• LINEで送る

先般と先日の違い!ビジネスでの使い方と正しい使い分け方法とは?

ビジネスシーンなどで相手とやり取りする場合、

先日はありがとうございました」

という言い方をします。

null

でも「先日」と同じような意味で、

先般

という言い方もします。

どちらも同じような意味としてとれますが、
先日」と「先般」ではどんなニュアンスの違いがあるのでしょうか。

どんな場合だど、どっちの言葉を使った方が適切などのルールはあるのでしょうか。

ということで!

今回は「先般」と「先日」の違いについてまとめました。
間違った使い方をしないように、この二つの言葉の違いをチェックしていきましょう。

折衝力と交渉力の違い!自己PRで書くべき正しい意味と使い方

転職活動をする時に悩むのが自己PRの書き方。

先方企業の目に留まるためには、自分がどんな能力を
持っているのかを採用担当者に文字で伝えるのは必須条項です。

「営業職としてさまざまな交渉力を身に付けた」
「難しい取引もこなしてきた」
こんな場合は、単に「交渉が上手い」と言うよりも、
折衝力が高い」とアピールした方が好印象となります。

null

しかし、「折衝力」とはいったいどのような能力なのでしょうか。
ちゃんとした意味もわからないまま使ってしまうのは不安ですよね。

そこで今回は、折衝力交渉力違いについてまとめました。

ビジネスシーンで能力としてこの二つには、
どのような表現の違いがあるのでしょうか。

それではさっそくみていきましょう!

私用と所用の違い!欠席やお休みをもらう時はどっちを使うべき?

会社に遅刻しそうだったりお休みをいただく時や、
参加予定だった行事に出席できくなる場合。

先方にちゃんと連絡する必要がありますよね。

でも、

明確な理由がなく欠席したりお休みする場合って、

理由をどうしよう・・・。

って迷ってしまうことがあります。
そんな時、いったいなんて書いたらよいのでしょうか。

私用により遅れます。」
所用によりお休みします。」

どちらも似たような言い方ですが、
どちらが言いわけがましくないのでしょうか。

これらの連絡を受け取った時に、相手はどのように感じるのでしょうか。

null

ということで!

今回は私用所用違いについてまとめました。

状況による具体的な使い分け方法についても
おまとめましましたので、よろしえればご参考ください。

ご健勝とご多幸の違い!意味や使い方の違いについて

会社の新年のあいさつや異動のあいさつのとき。

締めに使うお決まりのフレーズ

ってありますよね。

例えば、

ご健勝をお祈りいたします」
ご多幸をお祈りいたします」
などといった言い方をします。

null

ご健勝」には「健康で勝つ」という文字が入っていますし、
ご多幸」は「幸せが多い」と書きます。

なので、どちらも相手のことを気遣って使う言葉だというのは分かります。

しかし、この二つは似たような言い回しではありますが、
それぞれどのような意味で、どんな違いがあるのでしょうか。

どんな場合に、どちらの言葉を使うのがふさわしいのでしょうか。

ということで!

今回は、「ご健勝」と「ご多幸」の適切な使い方や、
細かい意味の違いについてまとめました。

それではさっそくみていきましょう!

「結構です」と「かまいません」の違い!敬語、丁寧語にはなるの?目上の人に使う場合は?

「明日までで結構です。」

ビジネスシーンで日付や締め切りを決めるときにこのような言い方をします。

よく使う言葉なので敬語のイメージがありますが、
目上の人に使っても失礼のない言葉なのでしょうか。

null

また、同じような場面で、

「明日まででかまいません

という言い方もあります。

「結構です」と意味合いが似ていますが、
この「かまいません」も正しいことばの使い方なのでしょうか。

  • 結構です
  • かまいません
  • どちらも「大丈夫ですよ」という意思を伝える意味では同じですが、
    ことばの使い方としては、敬語丁寧語などのどれに含まれるのでしょうか。

    ということで!

    今回は、「結構です」と「かまいません」のニュアンスの違いについてまとめました。
    目上の人に対して失礼にならないようにしっかりチェックしておきましょう。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ