“gift”と”present”の違い!記念日や特別な機会に使うのはどっち?



gift“と”present

どちらも訳すと

贈り物

ですよね。

日本語を英語に訳している際など、

私は彼に贈り物をしました

と書きたい場合に、

“gift”と”present”

いったい、どちらの英語を使えばよいのでしょうか

null

ということで!

今回は、意味が似ている2つの英単語の違いについてまとめました。


Sponsored Link





“gift”の意味


辞書でgiftを調べてみましょう。

    “gift”の意味

  • 贈り物
  • 寄贈品
  • 賜物
  • 天賦の才

とあります。

日本では夏に中元、年末に歳暮といった行事が広く浸透していて、その際に贈り物をする習慣があります。

これを英語に訳すと、

中元は、”a mid-year gift
歳暮は”a year-end gift

と表現します。

お世話になった人や、会社関係者に物を贈る行為ですが、

ここでは”gift”を使っていますね。

これは”gift”には「贈り物」という意味の他に「寄贈品」という少し堅い、フォーマルな意味合いが含まれているからなのです。

「あなたやあなたの会社のお陰で成功を収めることができました。感謝しています。」
「これからもどうぞよろしくお願いいたします。」

という気持ちを込めて贈る物。

それが”gift“です。


またさらに、「天賦の才」と言う意味もあります。

天、つまり神から頂いた生まれ持った才能のことで、優れた芸術家やスポーツ選手に対して使われます。

この使い方からも分かるように、天や神のような上位者から下位者である人間へ、

つまり、

目上の者から目下の物への贈り物の意味


が含まれることもあります。

Sponsored Link


“present”の意味


同じく”present“も辞書でみてみましょう。

    “present”の意味

  • 贈り物
  • プレゼント
  • みやげ
  • 親しい間柄の贈り物

とあります。

この最後にある「親しい間柄の贈り物」が要点です。

“present”は、

友人や恋人同士、夫婦等の親しい関係間で贈る物の事


をさすのです。

例文で考えてみましょう。

    This is a present for you.
    (これはあなたへのプレゼント(贈り物)です。)

どんな場面を想像できますか?

夫婦が結婚記念日に互いにプレゼントを買って贈っている場面ですか?
それとも恋人同士がそうしている場面でしょうか。

いずれにしても、義務感からではなく、

心からそうしたくてする贈り物


これが”present“です。

null

また、対等の関係だけではなく、子供から大人へ、あるいは生徒から先生へなど、

目下の者から目上の者に贈る場合


にも”present”が使われます。

Sponsored Link


giftとpresentの違い


次に、giftとpresentの使い分け方についてみていきましょう。

「贈り物」という意味ではgiftもpresentもそれほど大差はないようです。

ではどういう風に使い分ければよいでしょうか。
例を挙げてみましょう。

    1.

    取引先の社員に赤ちゃんが生まれました。

    とてもめでたい事なのですが、その社員さんの事はあまりよく知りません。

    何を贈ればいいか迷った末にベビー服を贈りました。

これは”gift“です。

そこには親しい間柄という関係はなく、あくまで子供が生まれた事に対するおめでとうの気持ちが込もっているだけだからです。

どこか形式的、フォーマルな感じが読み取れるのではないでしょうか。

これに対して、

    2.

    親友に赤ちゃんが生まれました。
    初めての子供で、母子共に元気です。

    これを聞いたあなたは心から喜びます。

    何を贈ればいいか迷った末にベビー服を贈りました。

これは”present“です。

違いがわかるでしょうか。

贈った物は同じですが、

「1.」では気持ちはこもっていますが、どこかフォーマルな感じ。
「2.」では心からのおめでとうの気持ちがベビー服に含まれている。

gift“は「お世話になったお返しや、自分に対して良くして下さったお礼に{気持ちを込めて}贈る物」であるのに対し、”present“は「義務感や義理によってするのではなく、{心からそうしたくて}贈る物となります。

Sponsored Link


まとめ


今回は”gift”も”present”の違いについて紹介しました。

“gift”も”present”も贈り物という意味では同じですが、若干ニュアンスが違ってきます。

  • 習慣的に贈ったり寄贈する場合は”gift“。

  • 記念日などで是非相手に贈りたいと思うときに使う場合は”present

  • と使い分けた方がしったりきますね。
    (^^ゞ

    そう考えると、クリスマスなどのイベントは、
    家族や恋人などに贈り物をすることが多いので、

    クリスマスプレゼント

    と”present“を使う方が多くなりますね。

    また、記念日や誕生日などは、”gift“を使うことが多くなります。


    しかし、どちらにも共通しているのは、相手の事が大切という気持ちです。

    “gift”かな”present”かなで、迷うのではなく、相手はこれを喜んでくれるかな、大事に使ってくれるかなという観点で悩みたいものですね。

    相手が喜ぶ顔を想像しながら素敵な贈り物をしていけますように。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ