• LINEで送る

皮肉と嫌味の違い!ねちねち言う人の心理とは?その対処法も紹介!

自分のしていることや、したことに対して
他人から指摘されるとちょっと嫌な気持ちになりますよね。

null

あなたのまわりにも、

すぐ嫌味をいったり。
皮肉を言ったり。

そんな人っていませんか?

いったいどうしてそんなに人のやることに対して
ねちねちと口をだしてくるのでしょうか。

どんな心理状態なのでしょうか。


ところで、いま「嫌味」と「皮肉」という言葉がでてきました。
この2つってどんな違いがあるのでしょうか。

まったく同じかというとそうでもなく、
少しニュアンスの違いがありそうです。

今回は、この2つの言葉の違いや、まわりにいる嫌味や皮肉をいう人の心理状態、またその対処法についてまとめました。

それではさっそくみていきましょう!

“Fee”と”Charge”の意味の違いは?”Cost”とはどう違うの?

今日は英単語の違いについてです。

いきなりですが質問です。

支払い

これを英語でいったらどうなるでしょうか?

null

いくつか英単語を並べてみましょう。

  • Fee
  • Charge
  • Cost

  • どうでしょうか?

    この中に「支払い」にあたる英単語はありましたか?

    え・・・どれも支払いっぽい・・・

    そんなふうに感じた人も多いのではないでしょうか。
    英語にするとイマイチ、ニュアンスが伝わりにくいですよね。

    お金を払う時に使う適切な英語は、
    この3つのうち、いったいどれがよいのでしょうか。

    ということで今回は、支払うことを英語で言った場合の、
    Fee“と”Charge“と”Cost“の意味違いについてまとめました。

    それではさっそくみていきましょう!

    適格と的確の違い!正しい使い分けは?アドバイスの場合はどっち?

    「適格」「的確」
    どちらも「てきかく」と読みます。

      例文1:「今度の会議には彼がてきかくだ。」
      例文2:「この場面での彼の発言はてきかくだ。」
      例文3:「今度のプロジェクトはてきかく者だけで行おう。」
    さあ、上の3つ例文でどの「てきかく」が入ると思いますか?
    と、こういう風になってくると、自信を持って「これだ」ということが難しいのではないかと思います。

    そこで「適格」「的確」の違いをわかりやすく解説していきます。

    “caution””warning””danger”の違い。「ご注意ください」と言いたいときは?

    注意

    これを英語に訳すといくつか候補が出てきます。

    すなわち、

  • caution
  • warning
  • danger

  • などですね。

    どれも「危なそう~」な英語ですが、
    どのような違いがあるのでしょうか。

    null

    また、「ご注意ください」と英語で言おうとした場合は、
    どの「注意」を使ったらよいのでしょうか。

    ということで!

    今回は日本人からするとちょっとニュアンスの違いが
    判断しにくい英単語の違いについて紹介します。

    異議と異義の違い!意味や使い方はどう違う?

    「イギ有り」
    これは法廷を舞台にしたドラマなどでよく見るシーンです。
    弁護士役の人が相手の陳述に対して異論を唱える時に「イギ有り」と手を挙げて言います。

    最近ではドラマだけでなく、「逆転裁判」というゲームが大ブレークしていますよね。
    このゲームの中でも「イギ有り」と大きな声で連発しています。

    しかしこの「イギ有り」、どちらの「イギ」なのでしょうか?

    「異議」「異義」

    この「イギ」の意味、違いや使い方について詳しく解説していきます。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ