先般と先日の違い!ビジネスでの使い方と正しい使い分け方法とは?

Sponsored Link




ビジネスシーンなどで相手とやり取りする場合、

先日はありがとうございました」

という言い方をします。

null

でも「先日」と同じような意味で、

先般

という言い方もします。

どちらも同じような意味としてとれますが、
先日」と「先般」ではどんなニュアンスの違いがあるのでしょうか。

どんな場合だど、どっちの言葉を使った方が適切などのルールはあるのでしょうか。

ということで!

今回は「先般」と「先日」の違いについてまとめました。
間違った使い方をしないように、この二つの言葉の違いをチェックしていきましょう。


Sponsored Link



先般の意味と使い方


まずは、言葉の意味を調べてみましょう。

    先般の意味

  • さきごろ
  • このあいだ
  • 過日

このようになります。

あまり日常生活で使う言葉ではないので知らないという人も多いですが、
ビジネスシーンかしこまった文面などで使われます。

次に、「先日」の方も一応みておきましょう。

先日の意味と使い方


    先日の意味

  • 少し前のある日
  • このあいだ
  • 過日

このようにあります。

先日はありがとうございました。

のように一般的に使う言葉ですし、文章でも目にする機会は多いです。

意味を比べてみると、なんだか同じようですね。
では、この二つの言葉はいったい何が違うのでしょうか。

Sponsored Link


先般と先日の違い


先般も先日も「このあいだ」とか「過日」という意味があります。

大きな違いとしては、
先日が一般的でどんな場合にも当てはまる言葉なのに対し、
先般はかしこまった言い方でビジネスシーンや公的な場で使われることが多い。
というのが挙げられます。

ビジネスシーンや公的な場で先日を使っても問題はありませんが、
先般に比べればややくだけた表現になります。

そしてもうひとつ重要なのが、

それぞれが何に重点を置いているか


という部分です。

先般はこのあいだという意味ではありますが、
日にちよりもその日に起きた出来事に重点を置いています。

たとえば、

    先般の会議の通り、こちらのプランに決定しました

という場合、この「先般」は会議の日にちよりも、
会議の内容そのものを指しています。

・・・・・・・

一方。

先日」と使う場合は、出来事の内容ではなく、
その日」に重点を置いています。

つまり、

    先日は来ていただいて本当にありがとうございました

という場合は、この「先日」は来てくれたその日を指しています。

そのため、先日はすぐに思い出せるくらいの少し前を指す場合にだけ使います。
思い出せないくらい昔や何十年前を指して「先日」ということはありません。

では「先般」の場合は大昔を指す場合でも使えるのでしょうか。

基本的に先般と使う場合、その期間は決まっていません
その内容が思い出せるくらいの期間であれば、

    先般の件ですが

と使うことができます。

しかし、何十年も前の会議の内容は忘れていて当然なので、
先般の場合もあまり大昔を表現する際には使いません。

Sponsored Link


ビジネスシーンでの使い分けについて


先日はくだけた言い方で先般はかしこまった言い方ですが、
ビジネスシーンでは先般しか使えないのでしょうか。

目上の人や取引先に対して使う場合はかしこまった言い方である先般の方が適切です。

しかし、先日という言葉が失礼に当たるわけではないので使用しても問題はないですし、
社内メールで同様や部下に送る場合は先日と使うことも多いです。

なので、ビジネスシーンで使う場合、
  • 内容を重視したいのか
  • 日にちを重視したいのか
  • という目的によって使い分けることが重要なポイントです。

    会話や会議の内容に重きを置いた文章の場合は先般を使うべきですが、
    日にちそのものを重視したい場合は先日を使うべき。となります。

    日数経過もポイントです。

    その日から一週間や一ヶ月くらいの経過であれば先日でも通用します。
    ただし、あまり日にちが経ってしまうと先日は使えません。

    その場合は過ぎた日という意味の「過日」という言い方が適切です。
    過日であればその日から数か月の日数が経っていても使うことができます。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は先般と先日の違いについて紹介しました。

    社会で働いていない人はあまり先般という言葉を使いませんが、
    先日も先般も「このあいだ」という意味です。

    先日よりも前をあらわす場合は過日が使えますが、
    この感覚も人それぞれです。

    なので、絶対に一週間以内とか一ヶ月以内といった規定はありません。

    二日、三日前を指して「先日」という人もいれば、
    半年経っているのに「先日」と使う人もいます。

    職種によっても時間の感覚は変わるので、
    話す相手や取引する相手のことを考えて使い分けるようにしましょう。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ