賞味期限と消費期限の違い!表示年月はどうやって決まるの?



スーパーで食材の買い物をしている時に、
いつまでに食べなきゃかは、それとなく見ますよね。

特に、牛乳や、納豆、お肉などは、
いつまでもつのかは見ておくのが常です。

null

でも、よく見ると表記方法が2種類ありますよね。

賞味期限消費期限

なんだか、賞味期限の方が、少し長持ちなイメージがありますけど、
実際のところどうなんでしょう。

  • 消費期限を過ぎたら食べられないの?とか

  • 賞味期限が1ヵ月過ぎてたら確実にアウト?とか

  • よく考えてみると、疑問がつのってきます(^^;

    そこで今回は、この2つの違いと、
    定義について詳しく調べてみました。

    Sponsored Link



    消費期限について


    ますは、消費期限について。
    この表記方法の定義についてみてみましょう。

    消費期限の定義

    期限を過ぎたら食べちゃダメ。
    食べても安全性は保証しないよ。

    消費期限は賞味期限よりも、
    厳しい内容となっています。

    と、いうのも、消費期限自体が、保存が利かないような、
    加工食品などに使われる表記なのです。

    たとえば、お弁当、オニギリ、サンドイッチ、洋菓子などですね。

    もっとぴっちり言うと、5日未満の生鮮食品です。

    もともとナマモノに使われる表記方法なので、消費期限は、

      書いてある通りの保存方法で保存してもつ期間

    となっているのです。

    なので、消費期限が過ぎてしまった食品は、
    たとい半日であっても、食べない方が無難です。

    Sponsored Link


    賞味期限について


    次に賞味期限について見て行きましょう。
    まずは、賞味期限の意味と定義について。

    賞味期限とは

  • おいしく食べられる期限。

  • 期限が切れてもすぐに食べられなくなるわけではない。


  • う~ん。

    なんだかわかるような気もしますが、
    なんだかちょっと曖昧ですね。

    もう少し詳しくみてましょう。

    Sponsored Link


    賞味期限についてもっと詳しく!

    賞味期限は、開封おらず、表示されている保存方法で、
    保存しておいた時においしく食べられる期限です。

    つまり、書いてある日にちは品質を保証する期間。

    過ぎてしまった場合でも、本来のクオリティより、
    落ちるかもしれないけど食べられなくはない。

    というレベルですね。

    たとえば牛乳を見てみましょう。

    牛乳には、だいたい賞味期限が書かれています。

    過ぎてしまったら飲めないかというと、
    そんなことはありません。

    白いぶつぶつもなく、異臭がもせず、少量の牛乳をなめてみて、
    味も正常ならば、普通に飲むことができます。

    なので、パックを開けてない、賞味期限が数日過ぎた牛乳を、
    明けてから数日以内に飲む分には、まったく問題ないと言えます。

    逆に、パックを開けてから2週間たった、賞味期限1日切れの牛乳を飲むのは、
    賞味期限が切れて1週間たった、まだ開けてない牛乳を飲むよりも危険です。

    このように、賞味期限はおいしく賞味できる期間であるだけなので、
    いつまで大丈夫か、という判断については消費者にゆだねられているのです。

    まぁ、生産者としては、「おいしく食べられる賞味期限までに食べてくださいね」
    と言うしかないですよね(^^;

    null

    賞味期限はどうやって決まるの?

    では、そのおいしく食べられる期限である、
    賞味期限はどうやって決まるのでしょうか?

    餅は餅屋。

    これらは、その商品を扱っている業者の、
    プロの手によって厳密な検査の上、決められています。

    検査の方法としては

  • 菌の繁殖度合いを見る。(微生物検査)

  • 色や酸化度合いを検証する。(理化学検査)

  • 実際に食べてみて食感、味、臭いを確認する。(官能検査)


  • 1番目、2番目、はわかるとして、3番目は、なかなか体当たりな検査ですね(^^;
    生産者のみなさま、ほんとにお疲れ様でございます(-人-)

    これらの検査を経て、商品を作った人が、
    賞味期限を決めていくわけですね~。

    多くの業者は、ギリギリよりも早めの賞味期限を
    設定しているケースがほとんど。

    物にもよりますが、賞味期限を過ぎても、

      商品を購入した日 ~ 賞味期限日までの日数 × 1.2倍

    くらいの期間であれば、まず食べられない事はないと言えます。

    たとえば、卵が買ってから3週間で賞味期限が切れた場合は、

    21日 × 1.2倍 = 25.2日

    つまり賞味期限を過ぎてから4日後まで、
    ということになります。

    ただし、その時の条件は、

  • 封を開けてないこと

  • 表記されている保存方法でほぞんしてあること


  • の2つです(^-^)h

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、賞味期限と消費期限の違いについて紹介しました。

    なんだか似たような語感ですが、
    だいぶ意味が違っています。

    まとめると、

  • 賞味期限はおいしく食べられる期間を保証した日時

  • 消費期限は安全に食べられる期間を保証した日時

  • どちらも条件は未開封であること


  • ということになります。

    納豆など一部の商品には、表記が賞味期限と消費期限の
    どちらも使われるものがありますので注意するようにしましょう。

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ