脂(あぶら)と油(あぶら)の違い!魚のあぶらはどっち?

Sponsored Link






どちらも「あぶら」と読みますよね。


たとえば、

マーガリンにあぶらが入っている

と言ったら、「」を使いますが、

お料理に使うあぶらが切れてるわ~

といったら、「」を使いますよね。

null

あぶらというのは料理や食べ物などに入っているものでよく使う言葉ですが、
どんな時に、このあぷらの使い分けが発生しているのでしょうか。

ということで、今回は脂と油の違いについて紹介します。


Sponsored Link





脂と油の違い


脂と油は似たようなイメージの漢字ですよね。

まずは、辞典でしらべてみましょう。

一応辞典には「さんずい」で書く「油」は液体状のあぶらを指し、
「にくづき」で書く「脂」は固体状のあぶらを指すと書いてあります。

なので、オリーブオイルや魚のあぶらなどは「」と書き、
バターや肉の脂肪などは「」と書くことが多いようですね。

また、油は植物性のニュアンスが強く、
脂は動物性のニュアンスが強いという特徴もあるようです。


しかしこれには例外もあります。

ココナッツオイルや魚の油などは常温でも固まることがあり、
固体状のあぶらになります。

が、

料理で使う場合は「油」の方を用います。

動物性の魚でも油の方を用いることもあるので絶対に動物性、
植物性で区別されているわけでもないようです。

Sponsored Link


それぞれどんな食品に含まれるの?


では次に、入っている食品から、
このあぷらの違いをみてみましょう。


脂というのは動物性であり、
固体のあぶらを指すことが多いので

」については、

  • バター

  • 牛脂

  • 背脂

  • などに含まれています。

    null

    一方、油は植物性であり、液体状のあぶらを指しているので、

    • サラダ油

    • オリーブオイル

    • ココナッツオイル


    などに含まれています。

    例外はあるものの、多くは、

  • 動物性か

  • 植物性か


  • でも、ある程度の判別がつけられそうですね。
    (^^ゞ

    Sponsored Link


    飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸


    ひとことにあぶらといっても、色々な種類・構造があり、
    あぶらというのは、いくつかの脂肪酸が組み合わさってできています。

    では、どのような脂肪酸があるのか。


    それは、主に動物油に多く含まれる

    飽和脂肪酸

    と、

    植物油や魚油に多く含まれる、

    不飽和脂肪酸

    の2つがあります。


    バターや牛脂などの飽和脂肪酸はコクがあり、
    料理にはよく使われます。

    が、とり過ぎるとコレステロールを増やしてしまうという点があります。


    ココナッツオイルや魚油などの不飽和脂肪酸は、
    コレステロールや中性脂肪を減らしてくれるという嬉しい働きがあります。


    ちなみに魚は動物性ですが不飽和脂肪酸に含まれます。

    なので「油」の字を当てられることが多いのかもしれませんね。

    ただ表現によっては、

    余分な魚の脂を取る
    脂の乗っている寿司ネタ

    などと使うこともあります。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は脂と油の違いについて紹介しました。

  • 脂は動物性で固体状

  • 油は植物性で液体状


  • という違いがあるようですね。

    特に性質の違いを気にしていないときは油の方を使います。
    文章としては油が使われることが多いですね。

    同じ「脂」でも、状態によっては「油」といったり、
    気にしてみると、意外な違いがあって面白いものですね。

    動物性
    固体状
    植物性
    液体状

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ