あやめと菖蒲(しょうぶ)とかきつばたの違い!見分け方は?



あやめ、菖蒲(しょうぶ)、かきつばた

この3つってどれも、なんだか見た目が似てますよね~。



いったいどこが違うのか、
気になったこと、ありませんか?

私のパソコンは、IMEを使っているのですが、
あやめ」でも「しょうぶ」でも、変換すると「菖蒲」になります(^^;

うーむ、紛らわしすぎる。

今回は、この3つの花の違いや、見分け方について、
紹介していきますね!


Sponsored Link



あやめ、菖蒲(しょうぶ)、かきつばたの違い


あやめ、菖蒲(しょうぶ)、かきつばたの違いについて。

まず、分類なのですが、この3つは全て、
あやめ」の仲間で、アヤメ科アヤメ属の多年草です。

アヤメ科は、スゴイ種類が豊富で、
世界で200種類以上あります。

あやめは、水はけのよい草原に自生していて、
紫色の花びらをつけます。

菖蒲色(あやめいろ)」っていう色の種類があるくらいですからね(^^

んで、そのあやめを基本として、
園芸化を目的に改良されたのが、花菖蒲です。

なので、花菖蒲には、白、黄色、青など、
いろいろな色があるんですね~。

かきつばたも、花菖蒲ほどではないですが、
園芸品種として、品種改良されたものが多くあります。

この3つの違いについては、群生している場所で、
ある程度区別がつきます。

菖蒲園など、鑑賞用に植えられているのは、
ほとんどがしょうぶ

野生のあやめ科の花の場合は、
草原に生えているのがあやめ

かきつばたは、水気の多い湿原に生えています(^^

近くまで歩いて行くのが大変な時は、
かきつばたの可能性が高。

乾燥した所に群生していたら、
あやめの可能性が高いのです(^-^)h



Sponsored Link


菖蒲の花菖蒲の違い


よく、「菖蒲(しょうぶ)」と言っていますが、
園芸用に植えられているのは、正確には、花菖蒲の事を指します。

なので、菖蒲湯とか、薬草として使われる菖蒲と、
キレイに咲いている花の菖蒲とは、まったくの別物なんですね~。

    はなしょうぶ:アヤメ科アヤメ属
    しょうぶ:サトイモ科

ちなみに薬草などに使われる菖蒲の花はこんな感じです。



さきっちょに、ふわふわしてない、
ねこじゃらしみたいなのがついていますね。

はなしょうぶとは全然違いますね~。

なんでこのような混合が起こったかと言うと~

ややこしいことに、昔はこの薬草として使う
菖蒲を「あやめ」って呼んでいたんですよ(^^;

んで、現在の菖蒲(花菖蒲)を「はなあやめ
って呼んでたんですね。

それを現在でも引きずってしまい、
混合される方が多いのです(*゚ー゚*)

Sponsored Link


あやめの見分け方は?


では、次に、あやめしょうぶかきつばたの、
見分け方について紹介します。

この3つは、ズバリ、花の根元をみれば
どれなのかの、区別がつきます(*゚ー゚*)ノ

あやめ科の見分け方

あやめ:花の根元が網目状
しょうぶ(花菖蒲):花の根元が黄色
かきつばた:花の根元が

なんですよ~(^^

これだけ覚えておけば、みつけたアヤメ科の花が、
なんなのかが一発でわかりますね(´▽`v)

Sponsored Link


まとめ


いかがでしたでしょうか~。

今回は、似ている花、

あやめと菖蒲(しょうぶ)とかきつばたの違い

について紹介しました。

  • 草原に咲くのがあやめ

  • 水辺に咲くのがかきつばた

  • 園芸化されたのがしょうぶ


そして、それぞれを見分ける方法は、
花の根元をチェックすれば判別できます(^^

参考になりましたら幸いです。

ではまた
(*゚ー゚*)ノシ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ