警察と検察の違い!捜査をするのはどっち?仲悪いってホント!?

Sponsored Link




よく刑事ドラマなどで、警察官検察官のお仕事をする人が、
両方同時に出てきたりしますよね。

この二つの組織は仲悪い!

なんて設定があったりもします。

でも、警察と検察の関係性なんて、
詳しくないとあまりピンと来ませんよね。
(^^;

null

警察検察

この二つは何が違うんでしょうか。

犯人を逮捕したり、捜査したり・・・
一体どちらがどういう仕事をしているのでしょうか。

と、いうことで!

今回は警察と検察の違いについてまとめました。


Sponsored Link





警察のおしごと


警察の仕事と言っても部署や役職によってさまざま。

ですが、事件が起こった際、現場に駆け付けたり、
最初に捜査に当たるのが警察の仕事です。

犯人を捕まえたり、聞き込みをしたり、証拠品を探したりなど、よく刑事ドラマのシーンでもありますよね。

ああいった仕事をしているのが警察です。

  • 捜査第一課

  • 捜査第二課

  • 少年課

  • 交通指導課

これらいろいろな部署があり、それぞれ刑事事件の捜査や暴力団関係の取り締まり、交通安全運動、またはそれらを予防するパトロールなどを行っています。

Sponsored Link


検察のおしごと


一方、

検察は法律に違反して逮捕された人などを取り調べ、起訴するかどうかの判断をするのが仕事です。

起訴というのは訴えを提起することであり、起訴になると被疑者を裁判にかけることができ、その判決は裁判によって下されます。

null

裁判になった場合は、担当の検察官が法廷に立ち、起訴した事件について立証するので、検察庁だけで働くわけではなく、裁判所に出向き仕事をすることもあります。

また、検察庁、裁判所での仕事みならず、証拠が不十分の場合は警察を指揮して、補充捜査を頼んだり、時には検察自ら出向いて、関係者から事情を聴き出すなどの捜査を行うこともあります。

Sponsored Link


警察と検察の違い


事件の捜査をしたり、被疑者の取り調べを行ったり、そういった仕事内容は警察も検察も共通しているように思いますよね。

実は、事件の捜査を行う公的な機関という点では警察も検察も同じなんです。

では警察と検察の違いとはどんなところにあるのでしょう?

役割の違い

警察と検察はどちらの犯罪に関わる仕事。
ですが、その役割には違いがあります。

通常、事件が起きると警察が現場に駆け付けたり、捜査をしたり、証拠を集めたりして被疑者を見つけ逮捕します。

そして逮捕の結果、留置の必要が有ると判断された場合、48時間以内に検察官に送致されます。

そして再び検察による取り調べが始まり、場合によっては捜査を行い、起訴か不起訴かを判断します。
起訴されると裁判となり有罪判決となります。

つまり通常の流れだと、

初期捜査、犯人の逮捕 留置の判断 → 警察
起訴不起訴の判断、裁判所での立証 → 検察

となります。

しかし、この流れは全てに当てはまるわけではありません。

政治犯罪、経済犯罪の場合は、初めから検察が直接捜査に入ることもあります。

仲の良し悪し

よく刑事ドラマや検察官を主人公にしたドラマで、

警察と検察は仲が悪い!

みたいな設定ありますよね。
実際に警察と検察は仲が悪いのでしょうか。

警察と検察は独立した組織であり、それぞれにきちんとした役割があります。
なので、特に組織自体が対立している、いがみ合っているということはないようです。


しかし、検察というのは仕事上、証拠不十分であったり、情報が少なかったりすると、警察に追加捜査や情報の提供を命令できるという権限があります。

逆に、警察は検察に対して情報の開示を求める権限はないので、そこで摩擦が生じる可能性はあるのかもしれませんね~。


また、警察が懸命に捜査してやっと逮捕した犯人であっても検察の判断で不起訴になってしまうこともあります。

せっかく捕まえた犯人を釈放されてしまっては、

気に入らない!

と思う警察官がいても不思議ではありませんよね。

しかし、これは法律上仕方のないことなので、
別段どちらが悪いということでもないようです。

Sponsored Link


まとめ


今回は警察と検察の違いについて紹介しました。

一般市民にとっては警察も検察も捜査をする人、取り調べをする人、という認識でしたが、事件発生から捜査の流れを見てみると、いろいろな役割の違いがありますね~。

仲が悪いなんて言われてしまうことも多いようですが、警察にも検察にもいろいろな人がいるので、絶対的に嫌い合っているわけではないようです。

実際のところはどうなのでしょうか~。

もし、実際にお仕事の警察や検察のお仕事をされてる方がいらっしゃったら、ホントのところをこっそり(?)コメントから教えていただけますと嬉しいです!

ちなみに、こんな記事も書いているので、
よろしければご参考くださいね。



今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ