• LINEで送る

aroundの意味!aboutとの違いは?時間で「およそ」はどっちを使うべき?

around“と”about“の違いについて。

例えば、

あなたが今晩友人AとBを自宅に食事に招いた場面を想像して下さい。

    What time are you coming tonight?
    (今晩何時にくるの?)

友人Aに聞きました。

すると彼女は、

Around seven o’clock.

と答えます。

7時くらいに来るのだな」と理解しました。

null

同じ質問を友人Bにしたところ、彼は、

About seven o’clock.

と答えました。

彼もまた7時くらいに来るのだな

と理解したのですが、ここでちょっと疑問が。

・・・・・・・

around“と”about

どちらも訳すと、

~くらいに

となりますが、この二つには
どんな違いがあるのでしょうか。

別にどっちを使っても同じ意味なのでしょうか。
もちろんそんなはずはないですよね。

でも、

何が違うのか

と聞かれたら、ちょっと答えられない。

“around”と”about”にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、どっちも同じ日本語で訳せる、
この2つの英単語の意味の違いについて紹介します。

指示と指導の違い!教育や法律での使い分けとは?

先生やリーダーが仕事を教えたり、動きなどを伝えることを「指示する」といいますよね。

同じような意味で「指導する」という言い方もあります。

指示」と「指導」。

この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

null

会社や学校などでよく使うイメージですが、
定義や明確な違いがあるのでしょうか。

また、教育や法律の世界だと、
どうやって使い分けているのでしょうか?

と、いうことで!

今回は「指示」と「指導」の違いについてまとめました。
それではさっそくみていきましょう!

“probably”と”maybe”と”perhaps”の違い!確率でいうとどれくらい?

たぶん・・・・

英語で言いたいときにはどの単語を使うとよいのでしょうか。

一番早く思いつくのは恐らく、

maybe

ではないでしょうか。

この語は中学生の時に倣いますよね。

海外旅行などで英語を話さないといけないときにやたらと、

maybe

を連発してしまう人がいます。

そしてこの「たぶん」の英単語には”maybe”以外にも、

probably
perhaps>”

といった言い方もあります。
これらを訳したら全部「たぶん」となります。

null

では、これらはどう違うのでしょうか。
どのように使い分けたらよいのでしょうか。

確率で言うとどれくらい違うのでしょうか。

ということで!

今回は、意味が近しいこれらの英単語のニュアンスの違いについてまとめました。

推敲の意味!校正との違いは?由来や使い方について

レポートや論文を書く際に、

「よく推敲するように~」

などと言われることありますよね。

よく考えるように

と同じような意味合いの言葉にとれますが、
正しくはどういう意味なのでしょうか。

null

また、文章を正しく直すことを「校正」っていますよね。

出版業界などで頻繁に使っていそうな言葉です。

推敲と校正にはどのような違いがあるのでしょうか。

それに「推敲」ってちょっと見慣れない漢字ですよね。
言葉の由来や成り立ちが気になります。

と、いうことで!

今回は推敲の意味と校正との違いについてまとめました。

解析と分析の違い!アクセスやデータの場合はどうなる?

よくウェブサイトやネットビジネスの世界で、
解析とか分析って言葉を耳にしますよね。

どちらも詳しく調べたり、細かく計算するというイメージはありますが、この二つってどう違うのでしょうか。

null

また、近頃ではアクセス解析やデータ分析などの言葉も頻繁に耳にします。

インターネットやサイト閲覧などに関係する言葉なのは何となく分かるのですが、正確な意味と言われると、

解析??分析??どっちも同じでは??

と、ちょっと分からなってしまうこともあるかもしれませんね。
(^^;

今回は解析と分析の違いについてまとめてみました。

インターネットでのアクセスやデータの場合は
どういう意味合いがあるのかなどみていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ