小麦と大麦の違い!アレルギー反応も同じなの?

Sponsored Link




小麦大麦

といえば全世界の人間にとって欠かせない食料ですよね。
なんてったって、麦がないとパンが作れません。

トウモロコシ、米とともに世界三大穀物に数えられています。

null

小麦はメジャーですが、世の中には大麦も存在しますよね。
小さい麦、大きい麦、これらはいったいどのように使い分けられているのでしょう。

身近な存在だけにあまり考えたりしたことはありませんよね。

いざ考え出すとその他にも、

「そもそも同じ植物なの?」
「小麦粉の原料は小麦だけど大麦粉もあるの?」
「麦茶の麦ってどっちの麦なの?」
「麦のアレルギーって大麦もアウト?」

などなど疑問がふつふつと湧いてきます。

と、いうことで!

今回は小麦と大麦の違い
さらにアレルギー反応に差があるのかについてまとめました。

それではみていきましょう!

Sponsored Link





小麦と大麦の違い


さっそく違いについて調べてみましょう

まずは小麦とはどのようなものなのか?

についてです。

小麦について


    小麦とは

  • イネ科コムギ属の植物で、収穫された種子のうち胚乳の部分を粉にして「小麦粉」に加工される

  • グルテンというタンパク質が豊富に含まれており「小麦粉」はパンやうどん、中華麺、パスタ、菓子などの原料になる

  • また、表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にした「全粒粉」も同様に、パンやクッキー、シリアル食品の原料として用いられることが多くなっている


このような結果となりました。

小麦の中でも 胚乳の部分を粉にすると「小麦粉」
全てを使用して粉にすると「全粒粉」となります。

はい。

では続いて大麦についてです。

大麦について


    大麦とは

  • イネ科オオムギ属の植物で、収穫された種子は発芽させ、麦芽として利用することが多い

  • 「大麦」には、グルテンはほとんど含まれておらず、醤油や味噌などの調味料、ビールや麦茶、ミロなどの飲料、麦飯の原料になる

  • 「大麦」の生産量は世界三大穀物に続き、世界で4番目に多く栽培されている穀物


はい、このような結果となりました。

こちらは調味料から飲み物、お酒まで様々な用途がありますね。

null

小麦と大麦の違い


それでは両者の違いのポイントをまとめてみましょう。

ポイント


  • 小麦はイネ科コムギ属、大麦はイネ科オオムギ属

  • 小麦にはグルテンが多く、大麦にはグルテンが少ない

  • 小麦は麺類や菓子類、大麦は調味料や飲料の原料になる
  • Sponsored Link


    アレルギー反応について


    さて、麦の種類についてはもうバッチリですが、アレルギーについてはどうでしょうか。
    すなわち、

    小麦アレルギーをもっている方は大麦を食べても平気なのか?

    ということです。

    結論から言うと

    どちらかがダメだからといってどちらかもダメということはない。
    (しかし、できれば避けたほうがよい)

    ということでした。

    これはいったいどういうことなのか。

    その原因としてグルテンが挙げられます。

    小麦アレルギーの方の原因の多くがグルテンであると言われており、小麦に比べて非常に少ないものの大麦にもグルテンが含まれています。

    小麦に含まれるグルテンと大麦に含まれるグルテンは実は違う種類なのですが、交差反応といって似た分子構造を持つものにアレルギー反応を起こすということがあるのです。

    null

    なるほど~。

    大麦のほうがグルテンの含まれる量は少ないが、入ってないわけじゃないからおすすめはできないということなのですね~。

    Sponsored Link


    他にもある麦の種類


    さて、まずは麦の中でも代表的な「小麦」と「大麦」についてご紹介しました。

    でも実は、この他にも、日本では主に2種類「ムギ」が存在します。

    すなわち・・・

  • ライ麦

  • 燕麦


  • この二つです。

    ついでなのでこれらについても簡単にご紹介しましょう~。

      ライ麦とは

    • イネ科のウシノケグサ亜科に属する一年生または越年生草本で、 起源地はカスピ海西部の小アジアである

    • 主に飼料用として用いられており、食用はほとんどない

      燕麦とは

    • 「えんばく」と読む

    • イネ科の一年草、こちらも主に飼料用として用いられるが、タンパク質を多く含むため、近年グラノーラ等の登場で食用にもなり始めている


    どちらも主に飼料用として利用されているのポイントですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ