デイケアとデイサービスの違い!要支援の場合に併用はできるの?



少子高齢化と言われ始めてもう久しいですよね。

デイケアデイサービス

こういった高齢者施設の問題も今後は重要になってきます。

さて、ゆくゆくは我が両親もデイケアや
デイサービスにお世話になることもでてくるでしょう。

と、考えた時にふと、疑問に思うことがありませんか?

デイケアとデイサービス。

いったいこの2つってどんな違いがあるのでしょうか。

確かに言われてみると、
ズバッと応えられなかったりしませんか?

null

ということで、今回はこの2つのサービスの違いについてまとめました。

まずは、デイケアの意味からチェックしていきましょう。


Sponsored Link





デイケアとは


デイケアとデイサービスは、
どちらも通所サービスになります。

通所とは、入院みたいな宿泊型ではなく、
在宅で施設に通ってサービスを受けることです。

デイケアとデイサービスは名前が違うので、
当然サービスの中身も違います。

デイケアは別の呼び方でいうと、

通所リハビリテーション


といい、主にリハビリに重点を置いています。

基本的には、自立した日常生活を送れるようにすることが目的です。

なので、在籍している職員も医師、看護師をはじめとし、

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士

  • などが在籍しています。

    内容としては、

    • 身体機能の向上
    • 歩行訓練や体操
    • またその人に応じた個別のトレーニング


    などがあります。

    そしてさらに、

    • 日常生活機能の向上
    • 寝たり起きたりの動作や着替え
    • 入浴やトイレの動作

    なども含まれます。

    これらのリハビリを行うのがデイケア、
    通所リハビリテーションというところです。

    Sponsored Link


    デイサービスとは


    対して、次にデイサービスについてみていきましょう。

    デイサービスを別の呼び名でいうと、

    通所介護


    つまり、こちらは介護に重点を置いています。

    「通所なので家に帰れば家族がいるのではないか。」
    「じゃあどんな時に使うのか。」

    という疑問が沸いてきます。

    まず、家族による介護だけでは手が届かないところがあります。

    そこを、デイサービスだと、

    • 生活機能訓練
    • 口腔機能訓練
    • 健康チェック

    といったところまでやってくれます。

    また施設に行くことで人とふれあい、
    ひきこもりや孤独感を解消することができます。

    null

    また、デイサービスのメリットはそれだけではありません。

    普段、介護をしている家族にも影響します。

    というのも、いつも介護に追われている家族が
    一時的に介護から解放され、身体的、精神的に楽になります

    また、その時間にやりたいことをやるなどの余裕も生まれます。

    そしてデイサービスではレクレーションや運動が行われます。

    これらに参加することにより、生きがいとまでは行かなくても
    楽しみが増えることでしょう。

    もう一つ大きなメリットとして、
    安心してお風呂に入ることができます。

    これはけっこうでかいです。

    自宅では段差があるとか滑りやすいなどの理由で不安なところを、
    施設では設備も良く、スタッフもいるため安心して入浴できるのです。

    これが「通所介護」、デイサービスというものです。

    Sponsored Link


    デイケアとデイサービスの違い


    ではここで、デイケアとデイサービスの
    違いについて比較してみましょう。

    スタッフ

    まず、スタッフが違います。

    デイケアは、

  • 医師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士が1人(利用者人数によって異なる)
  • 看護師
  • 介護士

  • といったスタッフが必要になります。

    そしてデイサービスでは、

  • 常勤管理者1人
  • 生活相談員1人以上
  • 看護師1人以上
  • 介護士1人以上
  • 機能訓練士1人以上

  • と、この5人がいればデイサービスは開けるということになります。

    機能訓練

    デイケアリハビリがメイン。
    デイサービス介護がメイン。

    ということで違いがありますが、
    どちらも機能訓練などを行います。

    この機能訓練においてデイケアと
    デイサービスでは決定的な違いがあります。

    デイケアは医師の指示によりリハビリや機能訓練を行います。

    行う際にも理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、
    看護師などの有資格者である専門スタッフに指導してもらいます。

    一方、デイサービスの機能訓練は医師の指示など必要なく、
    受ける際も一般の介護スタッフの補助だけで受けることができます。

    料金

    また、料金にも違いがあります。

    やはり、リハビリができるということでデイケアのほうが
    少し高い料金設定になっています。

    といっても、それほど大きい差はありません。
    1回の通所で100~200円程度の差です。

    やはり名前が違えば中身も違いますね。


    料金の差についてみてみましょう。

    料金は要介護1~5の状態によって違ってきます。
    また、利用時間によっても変わってきます。

    利用時間を6時間以上8時間未満で比較してみます。

    デイサービス デイケア
    要介護 1 665円 793円
    要介護 2 776円 956円
    要介護 3 886円 1118円
    要介護 4 996円 1279円
    要介護 5 1106円 1442円

    これが基本料金になります。
    やはりデイケアが若干高めですね。

    これに追加オプションが加算されます。

    null

    デイサービスは、

  • 昼食実費:500円
  • レクレーション実費:500円

  • などの追加料金があります。

    一方デイケアはリハビリの状態に応じた追加料金があります。

    リハビリが1回あたり100円から2200円程度の追加とか、
    リハビリのプランを作るのが月に数百円など、
    やはりリハビリがあるので追加料金の種類も多いです。

    こうなってくると、家族を毎日デイサービスに
    行かせるっていうのも、かなりお金がかかりますね。

    要支援の場合に併用はできるの?


    要支援と要介護

    さきほど、「要介護」という言葉が出てきました。

    これは介護サービスを受ける前に、
    その状態がどの程度かというのを判定するものです。

    その中に要介護より少し軽い程度の要支援というのがあります。

    要介護は1~5まででしたが、
    要支援は1~2で判定されます。

    この要支援と判定された場合に、
    デイケアとデイサービスを併用できるのかといった問題です。

    まず要介護と判定された方は、
    介護保険から介護給付というのを受けられます。

    そして介護給付を受けるとデイケアやデイサービスを利用できます。


    一方、要支援と判定された方は、
    予防給付というのを受けられます。

    この予防給付を受けると介護予防通所介護、
    介護予防通所リハビリテーションというサービスを受けられるのです。

    これは要介護の時と呼び名が違いますが、
    同じ施設で行われています。

    自己負担金も要介護より安くなっています。

    併用の可否について

    さて、本題の併用できるかについて。

    こちらは残念ながら併用できません

    要介護になると併用できるのですが、
    要支援だとできないのです。

    要支援1の人は通所介護は1ヶ所と定められています。

    Sponsored Link


    まとめ


    まだデイケアなんて関係ないって世代の人からすると、
    どっちも同じようなサービスに思えてしまいますよね。

    しかし、その内容は全く違いましたね。

    デイケアは主にリハビリを行うところなので、医師が必ずいます。
    対してデイサービスは主に介護を行うところとなります。

    デイサービスの方は、お風呂に入ったり、
    運動をして健康的になる。

    といった意味合いも含まれてきます。

    デイケア デイサービス
    別名 通所リハビリテーション 通所介護
    内容 リハビリがメイン 介護がメイン
    スタッフ 医師
    理学療法士
    作業療法士
    言語聴覚士
    看護師
    介護士
    常勤管理者
    生活相談員
    看護師
    介護士
    機能訓練士

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ