お香典(おこうでん)と御霊前(ごれいぜん)の違い!ご仏前(ごぶつぜん)の場合は?

Sponsored Link




お通夜やお葬式ではお香典を持参するのがマナー。

しかし、お香典を入れる袋(不祝儀袋)に書いてある文字は様々なものがあります。

たとえば、

  • お香典(おこうでん)

  • 御霊前(ごれいぜん)

  • ご仏前(ごぶつぜん)


  • などなど。

    null

    いったい、どれを使えばいいの?

    と迷ってしまいますよね。

    そもそもお香典御霊前ってどう違うのでしょうか。

    また、ご仏前御神前というものもあります。

    このへんのマナーは絶対に間違えたくない場面ですので、
    しっかりと使い分けを把握しておきたいもの。

    と、いうことで!

    今回は不祝儀袋の種類の違いについてまとめました。

    さっそくみていきましょう。

    Sponsored Link





    お香典を用意するケース


    お香典とは、線香・抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるもののことを指します。

    香が「お線香」、
    典が「供え物」を指しています。

    「葬儀の供物」という広い意味合いの言葉なので、
    お香典という広いくくりの中に、

  • 御霊前

  • ご仏前


  • があると理解しておくとよいですね。

    では次に、宗教によって使い分けるべき、お香典の種類を紹介します。

    Sponsored Link


    仏教で使うべき不祝儀袋


    仏教の場合は、条件によって「御霊前」を使う場合と、
    「ご仏前」を使う場合の2パターンがあります。

    御霊前を用意するケース

    それでは御霊前を用意するケースをみてみましょう。

    御霊前というのは個人の魂、御霊(みたま)の前、という意味合いがあります。

    お香典の不祝儀袋に書かれる文字としては一般的な物で、

  • お通夜

  • お葬式

  • 四十九日法要


  • などで多く用いられます。

    これは、

      人は亡くなると霊になり、その後四十九日法要を終えると成仏して極楽へ行く。

    という仏教の考え方に依るものなのです。

    Sponsored Link


    ご仏前を用意するケース

    仏教の場合は四十九日法要の前であれば「御霊前」、
    後であれば「ご仏前」「御佛前」を使います。

    ご仏前というのは故人が成仏した仏様の前、という意味合いがあります。

    人が亡くなり霊になると、四十九日法要を経て成仏し、仏様となるので、
    四十九日法要を過ぎた後は「ご仏前」と書かれた不祝儀袋を使いましょう。

    ただし、宗派によっては「御霊前」を使わない場合もあります。
    真宗の場合は最初から仏様に供えるという意味があるので四十九日前であっても「ご仏前」を使います。

    ちなみに仏は略字なので「御佛前」と書くこともあります。

    null

      注意

      御霊前とは一般的に使うものではありますが、例外があり、浄土真宗や真宗大谷派などでは使いません

      真宗には「人は亡くなると霊になる」という考え方がないので「御霊前」という言葉はふさわしくありません。

      注意しておきたいポイントですね。

    神道で使うべき不祝儀袋


    神道の場合は、亡くなった方への供物として「御玉串料」「御神前」などが使われます。

    神道の場合は仏にはならないので「ご仏前」は使えませんが、
    「御霊前」は使ってもいいとされています。

    しかし、蓮の花が印刷してある不祝儀袋は仏教専用のものなので使うのは避けましょう。

    渡すタイミングが分からない!

    というケースがあったりしますが、
    神式で葬儀を行う場合は「通夜祭」があります。

    それに続いて「遷霊祭」が行われるので、
    いずれかに参加する際に持参するといいでしょう。

    キリスト教で使うべき不祝儀袋


    キリスト教の場合は一般的に「お花料」といいますが、
    「御霊前」を使うのは問題ないとされています。

    キリスト教の考え方では人は亡くなると御霊となり神に召されるので、
    「御霊前」も使うことができます。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はお香典と御霊前の違いについて紹介しました。

    お香典には宗教・宗派によって色々な種類があり、
    「御霊前」や「ご仏前」、「御神前」など、
    色々な使い分けがあります。

    真宗など例外はありますが、
    「御霊前」はどんな宗教であっても比較的広く使える言葉とされています。

    今回紹介したどの不祝儀袋を使うべきかを
    表にまとめましたので、よろしければご参考ください。

    宗教 不祝儀袋 条件・補足など
    仏教 御霊前 四十九日法要の前
    ご仏前(御佛前) 四十九日法要の後
    ご仏前(御佛前)のみ 例外:浄土真宗や真宗大谷派
    神道 御玉串料、御神前 御霊前はOK(蓮の花のもよう以外)
    キリスト教 お花料 御霊前はOK(蓮の花のもよう以外)

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ