鷲(わし)と鷹(たか)と鳶(とんび)の違い!大きさの違いは?

Sponsored Link




カッチョイイ鳥といえば(わし)ですよね。
アメリカのシンボルにもなっているくちばしが前に曲がっている鳥です。

null

でも、似ている鳥に(たか)がいますよね。
日本古来から鷹狩りなどで活躍しています。

さらには車でドライブしていると、

ピーヨロロロ

と、空を飛んでいる(とんび)もいますよね。(^^;

なんだか見た目が似ているこの鳥たち。
見た目は似ていますがどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、(わし)と(たか)と(とんび)の違いについてまとめました。


Sponsored Link





鷲(わし)と鷹(たか)と鳶(とんび)の違い


大空をはばたくこれらの鳥は猛禽類とよばれる種類となります。
飛ぶ姿がかっこよく、しかも強そうですよね。

猛禽類の代表といえば鷲・鷹・鳶ですが、くわしい見分け方となると、ちょっとした知識が必要になります。

大まかなことを言うと、鷲も鷹も鳶も分類的には「鳥類・タカ目タカ科」というカテゴリになります。

じゃあ、みんな同じなの?

と思ってしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。

呼び方が違うということはそれなりの違いがあるわけで。
よーく見ればちゃんと見分けがつきます。

ではさっそくそれぞれの違いについて詳しくみていきましょう。

Sponsored Link


鷲(わし)

まずは、(わし)からみていきましょう。

null

タカ目タカ科のうち、体長が大きいものが鷲とよばれます。
ヒトコトで鷲といってもさらに種類があります。

日本には、

  • オオワシ

  • イヌワシ

  • オジロワシ

  • ハクトウワシ

  • などの種類がいます。

    動体視力にすぐれ、上空から数百メートル離れた水面にいる魚を捕食できる能力をもっています。
    木のうえからじっと獲物をねらうその姿は、孤高の狩人そのものですね。

    Sponsored Link


    鷹(たか)

    お次は(たか)です。

    null

    鷲よりも比較的体のちいさいものが鷹とよばれています。
    狩りの能力では鷲に勝るとも劣らず、ねらった獲物は決して逃しません。

    鷹は英語で(hawk)ですが、クマタカは(Mountain hawk-Eagle)とよばれます。
    これを見ても、鷹と鷲が親戚だということがわかりますね。


    鷹と鷲の違いは、尾の形を見ればすぐにわかります。

    尾の違いをチェック!


    鷹の尾は扇形ですが、鷲の場合はまっすぐに伸びていて、両脚に対して平行になっています。


    鷲も鷹もとても近いグループの鳥ですが、日本人にとっては鷹のほうが身近なようなイメージがあります。
    鷹匠という文化があるように、なつきやすさという点では鷹のほうが少しだけ上なのかもしれません。

    鳶(とんび)

    さて、次に(とんび)です。

    null

    鳶は同じタカ科でも、少し離れた位置にいます。

    何よりもまず、鳴き声が特徴的です。

    「ピ~ヒョロロ~」

    という鳴き声は童謡にもなっているほどで、一度聞いたら耳に残ります。

    体長も鷲や鷹にくらべて小ぶりです。

    また、鷲と鷹はおもに生きている動物をエサにしますが、鳶は死んだ魚などを食べています。

    捕食能力ではやはり、鷲・鷹にはかないません。
    尾の形は鷹と同じで扇形です。

    ただし、侮ってはいけません。
    比較的小ぶりといっても、そこはやっぱり猛禽類。

    人間が目の前で出くわせば恐怖を覚えるレベルです。

    見通しの良い砂浜や海岸沿いでは、海水浴客が鳶に弁当やハンバーガーなどを奪われるケースが多発しているようです。
    鳶のほうも心得たもので、ここの海岸は狙いやすいぞ、と学習しているのだとか。

    鳶に油揚げ……」は本当だったんですね~。

    隼(はやぶさ)

    おまけの(ハヤブサ)です。

    null

    猛禽類といえば、ハヤブサを忘れてはいけません。

    なぜおまけかというと、ハヤブサも鷲や鷹と同じく流線型のフォルムをしていますが、タカ目ではありません
    ハヤブサはハヤブサ目という、独立したカテゴリに入っているのです。

    タカ目とハヤブサ目は、翼の形で見分けることができます。

    タカ目は翼の先が分かれていますが、ハヤブサの翼は先が尖っていて、輪郭は連続した曲線のように見えます。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、猛禽類の違いについて紹介しました。

    鷲、鷹、鳶はにていますが、やはりそれぞれに違いがあります。

    大きさの順番でいうと、以下のようになります。

    大きさの違い


    鷲(わし) > 鷹(たか) > 鳶(とんび)


    鷲が一番大きく、次に鷹、一番小さいのが鳶となります。

    ただ、大まかなくくりの中にさらにさまざまな種類があり、
    体の小さな鷲や大柄な鷹もいます。

    なので、どれが一番強いかについては、はなかな甲乙をつけるのがむずかしそうですね。(^^;

    不意をついた奇襲攻撃なら、鳶に分がありそうです。

    見分け方としては、以下の通りです。

    見分け方


    鷹と鷲:尾の形が違う
    :鳴き声が特徴的

    鳶(とんび)は泣き声でわかりますが、
    鷹(たか)と鷲(わし)は尾の形で見分けるとよいですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ