花粉症対策の減感作療法とヒスタグロビン注射の違いは?



花粉症対策はされていますか?


マスクは面倒くさいし、
レーザー治療は少し怖い。

そんな人におすすめなのが・・・

  • 減感作療法
  • ヒスタグロビン注射


  • この2つです。

    でも、話には聞いたことがあるけど、

    実際にどうしてよいかわからない。
    どんな効果があるのかわからない。

    なんて人も多いのではないでしょうか。

    そこで、今日は、この2つの方法の
    違いや、メリット、デメリットをまとめました。


    Sponsored Link




    減感作療法とは?


    花粉症の対策方法の一つの減感作療法

    実際に、どのような治療を行うのでしょうか。

    簡単に言ってしまえば、この方法は、

    スギ花粉に体を慣れさせて鈍感にさせる方法

    と言えます。

    具体的な方法としては、まず、

  • お医者さんに行き、週2回、スギ花粉の液を薄めた注射を打ちます

  • 最初は1億倍に薄めた注射をします

  • 3ヶ月ほど様子を見て、次に薄めたスギ花粉の液を注射します

  • 3ヶ月後から、注射を月1回のペースに落とします。

  • 濃度を1億倍→1000万倍→10万倍→最終的に10倍まで薄めます。

  • これを3年~5年続けます。

    するとあら不思議。

    花粉の時期になっても、花粉症の症状が出なくなります。

    人によって差異はありますが、
    ほとんどの人に効果があるようです。

    人によっては、3ヶ月ほどで
    効果がある人もいるようです。


    減感作療法のデメリットは?

    減感作療法のデメリットは、
    なんといっても時間がかかることです。

    月1とは言え、5年間、お医者さんに通うと、
    結構なコストもかかってきます。

    また、もう1つのデメリットは、
    一種類のアレルギーにしか効果がありません。

    なので、スギ以外の花粉や、ハウスダスト
    などのアレルギーには、効果を発揮しません。

    Sponsored Link


    ヒスタグロビン注射とは?


    もう一つの花粉症の対策方法が
    ヒスタグロビン注射

    正式な名称は非特異的減感作療法

    もともとは、アレルギー性鼻炎の治療に
    用いる薬ですが、花粉症にも効果があるようです。

    こちらは、普通の減感作療法とは違い、
    すべてのアレルギーに効果があります。

    と、いうのも、ヒスタグロビン注射は、
    ダニホコリ花粉など、すべてのアレルギーの
    元凶となっている「ヒスタミン」の働きを抑えます。

    ヒスタミンは体内に外敵が入ったと、
    体が判断したときに、体内で作られる物質です。

    なので、この治療方により、
    アレルギー体質自体を改善することができます。

    また、減感作療法と違い、注射は3回から6回、
    一ヶ月ほどの短期間で治療が完了します。


    ヒスタグロビン注射のデメリットは?

    花粉症にも、アレルギー体質にも有効な、
    ヒスタグロビン注射ですが、万能ではありません

    この方法を利用する時のデメリットは2つ。

    一つ目は個人差があること。

    この治療法を行ったとしても、
    万人に効果があるわけではありません。

    個人の体質にもよりますし、
    効果が薄い人もいます。

    二つ目は副作用があること。

    どんな薬でも、副作用はあります。
    ヒスタグロビン注射の副作用は、

  • 眠くなることがある

  • 生理不順がおきることがある


  • もちろん個人差はあります。

    生理不順は少ないようですが、子供だと
    眠くなりやすくなることは、往々にしてあるようです。

    Sponsored Link


    まとめ


    今日は、減感作療法と、ヒスタグロビン注射
    違いについて紹介しました。

    減感作療法は、アレルギーに体を慣れさせて
    スギに対する抵抗力を付ける方法。

    長い時間がかかりますが、多くの人に
    効果があります。

    ヒスタグロビン注射は、体内のアレルギー反応の
    元凶になる物質の働きを抑える方法。

    短期間で実施できますが、副作用があったり、
    効果が薄い人などもいます。

    わかりやすく表にまとめましたので、
    参考にしてください。

    減感作療法 ヒスタグロビン注射
    治療期間 長い(3年~5年) 短い(1ヶ月程度)
    リスク 低い 高い
    治療効果 スギ花粉のみ アレルギー全般
    副作用 ない ある

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ