• LINEで送る

「ご芳名」と「ご署名」の違い!「ご氏名」は間違い?

年齢を重ねていくと、結婚式やお葬式、賃借の契約書などで自分の名前を書く事って増えてきますよね。

自分の名前を書く欄に

  • ご芳名
  • ご署名

  • なんて書かれていますよね。

    01


    とりあえず、

    自分の名前をかいておけばいいよね!

    な~んて思いながら、名前を書きますよね。

    でも、どうして「名前を書く」という同じような事に、それぞれ異なった名前が付けられているのか、ですよね?

    そこで!

    今回は、「ご芳名」と「ご署名」の違いについて、紹介していきましょう。
    それぞれの意味や、違い、これまた似た意味の「記名」についてもちょっとだけ触れておきましょう。

    ただ「名前を書く」だけのことなのかと思いきや、法的にも意外と重要な意味も秘めていたりして・・・!!

    それでは行ってみましょう!

    「恐縮ですが」と「僭越ながら」の違い!意味やニュアンスはどう違う?

    仕事やフォーマルな場で「申し訳ないな」と思った時に使う言葉で、

  • 恐縮ですが
  • 僭越ながら

  • というのがありますよね。

    どちらも「申し訳ない」という意味合いを含みますが、でも、同じような場面で使う言葉でもないですよね。

    0325


    それぞれどん意味があるのか、使うときのニュアンスはどんな感じなのか?
    気になりますよね。

    そこで!

    今回は「恐縮ですが」と「僭越ながら」の違いについて見ていきましょう。
    意味やニュアンスをちゃんと知っておくと、便利に使える言葉なんですよ。

    それでは、まずは意味から見ていきましょう~!

    「思います」と「存じます」の違い!ビジネス上の使い分けは?併用はできるの?

    文章を書いていても、会話をしていてもよく使う「思う」という言葉。
    丁寧な言葉を使う場での表現として、

  • 思います

  • 存じます

  • この二つを思いつきますよね。

    この二つ、どんな違いがあって、どんな使い分け方をするのが正しいのか悩むことって、ありますよね。

    01


    「思います」は使いやすいけれど、ビジネスで使うのはアリなのか、ナシなのか・・・?
    「存じます」を使ったほうが良いのか・・・?

    そもそも、どちらも敬語だと思っていて良いのか・・・?

    上司に使うなら、どっち!?
    どう使えば無難なの!?

    と、一度考え始めると色々止まりません。

    そこで!!

    今回は、「思います」と「存じます」の違いについて紹介します。

    敬語なのはどっちなのか?
    使い分け方はあるのか?
    併用は可能なのか?

    諸々の疑問を解決して、不安を解消しておきましょう!

    「ご慈愛」と「ご自愛」の違い!目上の人への正しい使い方とは?例文もチェック!

    メールや手紙を書いていて、最後の〆の言葉に悩むことって多いですよね。

    01


    一番良さそうなのは、

    ごじあいください。

    コレですよね!
    相手への気遣いも見えるし、季節の言葉も添えられてキレイに〆れる!!
    使いこなせると、とってもいい感じになります。

    あ、でも、

  • ご慈愛
  • ご自愛

  • とあって、違いが気になってきますよね。

    正しい使い方目上の人への使い方、何なら例文も・・・

    と、そんな要望にお応えすべく、今回は「ご慈愛とご自愛の違い」について紹介していきましょう!
    それでは、早速それぞれの意味からチェックしていきますよ~。

    「当方」と「私」の違い!メールでの使い分けはどうする?「小職」や「小生」も併せて紹介

    ちょっとかしこまった文章を書こうと思った時に、一人称をどうするか?
    ちょっと悩みますよね。

    ベーシックに「」としておけば無難ですが、他の呼称の方がしっくりくる場合もありそうですし・・・

    「私」以外で耳にすることが多いのは

    当方

    とかじゃないでしょうか?
    でも「当方」って、「私」と何が違うんでしょうか?

    01


    それぞれの意味使い分け方を把握しておくと、かしこまった場での語彙力がグンと上がりそうじゃないですか?

    そこで!

    今回は、

  • 当方

  • この二つの言葉の意味や使い方について紹介していきましょう。

    せっかくなので、似た感じで使い分けがあいまいになりがちな「小職」と「小生」についても、一緒に確認してみましょう!

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ