破産と民事再生の違い!会社更生の場合はどうなる?



借金が積み重なって破産してしまった・・・。

悲しい話ではありますが、現実的に起こりうる問題ですよね。

お金のことですし、いつ自分がそういった立場になるか分からないので、債務整理の方法はきちんと把握しておきたいもの。

null

借金がたくさんある場合でも破産ではなく、民事再生をするという方法もあります。
この民事再生とは、いったいどういったものなのでしょうか。

破産と民事再生では何が違うのでしょうか。
また会社更生というものもあります。

・・・漢字がいっぱいで混乱してしまいそうですね。。

今回は破産と民事再生の違い、また会社更生のシステムなどについてまとめました。


Sponsored Link





破産とは?


破産というのは財産をすべて失うことを意味します。

また、債務者が経済的に困難な状態に陥り、借金の返済が現実的に不可能となった状態を指すこともあります。

そして返済が不可能だと判断された場合に、裁判所が債務者の財産を管理・換価し、債権者に公平に配分することを破産手続きといいます。


債務者本人の申し立てにより破産手続きの決定を受ける場合は、

自己破産

となります。

対して、個人でなく会社役員が会社の破産手続きの決定を受ける場合は、

準自己破産

となります。

そして債権者の申立てにより破産手続きの決定を受ける場合は、

債権者破産

となります。

誰が申し立てるか、個人なのか、会社なのかによって名前が変わってきます。

Sponsored Link


民事再生とは?


民事再生とは民事再生法に基づいた破産法のひとつです。

債務者が経済的に困窮し、借金の返済が不可能な場合、一部の借金を返済することで、残りの借金については免責され、債務者の財産も残るというものです。

借金の全額返済はとても無理だけど、家をとられてしまったら暮らすところがない・・・

というような状況もありえますよね。

そういった場合に、提示された借金の一部を返済すれば残りは減額して貰え、家などの財産を手放すことなく生活を再建することができます。

破産と民事再生の違い


破産も民事再生も借金をなくして生活を再建するための債務整理のひとつである点は変わりませが、この二つはどういった違いがあるのでしょうか。


まず破産の場合は、原則として借金のすべてが免責となります。

ただ、債務者の財産が全て換金され、債権者に分配されるので、財産は残りません。

null

一方、

民事再生の場合は借金の内、定められた金額を返済すればその他の借金は免責となり、家などの財産も手元に残ります。

ただ、民事再生の場合は、借金の一部の返済が義務付けられるので、継続して収入見込みのある人だけが対象となっています。

なので、収入のない方は民事再生の対象にならないのです。


また自己破産をすると一定期間、保険外交員や警備員などの職種に就くことができないという注意点があります。

継続した収入の見込みがあり、手放したくない家や車などがある場合、保険外交員や警備員として働いている方であれば民事再生がおすすめです。

Sponsored Link


会社更生の場合はどうなる?


会社更生というのは、会社の経営が困難な場合に、事業の攻勢を目的としてなされる手続きのことで、倒産法のひとつです。

民事再生とは、どう違うのでしょうか。


まず、会社更生の場合は財産を管理する人が財産の処分を決めます。

なので、会社の規模が大きくて債権者の数が多く、債務の整理に大変な手間がかかる場合は、その処理を一任して任せることができるというメリットがあります。

主に大きな会社、企業などが倒産する場合はこちらが適応されることが多いです。


しかし、

逆にいうと債務者本人が財産の処分に関われないので、自分自身で処分方法を選択し、倒産するにあたって関わってくる株主、スポンサーとの交渉などもタッチできません。

そういった手続きに関わりたいという場合は民事再生の方がおすすめです。

Sponsored Link


まとめ


今回は破産と民事再生の違い、また会社更生のシステムなどについて紹介しました。

破産も民事再生も債務整理の手段であることは同じですが、その内容に細かな違いがあります。

破産はすべての借金が免責なりますが、財産は残りません。

民事再生は一部の借金を返済しなくてはなりませんが、その他の借金は免責となり、財産も残ります。

会社を経営している場合は、会社更生のメリットなども把握しておきたいところですね。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ