利率と利回りの違い!計算の方法は?国債の場合はどうなる?



利率利回り

債券を利用したり、投資したりする際に、
よく使う言葉ですよね。

null

この二つってどういった意味の違いがあるのでしょうか。

どちらも利益をあらわしている言葉ですよね。

しかし、

これら二つの利益分の計算方法は?

と聞かれると、いまいちピンと来なかったりします。^^;
国債の場合は計算方法やシステムも変わってくるのでしょうか。

と、いうことで!

今回は利率と利回りの違いについてまとめました。
それではさっそくみていきましょう!


Sponsored Link





利率とは


利率というのは、文字通り利益が貰える率のこと。

債券を利用する際は、額面金額に対する毎年受取る利息の割合のことをあらわします。
つまり額面金額が100万円で利息が5万円だった場合、利率は5%になります。

利率の計算方法

利率の計算方法は簡単です。

たとえば先ほどの例えでいくと100万円÷5万円×100=5となります。

「額面金額」÷「利息」×100 = 利率

と覚えておくと分かりやすいですね。

Sponsored Link


利回りとは


次は利回りについてみてみましょう。

利回りとは、額面金額だけでなく、実際の投資金額や金利の変動分、税金の費用なども考慮した際の実質的な収益率をあらわします。

例えば額面金額が100万円であっても金利の変動などで、1,001,000円に上がったり、99,000円に下がったりします。

なので、そういった実際の数値の変化が利回りに影響してきます。

利回りの計算方法

利回りの計算方法はちょっとややこしく、利息収入と償還差益を足して、償還年数で割ります。

割って出た数値が年間収益になるので、それをさらに投資金額で割り、100をかけます。

そして出た数値が利回りになります。

文章だけだとちょっと分からないですよね。(^^;
実際に計算してみましょう。

利回りの計算式

額面金額が100万円、利益2%の債券を95万円で購入し、償還まで5年であった場合。

1.

2万円(利)× 5(年)=10万円(利息収入)

2.

100万円(額面)-95(実際)= 5万円(償還差益)

3.

10万円(利息収入)+ 5万円(償還差益)= 15万円

4.

15万円 ÷ 5(年)= 3万円(年間収益)

5.

3万円(年間収益)÷95(実際金額)× 100 = 3.15%(利回り)

一気に考えるとややこしくなってしまいますが、ひとつひとつの計算はとても簡単です。

順番に計算していけば意外と簡単に利回りが分かりますよ。

しかし、実際には税金の額なども考慮しなくてはいけないのでもう少し複雑になる場合もあります。

Sponsored Link


利率と利回りの違い


利率というのは、額面金額に対する毎年受取る利息の割合のことをあらわしているので、大まかな数値は出ますが、実際の計算とは異なる場合があります。

一方、利回りというのは額面金額にプラスして実際の投資金額や金利が変動した分の差異、税金の額なども加えた際の利息の割合になります。

そうすると、大まかな計算で出る利率とは違い、とても細かい数値になることが多いです。


また、利回りというのはそのときの状況によって変動します。

なので、最初に大体の利率を計算していても利息の割合いにズレが生じることもあるので、資産運用や投資をする場合は利率より利回りを判断基準にしましょう。

国債の場合は?


国債というのは日本国が発行している債券のこと。
他の債券とは違い国が発行元なのでリスクが少ない債券だといわれています。

日本国債と個人向け国債があり、さらに個人向け国債は「固定5年」と「変動10年」があります。

一万円から投資ができたり、半年に一回ずつ年二回の利子が貰えたり、個人向け国債には買付手数料はかからないなどの特徴があります。


国債の場合の利率はまた通常の利率とは違い、クーポンレートとも呼ばれています。

半年ごと、年二回に支払われる利子の大きさをあらわしていて、一年分の利子が%で表示されます。

国債における利率というのは、その国債が発行された時の市場の実勢によって定められるので償還まで変わることはないようです。

Sponsored Link


まとめ


今回は利率と利回りの違いについて紹介しました。

利率と利回りは似ているようですが、利率というのは額面金額に対して受け取れる利息の割合のことで、利回りというのは実際の投資金額や金利の変動分、税金の費用など細かい計算も入れた上での実質的な収益率をあらわしています。

投資の際は利率だけでなく、実質利回りを参考に判断するようにしましょう。

ただし、

「利回り〇〇%!」

とか言っていても、実際には全然そこまでいかなかったり、ひどいときはマイナスになったりします。

null

国債などはかなり堅い数値ですが、巷の投資物件などはよくよく注意して検討した方がよいですね。

不自然に高い利回りの場合は、リスクについてよく突っ込んで考えたり、聞いたりするようにしましょう。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ