、アルコール1%未満で作られている「みりん風調味料」や味が加工されている「加塩みりん」などはお酒の分類にならないので酒税はかからなくなります。

Sponsored Link


代用はできるのか


さて、では次に代用が可能かどうかについてみていきましょう。

料理酒というのは日本酒にが加えられているもので、みりんというのはアルコールに糖分が加えられているものです。

なので、みりんを切らしている場合は料理酒と砂糖をまぜればみりんの味に近づきます


しかし、みりんというのはもち米に米麹を混ぜ、熟成させて作ります。
そのためアミノ酸やコハク酸が発生し、それが強いコクを生み出します。

また、まろやかさと甘みも増すので、日本酒と比べると、だいぶ甘みが強くなっています。

入っているものや製造方法が違う。
なのでまったく同じ味にするのはとても難しいのです。
(^-^;


逆もしかり。

日本酒が必要な場合にみりんで代用できるかというと、できないことはないですが、微妙な風味や味わいは変わってきます。

また、料理酒の方がお酒の濃度が高いのでタンパク質を分解する力などは高くなります。

Sponsored Link


使い分け方法について


料理酒とみりんは代用できないこともないですが、成分や性質が違うので、料理によっての使い分けが大切になってきます。

甘味を足したい場合

煮物や汁物などで甘みを強くしたいという場合はみりんを使うのがおすすめです。

もち米と麹を熟成させたまろやかな甘みがあるので、肉じゃがや煮しめにはおすすめです。

魚の臭みを消したい場合

魚を調理する際にお酒を振りかけることってありますよね。

あれはお酒をかけることで生臭さを消すという役割があるためです。

なので、魚料理の場合は料理酒の方が向いています。

またお酒にはタンパク質分解して食材を柔らかくする効果もあります。

Sponsored Link


まとめ


今回は料理酒とみりんの違いについて紹介しました。

レシピに書いてある通りに使っていると、あまり違いを意識することがすくないですが、同じお酒でも役割に違いがあります。

料理酒は日本酒の味を加工した調味料で、みりんは米と麹から作られたアルコールと糖分を含んだアルコール飲料のこと。

くさみを消したり、素材を柔らかくしたい場合は料理酒の方があっていて、甘みやコクを出したい場合はみりんの方があっています。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ