扇風機とサーキュレーターの違い!電気代も変わってくる?

Sponsored Link




春もおわる時期になると家電量販店で見かけるようになってくるもの。

null

それは、扇風機ですよね(^^

そして、扇風機の近くには、
最近、サーキュレーターが置かれています。

さてさて。

今回はこのサーキュレーター扇風機について。

見かけは扇風機と同じように見えますが、
実際はどんな違いがあるのでしょうか~?


正確には分からないという方はこの記事を必見ですよ!

今回はこの2つの違いについて紹介していきます(^^ゞ


Sponsored Link





扇風機とサーキュレーターは何が違うの?


一体何が違うのか、さっそく違いを見てみましょう。

風を送れる方向

まず一つ目の違いは「風を送れる方向」です。

扇風機は一般的に「正面」「左右」「狭い範囲の上下」となっています。

一方サーキュレーターは「真正面~真上」「左右」に送ることができます。

ここで注目したいのが「真上」に送れる事。

扇風機では真上に風を送ることが出来ませんよね。

それをサーキュレーターは出来るという大きな違いがあります。

使用する目的

次の違いは使う目的。

扇風機は人に風を当てる事を目的としています。

逆にサーキュレーターはエアコンなどの冷たい風を遠くまで送る。

つまり風送の目的

で作られています。

なので、扇風機の風は風の量が少なく、
風が拡散しやすいため、遠くまで届かないという特徴があります。

逆にサーキュレーターの風は扇風機より羽の幅が、
広く設計されていたりと、遠くまで風を送る設計になっています。

なのでサーキュレーターは扇風機より風強く送れますが、
逆にサーキュレーターは扇風機代わりに使う事にはむいていません。

null

それぞれのメリットとデメリットは?


次は扇風機と、サーキュレーター2つの、
価格、電気代、音を比べてみましょう。

Sponsored Link


価格の違い

まずは価格です。

大手家電量販店の価格を見てみると、もちろん商品によって違いますが
平均的に2000円~5000円とどちらもあまり変わりはないようです。

null

電気代

次に電気代をみていきましょう。

扇風機の電気代は1時間で約0.9円

サーキュレーターは1.1円と、
電気代の差もあまりないといえます。

長く使っていると、若干、サーキュレーターの方が、
利用による費用がかさんでくるかもですね。

比較としてエアコンの電気代は、
1時間38円とかなり多くなりました。

扇風機やサーキュレーターを切って節約するよりも、
エアコンを切って節約した方がはるかに効率的ですね。

エアコンとサーキュレーターをセットで使う場合でも、
部屋が涼しくなったら、サーキュレーターを止めたり、
エアコンの温度を数度上げるように心がけましょう~。

Sponsored Link



では、最後にはどうでしょうか。

サーキュレーターは風強く遠くまで送れる様に設計してあるので、
扇風機より振動や音が大きくなってしまいます。

ここが大きな違いと言えるでしょう。

また、サーキュレーターはタイマー機能も備わっていないものもあるため、
就寝時の運転も控えた方が良いでしょう。

Sponsored Link


まとめ


扇風機は人へ風を送るのが目的のもの。

サーキュレーターは部屋へ風を送って
循環させる目的の物だったのですね。

また、今は色々なタイプの扇風機や
サーキュレーターが発売されています。

サーキュレーターでも静音だったり、
扇風機でもサーキュレーター機能が一緒になっている物も売られています。

金額で云々。というよりは、使用用途で、
どのようなものにするかを選んだほうがよさそうですね(^^

今回は以上となります。

参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノシ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事



コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ